2021年10月30日、長距離を走るタフさと、ハードなオフロードをカバーできる走破力を兼ね備えた、ハスクバーナモーターサイクルズの本格アドベンチャーツアラー「ノルデン901」が正式に発表された。

ハスクバーナモーターサイクルズ「ノルデン901」の特徴

画像: Husqvarna MOTORCYCLES NORDEN901 総排気量:889cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:854/874mm 車両重量:204kg(ガソリン除く)

Husqvarna MOTORCYCLES NORDEN901

総排気量:889cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:854/874mm
車両重量:204kg(ガソリン除く)

ハスクバーナモーターサイクルズ・ブランドの本格オフロードアドベンチャー

「ノルデン901」は2019年のEICMA(ミラノショー)でコンセプトモデルとして最初に姿を現した。単なるアドベンチャーツアラーにとどまらず、ハスクバーナモーターサイクルズの豊富な経験を活かした卓越したオフロード能力を備えるということもあって、多くのライダーが市販化を待ち望む存在だった。

同社ならではのモダンで洗練されたスタイリングコンセプトを、アドベンチャーツアラーに必須の機能性とバランスさせた「ノルデン901」のスタイリングは、コンセプトモデル時代のイメージを巧みに製品化。

大径の丸型LEDヘッドライトによってシンプルでありながら個性を主張し、同時に快適性や取り回しの良さも犠牲になっていない。調整式のハンドルやシートで体格、好みに合わせたポジション調整も可能だ。

画像1: ハスクバーナモーターサイクルズ「ノルデン901」の特徴

最高出力105HPという強力な889cc水冷2気筒エンジンは、パワーアシストスリッパークラッチやダウンシフト対応のクイックシフターも装備。エンジンもストレスメンバーとする設計の、軽量で強度の高いクロモリ鋼製トレリスフレームが車体の中核。これにアジャスタブルなWP製のAPEXサスペンションや、 フロント21インチ・リア18インチのチューブレススポークホイールとピレリのスコーピオン・ラリータイヤを装着。

画像2: ハスクバーナモーターサイクルズ「ノルデン901」の特徴

加えて「ストリート」「レイン」「オフロード」の3モードを選択できるライドモードをはじめ、オフロードモードも備えたコーナリングABS、9段階に調整可能なトラクションコントロールといった最新スペックの電子制御デバイスも備えていて、ストリートからオフロードまで、高いレベルの走破性、耐久性、扱いやすさを実現。400kmというロングランを可能にする大容量の19リットル燃料タンクやクルーズコントロールも長旅には欠かせない。

画像3: ハスクバーナモーターサイクルズ「ノルデン901」の特徴

フルカラーの多機能液晶メーターはそのままでも多彩な機能を利用できるが、オプションのコネクティビティユニットを用いれば、ターンバイターン方式のナビゲーションや電話の受信、スマートフォンからの音楽再生機能なども可能になる。

この「ノルデン901」、海外では2021年11月から販売されることが明らかとなった。ただし今のところ、日本での発売時期などに関する正式なアナウンスはない。

画像: 【公式動画】Norden 901 – Trust in the north | Husqvarna Motorcycles www.youtube.com

【公式動画】Norden 901 – Trust in the north | Husqvarna Motorcycles

www.youtube.com

ハスクバーナモーターサイクルズ「ノルデン901」の主なスペック

ホイールベース1513±15mm
シート高854/874mm
車両重量204kg (ガソリン除く)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量889cc
ボア×ストローク90.7×68.8mm
圧縮比13.5
最高出力105HP/8000rpm
最大トルク100Nm/6500rpm
燃料タンク容量19L
変速機形式6速リターン
キャスター角64.2°
トレール106.9mm
タイヤサイズ(前・後)90/90R21・150/70R18
ブレーキ形式(前・後)φ320mmダブルディスク・φ260mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.