独創のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)機構を採用したスクーター、トリシティ125。兄貴分の155に準じた車体と、力強さと環境性能を両立した「ブルーコア」エンジンの採用で、充実の内容を誇る。最新モデルの試乗レポートをお届けしよう!

ヤマハ「トリシティ125」主なスペックと価格

※《 》内はABS仕様車

全長×全幅×全高1980×750×1210mm
ホイールベース1350mm
最低地上高165mm
シート高765mm
車両重量159kg《164kg》
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.0×58.7mm
圧縮比11.2
最高出力9.0kW(12PS)/7500rpm
最大トルク12N・m(1.2kgf・m)/7250rpm
燃料タンク容量7.2L(レギュラーガソリン)
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角20゜
トレール量67mm
タイヤサイズ(前・後)90/80-14M/C 43P(チューブレス)・130/70-13M/C 57P(チューブレス)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格42万3500円(税込)《46万2000円(税込)》

ヤマハ「トリシティ125」カラーバリエーション

2020年5月現在のカラー設定は3色。それぞれ、同色のABS仕様車もラインアップ。

マットペールブルーメタリック2(マットペールブルー)

ホワイトメタリック6(ホワイト)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

【人気カラー・アンケート】あなたはどの色の「トリシティ125」が好きですか?

あなたが乗るならどの色を選びますか? おひとつ選択してください。投票後、集計結果をご覧いただけます!
※このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像14: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    マットペールブルー
  • 画像15: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    ホワイト
  • 画像16: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    マットグレー
  • 画像17: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    マットペールブルー
    37
    339
  • 画像18: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    ホワイト
    32
    299
  • 画像19: ヤマハ「トリシティ125」(2020年)解説&試乗インプレ|2018年のモデルチェンジで進化したポイントを徹底レビュー!
    マットグレー
    31
    287

投票ありがとうございました!

ヤマハ「トリシティ125」ライディングポジション・足つき性

「トリシティ125」シート高:765mm

ライダー 身長:163cm/体重:42kg

画像: ヤマハ「トリシティ125」ライディングポジション・足つき性

シート形状の工夫によって、シート高は前モデルより15mmも低くなったので、小柄なライダーでも足つきに不安はない。

着座位置の自由度も高いので、タンデムライディングでも窮屈さは感じない。

ヤマハ「トリシティ125」タンデム(2人乗り)チェック

画像: ヤマハ「トリシティ125」タンデム(2人乗り)チェック

左右に備わるグラブバーは握りやすく、レイアウトも自然に手を伸ばした位置にあるので、タンデム時の安心感が高く、リラックスしてタンデムを楽しめる。

ヤマハ「トリシティ125」各部装備・ディテール解説

画像: ヘッドライトは兄貴分の155と同様となり、フルLED化を果たしている。LEDポジションランプは前モデルより継承。

ヘッドライトは兄貴分の155と同様となり、フルLED化を果たしている。LEDポジションランプは前モデルより継承。

画像: 前2輪のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)機構。パラレログラムリンクを採用し、高い安定性を生み出している。

前2輪のLMW(リーニング・マルチ・ホイール)機構。パラレログラムリンクを採用し、高い安定性を生み出している。

画像: フロントサス用とガイドパイプ用として、テレスコピックフォークを片側2本ずつ装備。ヤマハらしい、独創的なアイデアだ。

フロントサス用とガイドパイプ用として、テレスコピックフォークを片側2本ずつ装備。ヤマハらしい、独創的なアイデアだ。

画像: エンジンは可変バルブタイミング機構のVVAを採用。ツインチューブ式ショックは155と同様のものを装備する。

エンジンは可変バルブタイミング機構のVVAを採用。ツインチューブ式ショックは155と同様のものを装備する。

画像: シンプルかつコンパクトなメーターは液晶デジタル。燃料計、時計、外気温計など、表示項目も多彩なものとなっている。

シンプルかつコンパクトなメーターは液晶デジタル。燃料計、時計、外気温計など、表示項目も多彩なものとなっている。

画像: スクエアな形状のトランクスペースは容量23.5L。荷物の出し入れもしやすい。前方にはLEDの照明も備わっている。

スクエアな形状のトランクスペースは容量23.5L。荷物の出し入れもしやすい。前方にはLEDの照明も備わっている。

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:赤松 孝/モデル:木川田ステラ

This article is a sponsored article by
''.