ヤマハ発動機は2021年11月16日、スポーティな原付二種スクーターとして長年支持されてきた「シグナスX」をフルモデルチェンジし、後継モデルとして「シグナス グリファス」を発売することを発表した。

ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

画像: YAMAHA CYGNUS GRYPHUS 総排気量:124cc エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:785mm 車両重量:125kg 発売日:2021年12月23日/WGP 60th Anniversaryは2022年2月24日 税込価格:35万7500円/WGP 60th Anniversaryは36万8500円

YAMAHA CYGNUS GRYPHUS

総排気量:124cc
エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:785mm
車両重量:125kg

発売日:2021年12月23日/WGP 60th Anniversaryは2022年2月24日
税込価格:35万7500円/WGP 60th Anniversaryは36万8500円

「シグナスX」の後継モデル、フルモデルチェンジでパワー&燃費を約20%アップ

「シグナス グリファス」は「シグナスX」のスポーティさを受け継いだ、軽快な走りの125ccスクーターとして、“Advanced Total Performance Sport”をコンセプトに開発された。

画像1: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

最大の特徴は、シグナスシリーズ初の水冷エンジンの搭載。排気量124ccのブルーコアエンジンはコンパクトなサイズで、高燃焼効率、ロスの低減、冷却性を追求して走りの楽しさと燃費・環境性能を両立した。混合気のタンブルを効果的に発生する燃焼室形状、圧縮比アップ、カムの吸気側リフト量を6000rpmを境に切り替える可変バルブ機構・VVAなどを採用。

「シグナスX」から20%以上パワーアップ、燃費も約20%向上を達成した。セルモーターとジェネレーターが一体のSMGを採用し、静粛で振動の少ない始動も可能となった。

画像2: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

しなやかさと剛性をバランスさせ、エンジン搭載位置や重心位置も最適化するために、アンダーボーンフレームも新設計。「シグナスX」と同じくホイール径は前後12インチだが、ホイールベースを延長、キャスター角をやや寝かせたディメンションとなり、良好な直進安定性と軽快さを両立。シート下収納の容量確保にも配慮された造りだ。

サスペンションはΦ33mmの正立フロントフォークとリアツインショックで、減衰力特性を最適化することで落ち着いた乗り心地に仕上げられている。

画像3: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

「シグナス グリファス」のスタイリングは、シグナスの伝統である「安定感のある乗り味」と「スポーティさ」をベースに、「Glaring Predator」コンセプトを取り入れてリファイン。張りのある曲面で構成されたダイナミックなデザインで、「シグナスX」では1灯式だったLEDヘッドライトがデュアルヘッドライトとなりフロントマスクの表情を、どう猛な肉食動物を想わせるものに一新。

画像4: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

コミュータ的に使われることの多い原付2種スクーターだけに、もちろん街乗りに欠かせない実用的な装備も充実している。シート下の収納スペースは容量28L、その前方にはヘルメットフックを2個装備。

画像5: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

メーターパネルは見やすい大型の液晶パネルで、バータイプのタコメーターとデジタル表示のスピードメーターを中央に配置したスポーティなデザイン。フロントポケット部上部にはスマートフォンなどを充電できるUSBポートも用意。給油のしやすさに配慮したフロント給油口も使い勝手抜群だ。


シグナス グリファス の主だった装備

画像6: ヤマハ「シグナス グリファス」の特徴

ヤマハ「シグナス グリファス」のカラー・発売日・価格

「シグナス グリファス」のカラーバリエーションは、グラフィックの入ったブルーイッシュグレーソリッド(グレー)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)2色と、ソリッドカラーのブラックメタリックX(ブラック)、ホワイトメタリック1(ホワイト)の2色の計4色を用意。

画像: ブルーイッシュグレーソリッド(グレー)

ブルーイッシュグレーソリッド(グレー)

画像: ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

画像: ブラックメタリックX(ブラック)

ブラックメタリックX(ブラック)

画像: ホワイトメタリック1(ホワイト)

ホワイトメタリック1(ホワイト)

また、2022年モデルのYZF-R1などに設定されている、ヤマハの世界GP参戦60年を記念したスペシャルカラーを採用したモデル「WGP 60th Anniversary」も1000台限定で販売される。

この「シグナス グリファス」は、2021年12月23日発売予定。税込価格は35万7500円。限定モデルの「WGP 60th Anniversary」は2022年2月24日の発売が予定されていて、こちらの価格は税込36万8500円だ。

画像: ヤマハ シグナス グリファス WGP 60th Anniversary

ヤマハ シグナス グリファス WGP 60th Anniversary


【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    グレー
  • 画像2: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ブルー
  • 画像3: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ブラック
  • 画像4: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ホワイト
  • 画像5: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    WGP 60th Anniversary
  • 画像6: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    グレー
    14
    421
  • 画像7: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ブルー
    13
    397
  • 画像8: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ブラック
    5
    163
  • 画像9: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    ホワイト
    11
    347
  • 画像10: ヤマハが原付二種スクーター「シグナス グリファス」の国内仕様車を発表|世界GP参戦60年記念カラーも同時に登場【2022速報】
    WGP 60th Anniversary
    57
    1748

投票ありがとうございました。

ヤマハ「シグナス グリファス」の主なスペック

全長×全幅×全高1935×690×1160mm
シート高785mm
車両重量125kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量124cc
ボア×ストローク52×58.7mm
圧縮比11.2
最高出力12PS/8000rpm
最大トルク1.1kgf・m/6000rpm
燃料タンク容量6.1L
変速機形式Vベルト無段変速
キャスター角26°30′
トレール90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70-12・130/70-12
ブレーキ形式(前・後)ディスク・ディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.