【あなたのFTR見せて下さい】
会場に訪れたインディアンオーナーにFTR1200の魅力を伺ってみました

「オリジナルでカスタムしていくのが楽しいんですよ」

-FTR1200オーナー山口さん-

「インディアンのFTR1200を選んだ理由は単純ですが、スタリングがカッコよかったからですかねぇ(笑)」と話すのはFTRオーナーの山口さん。

昔からオフロードバイクが好きで、以前までホンダ・CRF1000L アフリカツインなどに乗っていたそうですが、ダートトラックイメージに惚れ込んでFTR1200に乗り換えたそうです。

画像: 横浜のインディアン正規販売店「プレイン」の呼びかけで、このランチミーティングに参加したと言う、 山口さん 。純正カラーと見紛うタンクデザインもオリジナルペイントしてしまうほどのカスタムフリーク。

横浜のインディアン正規販売店「プレイン」の呼びかけで、このランチミーティングに参加したと言う、山口さん。純正カラーと見紛うタンクデザインもオリジナルペイントしてしまうほどのカスタムフリーク。

「若い頃は良くオフロードに乗っていて、林道とかに行っていたのですが、大人になるにつれてだんだんロードバイクも好きになってきて。そこからはアフリカツインまでずっとロードバイクだったんですよ」

「でも、今年の5月に日本でFTR1200が発売されて、よく行くバイクショップで見かけて気がついたらアフリカツインから乗り換えていました(笑)」

画像: 「歴代のバイクには、ほぼ全てヨシムラマフラーを付けていたんですよね、だからなんとかFTRにも付けたくて(笑)」と話す山口さん。スズキ・GSX-R1000用のヨシムラマフラーを加工して装着。マフラーとフレームを繋いで支えているのは、よく見るとスナップオン・ツールズのメガネレンチなんです。

「歴代のバイクには、ほぼ全てヨシムラマフラーを付けていたんですよね、だからなんとかFTRにも付けたくて(笑)」と話す山口さん。スズキ・GSX-R1000用のヨシムラマフラーを加工して装着。マフラーとフレームを繋いで支えているのは、よく見るとスナップオン・ツールズのメガネレンチなんです。

「これ(FTR)でがっつりダートに行くつもりはないですが、ちょっとした砂利道も走れた方がいいかなぁって」と話す山口さん。ずっとヨシムラとホンダが好きで、乗り継いできたバイクには必ずヨシムラのマフラーを付けていたそうです。

画像: 純正ハンドルだとやや遠く感じられたので、ゆとりあるポジションにするためにアップハンドルに変更。ミラーは以前乗っていたホンダ・アフリカツインのものがたまたま付いたそう。その他にもrizoma(リゾマ)の汎用LEDウィンカーなどでカスタムされていました。

純正ハンドルだとやや遠く感じられたので、ゆとりあるポジションにするためにアップハンドルに変更。ミラーは以前乗っていたホンダ・アフリカツインのものがたまたま付いたそう。その他にもrizoma(リゾマ)の汎用LEDウィンカーなどでカスタムされていました。

「インディアンはアメリカのバイクですが、ずっとホンダのバイクに乗っていたので、愛車にはどこか日本のエッセンスを入れたかったんです。だからジャパンメイドのマフラーなどでカスタムしています」と話す山口さんは、これからも自分色のFTRにカスタムして行きたいと語っていました。

画像: こちらもFTR1200専用ではないですが、知り合いにバイク量販店のスタッフの方がいて、FTR1200に装着できるストライカー製のステップを探してもらったそうです。

こちらもFTR1200専用ではないですが、知り合いにバイク量販店のスタッフの方がいて、FTR1200に装着できるストライカー製のステップを探してもらったそうです。

デザイナーのオラ氏は、オーナーの皆さんからサイン攻めでした!

画像: 愛車のデザイナーに会える機会なんて滅多にないと、デザイナーのオラ氏にサインを求めるライダーが続出。

愛車のデザイナーに会える機会なんて滅多にないと、デザイナーのオラ氏にサインを求めるライダーが続出。

画像: 参加したオーナーにサインを書いて欲しいと頼まれ「Really write it?」(本当に書いていいの?)と言いながらもタンクに直接サインを書き込むオラ氏。

参加したオーナーにサインを書いて欲しいと頼まれ「Really write it?」(本当に書いていいの?)と言いながらもタンクに直接サインを書き込むオラ氏。

画像: さすがはFTR1200のチーフデザイナーだけあって、まるでステッカーのような「STENEGARD」のサイン!

さすがはFTR1200のチーフデザイナーだけあって、まるでステッカーのような「STENEGARD」のサイン!

画像: 気さくなオラ氏は一人ひとりの記念撮影にも快く応じてくれました。

気さくなオラ氏は一人ひとりの記念撮影にも快く応じてくれました。

最後はオラ氏とFTRオーナー全員で記念写真!

画像1: 最後はオラ氏とFTRオーナー全員で記念写真!

最後はFTRオーナー全員で記念写真が行われました。第1回目のFTR1200ミーティングにチーフデザイナーのオラ氏と一緒に撮影できたのは本当に記念になりました。

画像2: 最後はオラ氏とFTRオーナー全員で記念写真!

インディアン・モーターサイクル・ジャパンは今後も規模に関わらず、こうしたオーナー同士の交流イベントを続けて行きたい、とコメントしてくれました。インディアンFTR人気はますます高まりそうですね!

このイベントの模様やFTR1200の最新情報は、12月24日発売のGOGGLE 2月号に詳しく掲載されますので、そちらも是非チェックしてみて下さいね!

写真・文:岩瀬孝昌

GOGGLE(ゴーグル)2020年 2月号はこちらで予約できます!

FTR1200の関連記事はこちら!

インディアン・モーターサイクルの関連記事はこちら!

This article is a sponsored article by
''.