イタリアの名門ブランド・アプリリアがラインアップしているRX125は、125ccクラスの枠を超えた本格装備とパフォーマンスを誇る、本気のオフローダー。ベテランライダーもうならせる、そのポテンシャルの高さを堪能してみたぞ。
文:太田安治/写真:南 孝幸

アプリリア「RX125」インプレ(太田安治)

画像: aprilia RX125 2022年モデル 総排気量:124.2cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒 シート高:905mm 車両重量:134kg 発売日:2022年3月28日 税込価格:44万円

aprilia RX125
2022年モデル

総排気量:124.2cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
シート高:905mm
車両重量:134kg

発売日:2022年3月28日
税込価格:44万円

ライダーを育ててくれる「本気で挑める」1台

ヨーロッパでは、排気量125cc以下・最高出力15馬力以下のバイクを運転できる、日本の小型二輪免許に相当するA1免許制度がある。このA1免許に対応したモデルは、エントリーユーザーを意識した手軽で扱いやすい車種が主流だが、中にはエキスパートライダーをも満足させてくれるモデルもある。そんな1台がアプリリアのRX125だ。
 
前21/後18インチを採用、長いホイールトラベル量を確保した前後サスペンション、前後に大きく体重移動できるシート形状など、車体構成は本格オフロードモデルそのもの。タフなルックスは本気の作り込みの証だ。

それだけに「誰でもどこでも乗りやすい」キャラクターではない。エンジンはアプリリア自慢のピュアスポーツ「RS4」と同じ水冷DOHC4バルブ単気筒で、低回転域の粘り強さよりも高回転域でのパワーとコントロール性を優先した特性。

7000回転までは穏やかなレスポンスだが、8000回転あたりから反応がダイレクトになり、そこから1万1000回転超までがパワーバンド。軽く、鋭く、弾けるように回る。クロスレシオの6速ミッションを駆使し、スロットルを大きく開けてパワーを引き出す走りは、125ccらしからぬもので、乗りやすさ優先の車種にはないスポーツ性にあふれている。

画像: アプリリア「RX125」インプレ(太田安治)

ストリートユースではキビキビした走りが魅力だが、オフロードに入ると本格的な車体が真価を発揮する。林道トレッキングのような低速域では高剛性のフロント回りと硬めの前後サスペンションによって実際の車重よりも重く感じるが、3速以上の速度域になると車体剛性とサスペンション設定が見事にマッチしてライダーとの一体感が高まる。ギャップが連続した場所での衝撃吸収性、大きな段差を受け止めるストローク量の余裕も125クラスの常識を超えたものだ。

高回転型エンジンと高負荷にも対応する車体という組み合わせだけに、テクニックのあるライダーがハードなコースを駆け回れば最高に楽しめることは間違いないが、個人的には125ccクラスにこうした「手強いモデル」があることに大きな意義を感じる。

ライダーの意思とオートバイが求める操作がシンクロしたときに見せる動きと快感を知ることで、スキルは確実に高まるからだ。ライダーを育て、同時にオートバイの楽しみを深める。そんなアプリリアの「哲学」を感じさせる一台だ。

アプリリア「RX125」カラーバリエーション

2022年モデルのカラーバリエーションは2色の設定。いずれも2022年3月28日に発売、出荷は4月中旬からとなる。

レッドレースウェイ

シルバーエイリアン

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像5: アプリリア「RX125」インプレ(2022年)貴重な125cc本格オフロードバイク、シャープなデザインと走りが光る!
    レッドレースウェイ
  • 画像6: アプリリア「RX125」インプレ(2022年)貴重な125cc本格オフロードバイク、シャープなデザインと走りが光る!
    シルバーエイリアン
  • 画像7: アプリリア「RX125」インプレ(2022年)貴重な125cc本格オフロードバイク、シャープなデザインと走りが光る!
    レッドレースウェイ
    56
    280
  • 画像8: アプリリア「RX125」インプレ(2022年)貴重な125cc本格オフロードバイク、シャープなデザインと走りが光る!
    シルバーエイリアン
    44
    216

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.