ホンダCB400スーパーボルドール/ツーリング能力の真価をキャンプ旅で問う!

8月最後の日、キャンプツーリングに出かけてきました。

画像1: ホンダCB400スーパーボルドール/ツーリング能力の真価をキャンプ旅で問う!

月刊『オートバイ』のほうも校了直後で、一カ月で一番リラックスしているタイミング。というわけで、キャンプ好きメンバーで「編集部キャンプ」をすることに。

基本的に現地集合、現地解散。プライベートのキャンプツーリングはこれが一番楽です、はい。仲が悪いわけじゃないですよ。

僕は今回、愛車ではなく、ホンダCB400SBで向かうことに。

まず感じたことは、さすが歴史あるバイク、バッグが非常に積みやすい!

画像: 積載しているリアバッグは、TANAX「キャンピングシートバッグ2」。サイドバッグはTANAX「スポルトシェルケース」になります。

積載しているリアバッグは、TANAX「キャンピングシートバッグ2」。サイドバッグはTANAX「スポルトシェルケース」になります。

CB400SBの誕生は、2005年です。CB400SFになると、1992年までさかのぼります。

2005年以降、大きなモデルチェンジは3回。現行型のこのモデルは2017年に排ガス規制に対応するのと同時に、ブラッシュアップされました。

歴史あるバイクが荷物を積みやすいというのは、いい意味で元々の設計が古いから

最新のスポーツバイクはリアシートが狭いですからね。CB400SB/SFは、座面が広く、大きなバッグも載せやすくなっています。

画像2: ホンダCB400スーパーボルドール/ツーリング能力の真価をキャンプ旅で問う!

アドベンチャーモデルや、ツアラーに積むようなボリューミーな積載も楽々でした。

船に乗ったり、海沿いを走ったりしながら、目的地の千葉県館山市を目指します。

画像3: ホンダCB400スーパーボルドール/ツーリング能力の真価をキャンプ旅で問う!

400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

CB400SB/SFは、バルブ制御システム「HYPER VTEC Revo」が搭載されています。

1気筒あたりの作動バルブ数を回転数に応じて2バルブ/4バルブと切り換える機構。その回転数は1~5速の場合、6,300~6,750rpm。6速の場合は、6,750rpmです。

画像1: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

この回転数に到達すると、エンジン音が太くなり、力強さを増します。

分かりにくいとは思いますが、キュイーン!と軽快に走っていたのが、ギュイーン!って図太くなる感じです。

ただ、6,750回転は、4気筒に慣れていないと、意識しなければ回さない回転数かもしれません。僕もそうでした。

画像2: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

250ccとちがい、400ccの余裕は大きく、低回転でも普通に走っちゃいます。ボケーっとあごを上げて走っていると、だいたい5,000~6,000回転でした。

また、2バルブ状態は低・中回転域で扱いやすく、頼もしいトルク感もあります。そのため、のんびり走っていてもストレスがたまらず、「このままでいっか」とも思えてきます。

画像3: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

ただ、ひとたび「よし、加速するぞ!」と上体を伏せてカウルの中に入り込んだ時、あっという間に6500、7000、8000……と回転数を上げていきます。

例えば、高速の合流や追い越しのとき。このときの加速感・爽快感は、400cc・4気筒ならでは。もっと言えばCB400SB/SFならでは、です。

最高出力41kW(56PS)は11,000rpm、最大トルク39N・m(4.0kgf・m)は9,500rpmで発揮。ここまで引っ張るのは、慣れていないとけっこう大変でしょう。

しかし、全力を出すまでもなく、充分に満足できるバイクだとも言い換えられます。

画像4: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

高校生の頃、CB400SFに乗る先輩の後ろに乗せてもらったことが、僕がバイクに乗りたいと強く思ったきっかけのひとつでした。

これまでの人生で経験したことない異次元の加速、身体が置いていかれる感覚。まるでスタートから一気に飛び出すジェットコースターのよう、いや、それ以上に気持ちいい!

アクセルをガバッと開くたび、このときの思い出が蘇ります。

画像5: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

荷物は約15kg、僕の体重は75kg、合わせて約90kgを載せているのに、ものともしない力強さ。

高速道路での100km/h走行は、5速で「HYPER VTEC Revo」が作動するかしないかの6,400~6,700rpmでした。

6速では6,000~6,300rpmほど。常に2バルブ状態、神経を使わないクルージング感覚で、長距離走行も快適です。

回転数により、乗り味が豹変する様は、まるで別のバイクに変わったかのよう。気持ちのスイッチを入れたとき、回転数を上げて、真の力を発揮します。

これがなんていうか、アニメのキャラがパワーアップするときみたいで、ワクワクするんですよ。

画像6: 400cc・4気筒ならではの高回転走行が楽しい。「HYPER VTEC Revo」の魅力

「CB400SF ver.R」で走った北海道

CB400シリーズの思い出は、最初が高校の先輩の後ろ、次に教習所(これ同じ人多いですよね?)、その次が北海道ツーリングでした。

2007年8月、20歳の頃、ひとりで向かった北海道、愛車はヤマハSR400。しかし北海道もここからが本番という札幌で、電装系のトラブルが発生。

レッドバロン札幌に駆け込み、「修理の間使ってくださっていいですよ」と渡されたのが、このCB400Super FourバージョンRでした。

画像1: 「CB400SF ver.R」で走った北海道

代車で、宗谷岬へ、さらに知床、富良野へ、と北海道の中でもおいしい部分を旅しました。

そのときの感想は、「なんて快適なんだ!」です。

画像2: 「CB400SF ver.R」で走った北海道

正直、移動距離の長い北海道を旅している期間は、ずっとこのままこのCB400SFでいたい……そんな愛車に申し訳ないことまで考えていました。

それだけ、長距離走行性能に優れています。

This article is a sponsored article by
''.