インディアンモーターサイクルは2022年2月2日(日本時間)、長い伝統を誇るメーカーであるインディアンの象徴ともいうべき存在「スカウト」を、さらにアグレッシブに進化させた新たなバリエーションモデル「スカウト ローグ」を発表した。

インディアン「スカウト ローグ」の特徴

画像: Indian MOTORCYCLE SCOUT ROGUE 総排気量:1133cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒 シート高:649mm 車両重量:250kg 税込価格:194万9000円~

Indian MOTORCYCLE SCOUT ROGUE

総排気量:1133cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
シート高:649mm
車両重量:250kg

税込価格:194万9000円~

ビキニカウル、19インチホイールなどの装着でイメージチェンジ

新しい「スカウト ローグ」のスタイリングは、ロー&ロングなフォルムとモダンなディテールを融合させたスタンダードな「スカウト」がベースになっている。

そこにコンパクトでスポーティなビキニカウルをはじめ、19インチ径の8スポークフロントホイールやミニエイプハンガーハンドル、バーエンドミラー、スポーティなシートなどを装着。

さらにクールでダークなイメージのボディカラーを組み合わせ、足回りやエンジン、マフラーなどをブラックで統一することで、ハードでアグレッシブな雰囲気へと大胆にイメージチェンジ。

画像1: インディアン「スカウト ローグ」の特徴

しかし、シート高の低さによる優れた足着きに加えて、長いホイールベースと低い重心による安定感の高さ、扱いやすさなどについては「スカウト」譲りで、長距離ツーリングでもクルーザーらしい快適なライディングを楽しめる。

画像2: インディアン「スカウト ローグ」の特徴

「スカウト ローグ」のパワートレイン、排気量1133ccの水冷DOHC Vツインエンジンも「スカウト」同様のもの。低回転域から大トルクを発揮するパワー特性、鼓動感に溢れた力強い加速もしっかり受け継がれている。

画像3: インディアン「スカウト ローグ」の特徴

さらにカスタマイズによって個性を引き出したいというユーザーに向けて、マフラーのようなパフォーマンスを向上させるパーツから、スタイリングや快適性、利便性を向上させるアクセサリーなどまで豊富にラインナップ。

画像4: インディアン「スカウト ローグ」の特徴

インディアンモーターサイクル副社長のアーロン・ジャックス氏は「多くのバイカーにとってバイクに乗ることはローグスピリットの象徴です。ローグスピリットとは、自由と個性を大胆に主張すること。これこそがスカウト ローグが表現するものなのです。ローグスピリットはバイカー独自の精神であり、特別な仲間意識とコミュニティを生み出しています。スカウト ローグはそれを見事に体現しています」と、「スカウト ローグ」の魅力について語っている。

画像: 【公式動画】Introducing The New 2022 Indian Scout Rogue www.youtube.com

【公式動画】Introducing The New 2022 Indian Scout Rogue

www.youtube.com

インディアン「スカウト ローグ」カラーバリエーション・価格

「スカウト ローグ」のボディカラーは、ブラックメタリック、ブラックメタリックスモーク、ブラックスモークミッドナイト、セージブラシスモーク、ストームブルー、ステルスグレーの6色が揃っている。税込価格はカラーによって異なり、ブラックメタリックが194万9000円、ステルスグレーが205万9000円、そのほかのカラーは200万9000円だ。

画像: ブラックメタリック

ブラックメタリック

画像: ブラックメタリックスモーク

ブラックメタリックスモーク

画像: ブラックスモークミッドナイト

ブラックスモークミッドナイト

画像: セージブラシスモーク

セージブラシスモーク

画像: ストームブルー

ストームブルー

画像: ステルスグレー

ステルスグレー

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像3: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックメタリック
  • 画像4: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックスモーク
  • 画像5: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックスモークミッドナイト
  • 画像6: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ストームブルー
  • 画像7: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    セージブラシスモーク
  • 画像8: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ステルスグレー
  • 画像9: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックメタリック
    10
    31
  • 画像10: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックスモーク
    12
    38
  • 画像11: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ブラックスモークミッドナイト
    20
    63
  • 画像12: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ストームブルー
    23
    73
  • 画像13: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    セージブラシスモーク
    11
    34
  • 画像14: インディアンが「スカウト ローグ」を発表! 象徴であるスカウトに新たなバリエーションモデルを追加【2022速報】
    ステルスグレー
    25
    79

投票ありがとうございました。

インディアン「スカウト ローグ」の主なスペック

ホイールベース1576mm
シート高649mm
車両重量250kg(燃料満載時)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型2気筒
総排気量1133cc
ボア×ストローク99×73.6mm
圧縮比10.7
最大トルク97Nm/5600rpm
燃料タンク容量12.5L
変速機形式6速リターン
キャスター角29°
トレール120mm
タイヤサイズ(前・後)130/60B19・150/80R16
ブレーキ形式(前・後)φ298mmディスク・φ298mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.