カワサキは2022年4月22日、「ニンジャH2 SX」「ニンジャH2 SX SE」を発売した。

カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

画像: Kawasaki Ninja H2 SX SE 2022年モデル 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒+スーパーチャージャー シート高:820mm 車両重量:267kg 税込価格:297万円 発売日:2022年4月22日

Kawasaki Ninja H2 SX SE
2022年モデル

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒+スーパーチャージャー
シート高:820mm
車両重量:267kg

税込価格:297万円
発売日:2022年4月22日

新しい「ニンジャH2 SX」は、スーパーチャージドエンジンによって実現される強烈な動力性能と扱いやすさを両立するという基本コンセプトやメカニズムは従来モデルから受け継ぐ。

画像1: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

新型で最も大きく進化したのは、新たに搭載されたボッシュ製のARAS(アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム)。ツーリングや交通量の多い市街地の走行時、ライダーの安心感を高めるレーダーを中核としたシステムで快適性と利便性を大きく向上。

画像2: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

設定した速度を維持しながら適切な車間距離を保つアダプティブクルーズコントロールや、急制動時にブレーキランプを点滅させ後続に急減速を知らせるエマージェンシーストップシグナル、先行車と衝突の可能性がある場合にライダーへ警告するフォワードコリジョンワーニングなど、安全で快適なライディングを実現するための新機能もカワサキ車として初採用。

画像3: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

シートも足つき性を確保しながら形状をワイド化され、発泡密度を変更することで快適性を高めたものに変更された。

画像4: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

カラーTFT液晶スクリーンを採用。これまでのスマートフォン連携に加えて、新しいアプリ「Kawasaki SPIN」により、電話、音楽、ナビゲーションなどのサードパーティ製アプリケーションを利用することも可能となった。

画像5: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

上級版の「ニンジャH2 SX SE」は新型「ニンジャH2 SX」をベースに、路面や走行状況に合わせてリアルタイムで減衰力を最適化できるKECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を搭載。ショーワのスカイフック式EERA(電子制御ライドアジャスト)も採用されていて、コーナリング時の優れた安定性を実現する。

画像6: カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの特徴

またブレンボ製のハイグレードな「Stylema」モノブロックキャリパーも新たに採用され、ホイールもリム部分に切削加工を施して上質感を演出している。

画像: カワサキ ニンジャH2 SX 税込価格:265万1000円

カワサキ ニンジャH2 SX

税込価格:265万1000円

画像: カワサキ ニンジャH2 SX SE 税込価格:297万円

カワサキ ニンジャH2 SX SE

税込価格:297万円

新型「ニンジャH2 SX」と「ニンジャH2 SX SE」のボディカラーは同じエメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラックのみの設定で、基本的なグラフィックも共通。

しかし「ニンジャH2 SX」はフロントノーズ上側面までグリーンなのに対して、「ニンジャH2 SX SE」はノーズ周りのブラックな部分が大きくなっていて精悍なイメージとされている。また両車ともに、自己補修機能を備えるハイリーデュラブルペイントも部分的に使用されている。

税込価格は「ニンジャH2 SX」が265万1000円、「ニンジャH2 SX SE」が297万円となる。

【アンケート】 あなたはどちらのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: カワサキが新型「Ninja H2 SX」シリーズを発売! 2022年モデルはボッシュ製レーダーを新採用しアダプティブクルーズコントロールを搭載
    Ninja H2 SX
  • 画像2: カワサキが新型「Ninja H2 SX」シリーズを発売! 2022年モデルはボッシュ製レーダーを新採用しアダプティブクルーズコントロールを搭載
    Ninja H2 SX SE
  • 画像3: カワサキが新型「Ninja H2 SX」シリーズを発売! 2022年モデルはボッシュ製レーダーを新採用しアダプティブクルーズコントロールを搭載
    Ninja H2 SX
    21
    145
  • 画像4: カワサキが新型「Ninja H2 SX」シリーズを発売! 2022年モデルはボッシュ製レーダーを新採用しアダプティブクルーズコントロールを搭載
    Ninja H2 SX SE
    79
    536

投票ありがとうございました。

画像: 【欧州の公式動画】2022 Kawasaki Ninja H2 SX | Official Action Video | ENGINEERED TO BE FREE www.youtube.com

【欧州の公式動画】2022 Kawasaki Ninja H2 SX | Official Action Video | ENGINEERED TO BE FREE

www.youtube.com

カワサキ「Ninja H2 SX」「Ninja H2 SX SE」2022年モデルの主なスペック

全長×全幅×全高2175×790×1260mm
ホイールベース1480mm
シート高820mm
キャスター角24.7°
トレール103mm
車両重量266kg(267kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒+スーパーチャージャー
総排気量998cc
ボア×ストローク76×55mm
圧縮比11.2
最高出力200PS/11000rpm
最大トルク14.0kgf・m/8500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量19L
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・190/55ZR17
ブレーキ形式(前・後)φ320mmダブルディスク・φ250mmディスク
※( )内はニンジャH2 SX SE

This article is a sponsored article by
''.