タイで衝撃のニューモデルがデビュー! その名はXSR155。兄貴分そっくりのレトロ風スタイルに身を包んだヘリテイジスポーツで、ベースはあのMT-15。日本でもぜひ発売してほしい1台の詳細をご紹介しよう。
画像: 「MT-15」をベースに開発された、ヘリテイジスポーツ・ヤマハ「XSR155」を解説!

完成度の高さは想像以上、ぜひ日本でも発売を!

タイで気になるニューモデルがヤマハから発表された。その名もXSR155。ひと目見ればお分かりだろうが、このバイクはヘリテイジスポーツのXSRシリーズの末弟。

ランク形状から丸形テールランプ、液晶メーターにいたるまで、そのデザインエッセンスはしっかり受け継がれていて、小型車なのに上質感漂う仕上がりとなっているのも見逃せない。

画像: 完成度の高さは想像以上、ぜひ日本でも発売を!

ベースはYZF-R15/MT-15で、エンジンやシャシーは基本的に継承。となれば、走りの方も大いに期待が持てそうだ。4色のカラーバリエーションの中にはオーセンティック風のグラフィックもラインアップされており、タイだけではなく、ぜひ日本でも発売して欲しいところだ。

文:オートバイ編集部

YAMAHA XSR155 主なスペック

全長×全幅×全高:2,000×805×1,080mm
ホイールベース:1,330㎜
最低地上高:170㎜
シート高:810㎜
車両重量:134㎏
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
総排気量:155cc
ボア×ストローク:58.0×58.7㎜
圧縮比:11.6
燃料タンク容量:10L
キャスター角:25.7゜
トレール量:89㎜
変速機形式:6速リターン
タイヤサイズ(前・後):110/70-17 M / C 54S・140/70-17 M / C 66S
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク

YAMAHA XSR155の各部をチェック!

画像: YZF-R15譲りのOHC4バルブエンジンはなんとVVTつき。俊敏な走りにも期待したい。

YZF-R15譲りのOHC4バルブエンジンはなんとVVTつき。俊敏な走りにも期待したい。

画像: 大きなヘッドライトは、700や900と同様にケースをブラックアウトした仕上げ。

大きなヘッドライトは、700や900と同様にケースをブラックアウトした仕上げ。

画像: 湾曲スイングアームに星形デザインのキャストホイールなど、足回りは豪華パーツぞろい。

湾曲スイングアームに星形デザインのキャストホイールなど、足回りは豪華パーツぞろい。

画像: 丸形のLEDテールランプはまさしくXSRシリーズの血筋を彷彿させるデザインだ。

丸形のLEDテールランプはまさしくXSRシリーズの血筋を彷彿させるデザインだ。

画像: タックロール入りのシートを標準装備。シートサイドのプレートも兄貴分そっくり。

タックロール入りのシートを標準装備。シートサイドのプレートも兄貴分そっくり。

画像: 反転表示の液晶メーターは丸形デザイン。ここにもXSRシリーズとしてのこだわりが。

反転表示の液晶メーターは丸形デザイン。ここにもXSRシリーズとしてのこだわりが。

カラーバリエーションはこちらの記事で! アンケートも実施中です!

月刊『オートバイ』では毎号、注目の新型車を徹底紹介しています!

オートバイ 2019年10月号 [雑誌]

モーターマガジン社 (2019-08-30)

This article is a sponsored article by
''.