2022年1月13日、ヤマハ・インドネシアがヘリテイジスポーツ・XSRシリーズのライトウェイト・バージョンとして人気となっている「XSR155」の2022年モデルを発表した。

ヤマハ「XSR155」の特徴

画像: YAMAHA XSR155 2022年モデル・インドネシア仕様 総排気量:155cc エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:810mm 車両重量:134kg 写真のカラーは、マットダークブルーオーセンティック

YAMAHA XSR155
2022年モデル・インドネシア仕様

総排気量:155cc
エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:810mm
車両重量:134kg

写真のカラーは、マットダークブルーオーセンティック

「XSR155」は、VVA機構を備えたシングルカム・4バルブの155cc水冷シングルエンジン、スリッパークラッチ、デルタボックスフレームに倒立フロントフォークなどを組み合わせたスリムな車体によって俊敏でスポーティな走りを実現。これに加えてXSRシリーズ共通イメージのネオレトロイメージの、洗練されたネイキッドスタイルによって、インドネシアをはじめ各地で人気となっているモデル。

画像: World GP 60th Anniversary

World GP 60th Anniversary

2022年モデルでは、メカニズムについては従来モデルのまま。カラーリングは全4色を用意2022年モデルの新色として、マットダークブルーオーセンティックが追加された。さらにもう1色は、2022年モデルでYZF-R1を筆頭にさまざまなモデルに採用された、白ベースに赤いラインを配した「World GP 60th Anniversary」カラーが採用された。

画像: マットブラックエレガンス

マットブラックエレガンス

画像: プレミアムマットシルバー

プレミアムマットシルバー

残りの2色、マットブラックエレガンスとプレミアムマットシルバーは従来モデルから継続して販売される。

参考までに、現地での「XSR155」の価格は3690万5000ルピア(「60th Anniversary」カラーのみ3750万5000ルピア)で、これを1月14日のレートで日本円に換算するとおよそ30万円弱となる。


【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    マットダークブルーオーセンティック
  • 画像2: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    World GP 60th Anniversary
  • 画像3: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    マットブラックエレガンス
  • 画像4: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    プレミアムマットシルバー
  • 画像5: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    マットダークブルーオーセンティック
    18
    401
  • 画像6: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    World GP 60th Anniversary
    45
    1025
  • 画像7: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    マットブラックエレガンス
    12
    278
  • 画像8: ヤマハ「XSR155」の2022年モデルがインドネシアで登場! WGP参戦60周年記念モデルもラインナップ
    プレミアムマットシルバー
    25
    580

投票ありがとうございました。

画像: 【ヤマハ・インドネシアの動画】All New XSR 155 Sport Heritage www.youtube.com

【ヤマハ・インドネシアの動画】All New XSR 155 Sport Heritage

www.youtube.com

ヤマハ「XSR155」の主なスペック

全長×全幅×全高2007×804×080mm
ホイールベース1330mm
シート高810mm
車両重量134kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量155cc
ボア×ストローク58×58.7mm
圧縮比11.6
最高出力14.2kW/10000rpm
最大トルク14.7Nm/8500rpm
変速機形式6速リターン
燃料タンク容量10.4L
タイヤサイズ(前・後)110/70-17・140/70-17
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.