普通自動二輪免許、いわゆる「中免」で楽しめるハーレーとして、2023年10月にデビューを果たした「X350」。爽快なフィールのエンジンと手に余らないジャストサイズの車体で、誰でも楽しめる一台だ。
まとめ:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

ハーレーダビッドソン「X350」特徴

【注目ポイント】
①普通二輪免許で楽しめる初のハーレー
②360度ツインのサウンドにシビレる!

画像: Harley-Davidson X350 総排気量:353cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:777mm 車両重量:195kg 税込価格:69万8000円

Harley-Davidson X350 

総排気量:353cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:777mm
車両重量:195kg

税込価格:69万8000円

早くも人気沸騰中!? ハーレー初の353cc

ハーレーブランドとしては初となる「普通自動二輪免許で乗れる」モデルがこのX350。設計をミルウォーキーのハーレー本社で行ない、生産は中国のQJモータースで行なうグローバルモデルだ。

エンジンは従来のハーレーとは一線を画す、水冷の353ccパラレルツイン。このクラスでは珍しい360度クランクを採用し、重低音を響かせながらふけ上がる、独特のフィーリングが楽しめる。これを新設計のスチールフレームに搭載する。

スタイリングはかつてフラットトラックレースで大活躍した往年の名車。XR750をオマージュしたもので、サイズはコンパクト。気になるシート高も777mmと低めなので、取り回しや足つきに苦労することもなさそうだ。快活な走りを70万円を切る価格で楽しめるのも大きな魅力だ。

画像: XR750(1972年)

XR750(1972年)

ハーレーダビッドソン「X350」カラーバリエーション

ダイナミックオレンジ

画像1: ハーレーダビッドソン「X350」カラーバリエーション

ドラマティックブラック

画像2: ハーレーダビッドソン「X350」カラーバリエーション

スーパーソニックシルバー

画像3: ハーレーダビッドソン「X350」カラーバリエーション

パールホワイト

画像4: ハーレーダビッドソン「X350」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます

  • 画像1: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    ダイナミックオレンジ
  • 画像2: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    ドラマティックブラック
  • 画像3: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    スーパーソニックシルバー
  • 画像4: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    パールホワイト
  • 画像5: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    ダイナミックオレンジ
    46
    109
  • 画像6: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    ドラマティックブラック
    23
    55
  • 画像7: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    スーパーソニックシルバー
    13
    31
  • 画像8: ハーレーダビッドソン「X350」は二輪免許取り立てでも安心! トラッカースタイルで爽快な走りを楽しめる
    パールホワイト
    18
    42

ご投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.