2020年モデルからの変更点はカラー&グラフィック

2020年9月9日、カワサキはニンジャ400の2021年モデルを発表しました。

画像: Kawasaki Ninja 400 カラー:パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック

Kawasaki Ninja 400 カラー:パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック

この2021年モデルの主な変更点は、カラー&グラフィックとなります。

2021年モデルのカラーバリエーションは「Ninja 400」が2色の設定。合わせて「Ninja 400 KRT EDITION」がラインナップ。

価格は、2020年モデルではいずれも税込72万6000円でしたが、今回設定された「メタリックスパークブラック」は、税込71万5000円となっています。

発売日はいずれも2020年10月1日(木)です!

カワサキ「Ninja 400」2021年モデルのカラーバリエーション

Ninja 400 KRT EDITION
カラー:ライムグリーン×エボニー(GN1)
メーカー希望小売価格:税込72万6000円

Ninja 400
カラー:パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック(GN2)
メーカー希望小売価格:税込72万6000円

Ninja 400
カラー:メタリックスパークブラック(BK2)
メーカー希望小売価格:税込71万5000円

【アンケート】新しいNinja 400、あなたはどのカラーが好きですか?

乗りたいと思ったカラーをポチっとお選びください。
投票後、集計結果をご覧いただけます!

  • 画像10: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    KRTエディション ライムグリーン×エボニー
  • 画像11: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック
  • 画像12: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    メタリックスパークブラック
  • 画像13: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    KRTエディション ライムグリーン×エボニー
    31
    205
  • 画像14: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    パールナイトシェードティール×メタリックスパークブラック
    39
    261
  • 画像15: カワサキが「ニンジャ400」の2021年モデルを発表! KRTエディションと合わせ、3色すべてニューカラーに!
    メタリックスパークブラック
    31
    206

投票、ありがとうございました!

カワサキ「Ninja 400」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1990×710×1120mm
ホイールベース1370mm
最低地上高140mm
シート高785mm
車両重量167kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量398cc
ボア×ストローク70.0×51.8mm
圧縮比11.5
最高出力35kW(48PS)/10000rpm
最大トルク38N・m(3.9kgf・m)/8000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角24.7゜
トレール量92mm
タイヤサイズ(前・後)110/70R17M/C 54H・150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式(前・後)φ310mmシングルディスク・φ220mmシングルディスク
メーカー希望小売価格税込72万6000円(メタリックスパークブラックは税込71万5000円)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.