ヤマハ発動機販売は2024年4月19日、ニューモデル「XSR900 GP」国内仕様車の詳細を発表した。全国のYSPおよびアドバンスディーラーで5月20日に発売される。

ヤマハ「XSR900 GP」の特徴

画像: YAMAHA XSR900 GP ABS 2024年モデル 総排気量:888cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒 シート高:835mm 車両重量:200kg 発売日:2024年5月20日(月) 税込価格:143万円

YAMAHA
XSR900 GP ABS
2024年モデル

総排気量:888cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
シート高:835mm
車両重量:200kg

発売日:2024年5月20日(月)
税込価格:143万円

XSR900からの変更点は外装やハンドルだけではない!

2023年秋に欧州で発表されたヤマハの新型車「XSR900 GP」が国内デビューを果たす。当初、2024年夏以降の発売と目されていたが、発売日は2024年5月20日と発表された。

ベースとなるのは車名のとおり「XSR900」。排気量888ccの水冷3気筒エンジンやCFアルミダイキャストフレームは共有する。

画像1: ヤマハ「XSR900 GP」の特徴

1980年代のGPファクトリーマシン「YZR500」をオマージュした外装を装備。セパレートハンドルを採用し、ライディングポジションは「XSR900」比で前傾となった。ステップ位置も後方・高めに調整されている。

変更したライディングポジションとのバランスを図るため、車体全体の剛性が見直された。リアフレームは新作を採用し、ヘッドパイプまわり、エンジン懸架、ピボット部の締結剛性調整を中心に、ねじり剛性を強化。主に旋回中の安定感向上を図っているという。

画像2: ヤマハ「XSR900 GP」の特徴

前後のサスペンションは専用開発されたもの。 KYB製フルアジャスタブルサスペンションを採用。フロントのブレーキホースもコントロール性に優れるものに変更されている。

ライディングモードは、スポーツ・ストリート・レインの3種のほか、カスタム枠を2つ用意。クイックシフターは加速中のシフトアップと減速中のシフトダウンに加え、加速中のシフトダウン、または減速中のシフトアップにも対応する「第3世代QSS(クイックシフトシステム)」を搭載。

メーターは多機能かつ視認性の高い5インチTFTディスプレイを採用。スマートフォンとの接続もの可能だ。

画像3: ヤマハ「XSR900 GP」の特徴

専用アプリ「Y-connect(Yamaha Motorcycle Connect)」を使うことで、スマホからライディングモードの設定ができ、電話やメールの着信通知のメーター表示も行なえる。さらに「Garmin StreetCross」アプリを使えば、メーターにナビゲーションを表示することも可能。メーター右下のパネルコンソールの中にはUSBタイプCの電源ソケットが標準装備されている。

ボディカラーはシルキーホワイト(ホワイト)・パステルダークグレー(グレー)の2色の設定。車両価格は税込143万円だ。

シングルシート風のスタイルに変更するシートカウルや、アンダーカウルキット、フェンダーレスキットなどアクセサリーパーツも専用のものがさまざま用意されている。

画像4: ヤマハ「XSR900 GP」の特徴

ヤマハ「XSR900 GP」のカラーバリエーション

シルキーホワイト(ホワイト)

パステルダークグレー(グレー)

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: ヤマハ「XSR900 GP」国内モデル正式発表! 1980年代のGPファクトリーマシン・YZR500をオマージュしたスタイリング
    ホワイト
  • 画像10: ヤマハ「XSR900 GP」国内モデル正式発表! 1980年代のGPファクトリーマシン・YZR500をオマージュしたスタイリング
    グレー
  • 画像11: ヤマハ「XSR900 GP」国内モデル正式発表! 1980年代のGPファクトリーマシン・YZR500をオマージュしたスタイリング
    ホワイト
    70
    733
  • 画像12: ヤマハ「XSR900 GP」国内モデル正式発表! 1980年代のGPファクトリーマシン・YZR500をオマージュしたスタイリング
    グレー
    30
    308

投票ありがとうございました。

ヤマハ「XSR900 GP」の動画・写真

画像: 2024 Yamaha XSR900 GP: Born Iconic(海外仕様) www.youtube.com

2024 Yamaha XSR900 GP: Born Iconic(海外仕様)

www.youtube.com
画像: Vol.5 ヤマハのハンドリング www.youtube.com

Vol.5 ヤマハのハンドリング

www.youtube.com

ヤマハ「XSR900 GP」の主なスペック・燃費・製造国・価格

全長×全幅×全高2160×690×1180mm
ホイールベース1500mm
最低地上高145mm
シート高835mm
車両重量200kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量888cc
ボア×ストローク78.0×62.0mm
圧縮比11.5
最高出力88kW(120PS)/10000rpm
最大トルク93N・m(9.5kgf・m)/7000rpm
燃料タンク容量14L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜20′
トレール量110mm
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
燃料消費率 WMTCモード値21.1km/L(クラス3・サブクラス3-2)1名乗車時
製造国日本
メーカー希望小売価格143万円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.