ホンダはタイで2022年10月4日、現地で販売している「フォルツァ350」のモデルチェンジを発表した。そして、日本の国内モデルに関する情報も!

ホンダ新型「フォルツァ350」タイ仕様車の特徴

画像: Honda FORZA350 2023年モデル・タイ仕様車 総排気量:329.6cc エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒 シート高:785mm 車両重量:187kg

Honda FORZA350
2023年モデル・タイ仕様車

総排気量:329.6cc
エンジン形式:水冷4ストSOHC4バルブ単気筒
シート高:785mm
車両重量:187kg

タイで販売されてきた「フォルツァ350」は、スポーティなスタイルと快適性が魅力のボディへ、4バルブヘッドを備える高効率な329.6cc水冷eSP+エンジンを搭載。2チャンネルABSも合わせて活発で安定感のある走りを実現。

大容量のシート下収納スペース、電動調整できるウインドスクリーン、スマートキーやUSB充電ポートといった現代のスクーターに欠かせない装備類も充実。さらにホンダスマートフォンボイスコントロールシステム(HSVC)でスマートフォンとの連携にも対応するなど、スポーティな走りと洗練された使い勝手を併せ持つ、現代的なビッグスクーターとして人気を集めてきた。

画像1: ホンダ新型「フォルツァ350」タイ仕様車の特徴

今回のモデルチェンジでは、バランスの良い走りをもたらすエンジンや足回り、抜群に使い勝手の良い装備類といった面は従来モデルにそのまま受け継がれる。

大きく変更されたのはスタイリング。従来型ではヘッドライトはモノアイ風の3眼LEDだったが、新型では初期のフォルツァを想わせるデュアルLEDヘッドライトとなり、大きくイメージチェンジ。

画像2: ホンダ新型「フォルツァ350」タイ仕様車の特徴

同時にテールランプも新しいデザインに変更。デザインのモチーフは従来型から受け継ぎながら、より洗練された雰囲気のリアビューとしている。

電動で無段階に高さを変えることで、体格や好みに応じて防風効果を調整できるウインドスクリーンも引き続き装備されている。調整幅は150mmを確保。

アナログ表示のスピードメーター、タコメーターの中央に多彩な情報を表示する液晶パネルを配置したメーターパネルも、液晶パネルの大型化などでより機能的に進化した。

このように、新型は各部で細かな改良を重ねることで、さらに「フォルツァ350」の魅力をアップすることを狙っている。

ホンダ新型「フォルツァ350」タイ仕様車のカラーバリエーション

タイ仕様の新型「フォルツァ350」にはグレー、レッド、ブルー、ブラックという、4タイプのボディカラーが用意される。

画像: グレー

グレー

画像: レッド

レッド

画像: ブルー

ブルー

画像: ブラック

ブラック

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像5: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    グレー
  • 画像6: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    レッド
  • 画像7: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    ブルー
  • 画像8: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    ブラック
  • 画像9: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    グレー
    40
    311
  • 画像10: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    レッド
    26
    202
  • 画像11: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    ブルー
    14
    107
  • 画像12: ホンダ新型「フォルツァ350」がタイで登場! デュアルヘッドライトの採用でイメージチェンジ|国内モデルの発表も近い?
    ブラック
    21
    160

投票ありがとうございました。

ホンダ新型「フォルツァ」国内モデルに関する情報

画像: ホンダ フォルツァ 国内仕様・現行モデル

ホンダ フォルツァ

国内仕様・現行モデル

気になるのは「フォルツァ350」と多くの部分を共用してタイで生産、日本で販売されてきた250ccの「フォルツァ」と、新型「フォルツァ350」との関係。ホンダはSNSの公式アカウントで、タイでの新型「フォルツァ350」発売に触れた上「国内モデルについては今後の情報発信をお待ちください」とコメント。

Twitter: @HondaBike_hmj tweet

twitter.com

今回の新型「フォルツァ350」の250ccバージョンが、近い将来に国内で発売される可能性は高そうだ。

まとめ:小松信夫

ホンダ新型「フォルツァ350」タイ仕様車の主なスペック

全長×全幅×全高2143×754×1507mm
ホイールベース1510mm
シート高780mm
車両重量187kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量329.6cc
ボア×ストローク77×70.8mm
圧縮比10.5
燃料タンク容量11.7L
変速機形式無段変速式(Vマチック)
キャスター角26.3°
トレール91mm
タイヤサイズ(前・後)120/70-15・140/70-14
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク

ホンダ「フォルツァ」関連のおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.