初代のT20とT250には350㏄版はなかったが、1969年にT350 (といっても、54×54㎜の247.3㏄を61×54㎜にボアアップした315.6㏄)を追加。フレームパイプを太くするなどして剛性を上げて33.5psの出力に対応。写真は1971年型。T250/350とGT250/350を比べると、GTのほうが万人向けで乗りやすかった。これは多くを売ろうとしたスズキの作戦だったが、今日再考すると、必ずしも成功したとは思えない。しかし、250㏄および350㏄に過激な走りを求めないユーザーに愛されたのは事実で、1978年まで販売された。
記事本文に戻る

人気記事

SNSフォロー&いいね!お願いします

WebオートバイRIDE 公式YouTubeチャンネル Webオートバイ 公式Twitter webオートバイRIDE 公式Facebookページ

8月15日~10月31日に開催!『RIDE 房総復興支援 コーヒーツーリングラリー』とは?

“キャンペーン”

オートバイ女子部の最新記事はこちら!

“オートバイ女子部”

スズキのファンサイトがオープン!

“スズキのバイク!”

カメラマン2021カレンダー発売中!

“カメラマン

オートバイ11月号発売中!

オートバイ2020年11月号

バイク擬人化菌書6 発売開始!

バイク擬人化菌書6

ライテクは漫画で学べ!「Motoジム!」第6巻(完結) 発売中!

Motoジム6!

プロの技術者も絶賛! 「カス虎」シリーズ最新刊!

カスタム虎の穴2-1

「Mr.Bike BG」の人気連載「雨は これから」にvol.6 登場!

雨は これから vol.6

東本昌平 氏の人気シリーズ最新巻「RIDEX」17が発売!


RIDEX 17

↓「読者のひろば」への投稿はコチラ!

モーターマガジン Web Shop

MM_STYLE

モーターマガジン社採用情報

採用情報


ハウモ


 

ばどみゅーみん氏の最新漫画はこちらから

みのりの大地

This article is a sponsored article by
''.