Honda「CROSS CUB 50」
税込価格:29万7000円 (くまモンバージョンは30万8000円)

画像: 全長×全幅×全高:1840×720×1050mm ホイールベース:1225mm シート高:740mm 車両重量:100kg ※写真カラーはグラファイトブラック(くまモンバージョン)

全長×全幅×全高:1840×720×1050mm
ホイールベース:1225mm
シート高:740mm
車両重量:100kg

※写真カラーはグラファイトブラック(くまモンバージョン)

初代クロスカブは110ccモデルのみの設定だったが、現行のスーパーカブシリーズがベースとなった現行クロスカブには50ccモデルが新たに設定された。ヘビーデューティ感あふれるヘッドライトガードを備え、軽快さを重視してレッグシールドを持たないという基本的なスタイリングは110と基本的に共通。

50だけの特徴は、前後ホイールのサイズが110の17インチに対して小径な14インチにされていること。シート高も110よりも44mm低い740mmとなっていることと合わせ、大幅に扱いやすくなっている。

また110と同じく、50にも熊本県のPRマスコットキャラクター「くまモン」をイメージしたカラーリングを採用した「くまモンバージョン」をラインアップ。

カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    カムフラージュグリーン
  • 画像2: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    クラシカルホワイト
  • 画像3: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラファイトブラック(くまモンバージョン)
  • 画像4: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    カムフラージュグリーン
    37
    150
  • 画像5: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    クラシカルホワイト
    37
    152
  • 画像6: ホンダ「クロスカブ50」【1分で読める 2022年に新車で購入可能なバイク紹介】
    グラファイトブラック(くまモンバージョン)
    26
    106

投票ありがとうございました!

エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒
総排気量:49cc
ボア×ストローク:37.8×44.0mm
圧縮比:10.0
最高出力:2.7kW(3.7PS)/7500rpm
最大トルク:3.8N・m(0.39kg-m)/5500rpm
燃料供給方式:フューエルインジェクション(PGM-FI)
燃料タンク容量:4.3L
キャスター角:26°30'
トレール量:57mm
変速機形式:4段リターン
ブレーキ前・後:ドラム・ドラム
タイヤサイズ前・後:70/100-14M/C 37P・80/100-14M/C 49P

This article is a sponsored article by
''.