カワサキの人気ファンバイク「Z125 Pro」がニューカラーになって登場!

原付二種免許で乗ることができ、カワサキのネイキッドスポーツZシリーズの中で最も軽くコンパクトな車体を持つ、カワサキ「Z125 PRO」の2020年ニューカラーが2月1日(土)に発売されます。

2020年カラーはシックで深みのあるグレーが印象的な「メタリックマットミステリアスグレー」と、鮮やかな白を基調とした「パールブリザードホワイト」の2色がラインアップされました。

メタリックマットミステリアスグレー

画像: Z125 PRO(メタリックマットミステリアスグレー)

Z125 PRO(メタリックマットミステリアスグレー)

パールブリザードホワイト

画像: Z125 PRO(パールブリザードホワイト)

Z125 PRO(パールブリザードホワイト)

Z125 Pro「グレー」と「ホワイト」あなたはどっち派?

もし買うならこっち! と思った方をポチっとお選びください。
回答後、みなさまの集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像5: 2月1日発売!カワサキ「Z125 PRO」原付二種免許で乗れるカワサキのファンバイクに2020年カラーがラインアップ!
    Z125 PRO(メタリックマットミステリアスグレー)
  • 画像6: 2月1日発売!カワサキ「Z125 PRO」原付二種免許で乗れるカワサキのファンバイクに2020年カラーがラインアップ!
    Z125 PRO(パールブリザードホワイト)
  • 画像7: 2月1日発売!カワサキ「Z125 PRO」原付二種免許で乗れるカワサキのファンバイクに2020年カラーがラインアップ!
    Z125 PRO(メタリックマットミステリアスグレー)
    30
    117
  • 画像8: 2月1日発売!カワサキ「Z125 PRO」原付二種免許で乗れるカワサキのファンバイクに2020年カラーがラインアップ!
    Z125 PRO(パールブリザードホワイト)
    70
    271

ご回答ありがとうございました!

「Z125 Pro」2020年モデルの主な特長

Z125 Proの2020年モデルはグラフィック変更のみで、スペックなどの変更はありませんが、Zシリーズの名前に相応しいアグレッシブなデザインとシャープでスポーティな走りは健在です。

高回転域までスムーズに吹け上がる空冷4ストローク単気筒エンジンと、倒立フロントフォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、前後ブレーキディスクなど、大型モデルに引けを取らない本格装備が魅力です。

また、ギヤポジションインジケーターや大容量の7.4Lフューエルタンク、タンデム走行に適した段付きシート等高い利便性と快適性を確保し、普段使いの街乗りやツーリングなど幅広い使い方ができるモデルです。

価格は、両カラー共に35万2000円(税込)で、2020年2月1日(土)に全国のカワサキプラザ等で発売が開始されます。

■車名:Z125 PRO
■車両価格:35万2000円(税込)
■発売日:2020年2月1日(土)

Z125 PRO 主要諸元
車名Z125 PRO
全長x全幅x全高1700mm×750mm×1005mm
軸間距離1,175mm
最低地上高155mm
シート高780mm
キャスター/トレール26.0°/ 69mm
エンジン種類/弁方式空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量124cm³
内径x行程/圧縮比56.0mm×50.6mm/9.8:1
最高出力7.1kW(9.7PS)/8000rpm
最大トルク9.6N・m(0.98kgf・m)/6000rpm
始動方式セルフスターター
燃料供給方式フューエルインジェクション
トランスミッション形式常噛4段リターン
懸架方式テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 30mm)
スイングアーム
ホイールトラベル100mm
104mm
タイヤサイズ100/90-12 49J
120/70-12 51L
ホイールサイズ12×MT2.50
12×MT3.50
ブレーキ形式シングルディスク 200mm (外径)
シングルディスク 184mm (外径)
車両重量102kg
燃料タンク容量7.4L
カラーメタリックマットミステリアスグレー
パールブリザードホワイト

This article is a sponsored article by
''.