2022年4月27日、ヤマハ発動機がコンパクトボディの軽二輪スクーター「NMAX155」のモデルチェンジを発表した。

ヤマハ新型「NMAX155」の特徴

画像: YAMAHA NMAX155 ABS 国内仕様・2022年モデル 総排気量:155cc エンジン型式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:765mm 車両重量:131kg 発売日:2022年5月25日(マットダークグリーンとマットダークグレーは7月25日) 税込価格:40万7000円

YAMAHA NMAX155 ABS
国内仕様・2022年モデル

総排気量:155cc
エンジン型式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:765mm
車両重量:131kg

発売日:2022年5月25日(マットダークグリーンとマットダークグレーは7月25日)
税込価格:40万7000円

スタイリッシュで使い勝手抜群のコンパクト・スクーター、専用アプリで“つながる”機能をプラス

「TMAX」をフラッグシップに、ヨーロッパや日本で人気のヤマハ製スクーター・MAXシリーズ。その伝統を受け継いだスタイリッシュなボディと、125ccならではの使い勝手の良さが魅力の弟分「NMAX(125)」の排気量を拡大して、高速道路走行など活用範囲を拡大したのが「NMAX155」だ。

今回発表された新型「NMAX155」は、2021年に先行してモデルチェンジしていた新型「NMAX(125)」ベースに進化したモデル。

画像: ヤマハ新型「NMAX155」の特徴

最大の注目ポイントはスマートフォン用のアプリケーション「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」に対応したこと。このアプリをインストールしたスマホと車体をペアリングすることで、車体側のメーターに電話やメールの着信、スマホのバッテリー残量などを表示できる。

また、スマホにエンジン回転数、エコ状況などのデータを表示してサブメーター的に使用可能で、さらにメンテナンス時期の告知や燃費管理、最終駐車位置の確認などの機能も利用できる。

"Prestige Confidence"をコンセプトにした新型「NMAX155」スタイリングは、MAXシリーズの特徴であるブーメランイメージのサイドパネルを採用、スポーティで質感の高い仕上がり。同時にレベルの使い勝手の良さと快適性も兼ね備えている。

メカニズム面では、快適な乗り心地と軽快なハンドリングをもたらす新フレームとサスペンションに、シリンダーヘッドなどの改良で平成32年排ガス規制へと対応、最高出力15PSを発揮する155cc水冷ブルーコアエンジンエンジンを搭載。

始動時はスターター、走行中はジェネレーターになるスマートモータージェネレーターも新採用、停車時に自動的にアイドリングを停止する「Stop & Start System」も採用して優れた燃費性能を実現するなど、完成度が大きく高まった。

ヤマハ新型「NMAX155」のカラー・価格・発売日

ボディカラーは、「マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)」、「マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)」、「マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)」の3タイプをラインナップ。

発売日はマットグレーのみ2022年5月25日で、残りの2タイプについては7月25日が予定されている。税込価格はいずれも40万7000円だ。

画像: マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)

マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)

画像: マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)

マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)

画像: マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットグレー
  • 画像2: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットダークグリーン
  • 画像3: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットダークグレー
  • 画像4: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットグレー
    43
    682
  • 画像5: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットダークグリーン
    34
    537
  • 画像6: ヤマハ「NMAX155」がモデルチェンジ! 新型2022年モデルはスタイリングを一新、スマホコネクト機能も搭載
    マットダークグレー
    23
    366

投票ありがとうございました。

ヤマハ新型「NMAX155」の主なスペック

全長×全幅×全高1935×740×1160mm
ホイールベース1340mm
シート高765mm
キャスター角26°30'
トレール100mm
車両重量131kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量155cc
ボア×ストローク58×58.7mm
圧縮比11.6
最高出力15PS/8000rpm
最大トルク1.4kgf・m/6500rpm
変速機形式Vベルト式無段変速
燃料タンク容量7.1L
タイヤサイズ(前・後)110/70-13・130/70-13
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.