TMAXを頂点とするヤマハの「MAXシリーズ」の末弟となるのがこのNMAX。スポーティさもさることながら、個性あふれるスタイリングや上質な仕上げで、オールマイティに使える一台となっている。

ヤマハ「NMAX ABS」主なスペックと価格

全長×全幅×全高1955×740×1115mm
ホイールベース1350mm
最低地上高135mm
シート高765mm
車両重量127kg
エンジン形式水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52.0×58.7mm
圧縮比11.2
最高出力9.0kW(12PS)/7500rpm
最大トルク12N・m(1.2kgf・m)/7250rpm
燃料タンク容量6.6L(レギュラーガソリン)
変速機形式Vベルト式無段変速
キャスター角26゜
トレール量92mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-13M/C 48P(チューブレス)・130/70-13M/C 57P(チューブレス)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格35万7500円(税込)

ヤマハ「NMAX ABS」カラーバリエーション

マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)2020年4月25日発売の新色

ホワイトメタリック6(ホワイト)

マットグレーメタリック3(マットグレー)

【人気カラー・アンケート】あなたはどの色の「NMAX ABS」が好きですか?

画像13: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?

もしあなたが乗るなら、この色! と思ったカラーをおひとつお選びください。
投票後、集計結果をご覧いただけます。
※このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像14: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    ホワイト
  • 画像15: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    マットブルー
  • 画像16: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    マットグレー
  • 画像17: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    ホワイト
    35
    239
  • 画像18: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    マットブルー
    35
    241
  • 画像19: ヤマハ「NMAX ABS」(2020年)解説&試乗インプレ|YAMAHAで最も高価な125cc二輪スクーターの魅力とは?
    マットグレー
    30
    201

投票ありがとうございました!

ヤマハ「NMAX ABS」ライディングポジション・足つき性

シート高:765mm
モデルの身長:163cm/体重:42kg

画像: ヤマハ「NMAX ABS」ライディングポジション・足つき性

高め&手前にセットされたハンドルで上半身が直立状態になり、見通しが良くて開放感もある。クルージング中はフロアボード前側に足を伸ばしてリラックスした姿勢も取れる。

ヤマハ「NMAX ABS」各部装備・ディテール解説

画像: ユニークな顔つきが印象的なマスク。ヘッドライトはセンターにハイビームを配した3灯で、個性を際立たせている。

ユニークな顔つきが印象的なマスク。ヘッドライトはセンターにハイビームを配した3灯で、個性を際立たせている。

画像: メーターは立体的な造形のオーバルデザイン。多機能ながら、表示レイアウトを工夫して見やすさも確保している。

メーターは立体的な造形のオーバルデザイン。多機能ながら、表示レイアウトを工夫して見やすさも確保している。

画像: 可変バルブ機構のVVA、アルミ鍛造ピストン、オールアルミ製ダイキャストシリンダーなど、ハイテク満載のブルーコアユニット。

可変バルブ機構のVVA、アルミ鍛造ピストン、オールアルミ製ダイキャストシリンダーなど、ハイテク満載のブルーコアユニット。

画像: タイヤは前後とも13インチ。フロントは幅広の110サイズで、安定感ある走りに貢献する。ABSも標準装備されている。

タイヤは前後とも13インチ。フロントは幅広の110サイズで、安定感ある走りに貢献する。ABSも標準装備されている。

画像: リアサスはオーソドックスな2本ショックタイプ。ヨーロッパ車に多い、やや締まったセッティングで、乗り味はスポーティ。

リアサスはオーソドックスな2本ショックタイプ。ヨーロッパ車に多い、やや締まったセッティングで、乗り味はスポーティ。

画像: シート下のトランクスペースは容量24リットル。フルフェイスを1個収納できるほか、フロントにも大きなポケットを備える。

シート下のトランクスペースは容量24リットル。フルフェイスを1個収納できるほか、フロントにも大きなポケットを備える。

画像: 盗難抑止効果の高いシャッターキーを採用。フロントポケットの左側は深い形状で、500mlのペットボトルも収納可能。

盗難抑止効果の高いシャッターキーを採用。フロントポケットの左側は深い形状で、500mlのペットボトルも収納可能。

画像: 給油口はフロア部分に設置。キーを差し込んでキャップを外すタイプで、給油キャップのデザインはスポーティなもの。

給油口はフロア部分に設置。キーを差し込んでキャップを外すタイプで、給油キャップのデザインはスポーティなもの。

文:太田安治/写真:赤松 孝/モデル:木川田ステラ

This article is a sponsored article by
''.