3月19日に発売された新型「レブル250」。初のマイナーチェンジを遂げた2020年モデルは、いろいろと実用性が高まっていた! 新機能の紹介と、アクセサリーパーツを使わずにできる積載方法をお見せします!

大人気機種「レブル250」は新型になって何が変わったのか?

画像: 大人気機種「レブル250」は新型になって何が変わったのか?

「西野君、暇でしょ、バイク返してきてー」「ほーい、かしこまりやしたー」ってのがオートバイ編集部の日常。僕は33歳ですが最年少で新人。というわけで毎週のように広報車の運搬をしています。

これは楽しみな業務のひとつ。気になっていた新型車を素直に返却するほど、僕はよくできた新人じゃないんです(ニヤリ)。

雲ひとつない空、気温は20°に迫るポカポカ陽気。ふらっと東京散歩に出かけてきました。

画像: Honda Rebel 250 (2020年モデル) 写真の荷物は西野の私物です。 エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/総排気量:249cc/メーカー希望小売価格(税込)59万9500円

Honda Rebel 250(2020年モデル)写真の荷物は西野の私物です。

エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒/総排気量:249cc/メーカー希望小売価格(税込)59万9500円

2020年3月19日に発売されたばかりの新型レブル250。いまのエンジンを搭載した初代は2017年4月に発売され、大ヒットを記録。その後、カラーバリエーションの変更はありましたが、初のマイナーチェンジを遂げたのがこの2020年モデルです。

また今回、初の派生モデルとして「レブル250 S エディション」も合わせて発売されました。

画像: Honda Rebel 250 S Edition/税込63万8000円 www.autoby.jp

Honda Rebel 250 S Edition/税込63万8000円

www.autoby.jp

新型「レブル250」のココがいい!① 
灯火類がLEDになった!

画像: 新型「レブル250」のココがいい!① 灯火類がLEDになった!

パッと見た瞬間、「新しいやつだ!」と分かります。その理由はヘッドライト。

画像: LED4灯を採用。

LED4灯を採用。

合わせてテールランプとウインカーもLEDが採用されています。

画像: テールランプは形状も大きく変更。すっきりとした薄型になりました。

テールランプは形状も大きく変更。すっきりとした薄型になりました。

新型「レブル250」のココがいい!②
アシストスリッパークラッチが軽すぎる!

走りだして驚いたのがクラッチ。軽い、とにかく軽い!

もともと重たかったわけではありませんが、アシストスリッパークラッチの採用により、激軽に。

どのくらい軽いかというと、小指一本でも握れるくらい!!

画像: 怪力自慢ではありません、むしろ非力だと思っている僕の握力は40kgほど。とにかく軽い。乗り始めた瞬間は、ワイヤーが切れているのかと思い焦ったくらいです。

怪力自慢ではありません、むしろ非力だと思っている僕の握力は40kgほど。とにかく軽い。乗り始めた瞬間は、ワイヤーが切れているのかと思い焦ったくらいです。

かねてより扱いやすいことや、スタイリングのかっこよさ(かわいさ)から女性にも人気の車種。

シート高はこれまで同様690mm。これにアシストスリッパークラッチが加わったのは、まさに鬼に金棒。歴代の250ccモデルを見てもトップレベルに安心して乗れる機種だと思います。

画像: どのくらい軽いかというと、小指一本でも握れるくらい!!

しかもアシストスリッパークラッチの魅力は軽いだけでなく、急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制するというのが真の狙い。安全なわけです。

また、レバーの形状はクラッチ・ブレーキともにより握りやすいよう変更されています。

画像: クラッチレバーはグイっと角度がついています。

クラッチレバーはグイっと角度がついています。

画像: ブレーキレバーは比較的フラットな形状。

ブレーキレバーは比較的フラットな形状。

新型「レブル250」のココがいい!③ 
メーターが多機能に! 燃費計が嬉しい!

デジタルメーターは大幅に進化を遂げていました。見た目の印象はそのままですが、表示できる内容が増え、多機能に。

画像: 新型「レブル250」のココがいい!③ メーターが多機能に! 燃費計が嬉しい!

ひとつはギアポジションインジケーター。それに合わせてレイアウトが変わり、より見やすくなりました。バックライトも変わったようで、これまで以上にくっきりと表示されます。

そして、トリップメーターに燃費表示機能が!!
簡単に燃費をチェックできるのは嬉しいですよね。トリップA・Bで平均燃費の計測ができ、走っている最中に表示される瞬間燃費計まで備わりました。

画像: トリップメーターA

トリップメーターA

画像: 164.8km走った平均燃費は34.1km/L。このうち僕がのんびり走っていたのは30kmほど。残りはどんな走り方をしていたのか分かりませんが、高燃費ですね。(実はこの機能に気が付いたのが返却直前だったため、ちゃんと測るのを怠りました。すいません)

164.8km走った平均燃費は34.1km/L。このうち僕がのんびり走っていたのは30kmほど。残りはどんな走り方をしていたのか分かりませんが、高燃費ですね。(実はこの機能に気が付いたのが返却直前だったため、ちゃんと測るのを怠りました。すいません)

また、左右独立式のウインカーインジケーターも新採用。はた目からは分からない、オーナー思いの進化を遂げています。

新型「レブル250」のココがいい!④
サスペンションの見直し

画像1: 新型「レブル250」のココがいい!④ サスペンションの見直し

前後のサスペンションの仕様を見直して最適化したとのこと。これは僕の未熟さゆえ、ちょっと街乗りしただけでは、よく分かりませんでした。比較試乗すれば一発で分かると思うんですがね。

画像2: 新型「レブル250」のココがいい!④ サスペンションの見直し

ちがいがよく分からなかったのは、前モデルで特に不満があったわけでもないから。往復800kmのロングツーリングをしたこともありますが、思いのほかに快適でした。この新型でもそのうち長距離を走って確かめたいと思います。

新型「レブル250」のココがいい!⑤ 
新色のブルーかっこよくないですか?

画像: 新型「レブル250」のココがいい!⑤ 新色のブルーかっこよくないですか?

これまでのレブル250といえば、シルバーやイエローの印象が強かったかと思います。2020年モデルでラインナップに加わった新色のブルーもいい色味をしています。

名称は「マットジーンズブルーメタリック」。言われて納得なカラー名だと思いました。老若男女を問わず、かっこよく乗れそうですし、マットで渋めだから飽きもこなさそう。

写真を撮るのが好きな方にもいいでしょう。きっとこのカラーは、日本中のあらゆる風景にすっと馴染んでくれます。

画像: 燃料タンク容量は変わらず11L。

燃料タンク容量は変わらず11L。

画像: もし所有したら、しばらくはこのデカールのままにして、そのうち立体エンブレムを付けたいなあ、と思いました。

もし所有したら、しばらくはこのデカールのままにして、そのうち立体エンブレムを付けたいなあ、と思いました。

画像: 次のページは、積載性に関してちょっと文句を(いや失礼)、簡単な工夫で積む方法を紹介します!

次のページは、積載性に関してちょっと文句を(いや失礼)、簡単な工夫で積む方法を紹介します!

This article is a sponsored article by
''.