優美なスタイリングと上質な仕上げで、気品ある存在感を誇る空冷CBの最高峰、CB1100EXにファイナルエディションが登場した。この最終型の特徴をお伝えする。
文:オートバイ編集部

ホンダ「CB1100EX Final Edition」の特徴

画像: Honda CB1100EX Final Edition 総排気量:1140cc エンジン型式:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:780mm 車両重量:255kg 発売日:2021年11月25日 予約期間:2021年10月8日(金)~2021年11月30日(火) 税込価格:136万2900円

Honda CB1100EX Final Edition

総排気量:1140cc
エンジン型式:空冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:780mm
車両重量:255kg

発売日:2021年11月25日
予約期間:2021年10月8日(金)~2021年11月30日(火)
税込価格:136万2900円

美しき空冷CB、いよいよファイナル

スポーツバイクの歴史を転換させたCB750FOURから、CB400FOUR、CB750F/900F/1100Rが揃う「F」シリーズやCBX400Fまで、1970〜80年代にホンダのCBシリーズを牽引したのは空冷直4エンジン車だった。しかし性能追求の上で水冷の優位は否めない。80年代後半からメインストリームではなくなり、2008年のCB750を最後に姿を消す。

だがその後も空冷直4の味わいへの評価は根強く、最新技術を駆使し2010年に復活したのがCB1100シリーズだ。高回転の伸び、低回転での粘り、骨太なサウンドを堪能できる空冷直4と、空冷CBのエッセンスを凝縮したスタイル、現代的な完成度が大人のライダーから支持される。

熟成を重ねCB1100EXに進化したが、2021年にこのファイナルエディションが登場。2021年10月25日の段階で、販売計画を上回る予約が殺到し、受注を終了した。

ホンダ「CB1100EX Final Edition」カラーバリエーション

キャンディークロモスフィアレッド

ダークネスブラックメタリック

画像: ホンダ「CB1100EX Final Edition」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ホンダ「CB1100EXファイナルエディション」を解説|有終の美を飾るカラーはレッドとブラックの2色
    キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像3: ホンダ「CB1100EXファイナルエディション」を解説|有終の美を飾るカラーはレッドとブラックの2色
    ダークネスブラックメタリック
  • 画像4: ホンダ「CB1100EXファイナルエディション」を解説|有終の美を飾るカラーはレッドとブラックの2色
    キャンディークロモスフィアレッド
    63
    570
  • 画像5: ホンダ「CB1100EXファイナルエディション」を解説|有終の美を飾るカラーはレッドとブラックの2色
    ダークネスブラックメタリック
    37
    336

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.