2018年~2019年の新車登録台数(250ccクラス)で第1位となったレブル250。その圧倒的な人気の理由は何なのか。レブルにしかない特徴と、新型となった2020年モデルの魅力を解説しよう。
文:中村浩史/写真:富樫秀明/モデル:木川田ステラ

レブル250は、クルーザールックの真面目なロードスポーツ

画像: Honda  Rebel250 エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 総排気量:249cc メーカー希望小売価格:59万9500円(税込) 2020年モデルの発売日:2020年3月19日

Honda Rebel250

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
総排気量:249cc
メーカー希望小売価格:59万9500円(税込)
2020年モデルの発売日:2020年3月19日

デザインテーマは「シンプル&ロー」=シンプルで、未加工の新鮮さ。レブル250は、2017年にホンダが久しぶりにリリースした250㏄クラスのクルーザーだ。

新設計の車体まわりに、CBR250RやCRF250Lで定評ある、水冷単気筒エンジンを搭載。レブル専用に吸排気系、フューエルインジェクション特性を設定し、ベースエンジンよりも歯切れのいい、パンチある歯切れのいいパワーフィーリングに仕上げてある。CBRと比べると高回転域のパワーこそないものの、低回転域でのトルクはCBRを上回り、街乗りが快適で楽なのも特徴。

特に、街中をのんびり流すような低回転域のパワー感はレブル独特のもので、ベースエンジンからうまく味付けしたことがよくわかる。専用設計のマフラーからのサウンドも独特のものだ。

画像1: レブル250は、クルーザールックの真面目なロードスポーツ

ハンドリングは、CBR比11cmも長いホイールベースや前後の幅広小径タイヤを採用したにもかかわらず、クルーザー独特のクセはなく、軽いハンドリングと安定性を両立させたもの。

寝かされたキャスター角もほどほどで、直進安定性を出しつつ、ロングフォークのパタンとタイヤが寝るようなクセがないニュートラルなものだ。

スタイリングは、いわばアクの強すぎないクルーザーテイストで、シンプルでもあり、クールでもあり。ブルー、グレー、ブラウンと3色のカラーバリエーションも、マット系の発色を抑えた艶消しとしているのもイマ風だ。

画像: モデル:木川田ステラ/写真:南 孝幸 www.autoby.jp

モデル:木川田ステラ/写真:南 孝幸

www.autoby.jp

レブルは女性ライダーの人気も高く、その要因のひとつが690mmという、スーパーカブ50よりも低いシート高。体格を選ばず、ライダーのキャリアやスキルを選ばず、誰にでも楽しく乗れる、というのが人気の秘密なのだ。

とならばレブルは、クルーザーのスタイリッシュさと、足つきのいいライディングポジション、誰にでも扱いやすいコントロール性を持ったロードスポーツということもできる。

画像2: レブル250は、クルーザールックの真面目なロードスポーツ

ちなみに今回の取材での実走燃費は、一般道と高速道路、ワインディングをバランスよく200kmほど走って、制限速度は厳守するペースで走って、給油は約4.5L。計算すると約45km/Lという好燃費をマークした!

燃費が良く、経済性が高いというのも、レブル250の大きな魅力なのだ。

This article is a sponsored article by
''.