かつては一時期日本でも販売されていたYZF-R15。R25の登場ですっかりご無沙汰だったが、しばらく見ないうちにインドで衝撃的な進化を遂げていた。新型車YZF-R7風スタイル、クイックシフター、トラクションコントロール装備と、中身は最先端だ。
まとめ:オートバイ編集部

ヤマハ「YZF-R15/R15M」の特徴

画像: YAMAHA YZF-R15/R15M 総排気量:155cc エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒 シート高:815mm 車両重量:142kg 国内発売は未定 ※写真はYZF-R15M

YAMAHA YZF-R15/R15M

総排気量:155cc
エンジン形式:水冷4ストOHC4バルブ単気筒
シート高:815mm
車両重量:142kg
国内発売は未定

※写真はYZF-R15M

ハイテク満載で衝撃進化、インドのR15に注目

かつて軽二輪クラスの本格スポーツとして日本にも導入されたYZF-R15。YZF-Rシリーズらしいスポーティなデザインと、きびきびした走りで人気だったモデルだ。

YZF-R25登場以来、日本市場では見かけなくなったR15だが、その後も生産国のインドでモデルチェンジが行われ、今回登場した「バージョン4」と呼ばれる4代目では、YZF-Rシリーズ最新のモデルとして、あらゆる最先端アイテムが詰め込まれている。

スタイリングは、先に登場したYZF-R7を思わせるモノアイマスクが印象的。スタイリングもスレンダーで均整の取れたもの。そして、今回から上級グレードの「R15M」も追加されている。いずれのモデルも、国内販売の可能性は残念ながら低そうだが、今後のYZF-Rシリーズの進化の方向が見て取れる、注目の1台だ。日本で乗ってみたい!

カラーバリエーション

YZF-R15M

YZF-R15

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15M|メタリックグレー
  • 画像2: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15M|モンスターエナジー
    ヤマハMotoGP
    エディション
  • 画像3: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|メタリックレッド
  • 画像4: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|ダークナイト
  • 画像5: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|レーシングブルー
  • 画像6: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15M|メタリックグレー
    35
    500
  • 画像7: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15M|モンスターエナジー
    ヤマハMotoGP
    エディション
    27
    381
  • 画像8: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|メタリックレッド
    10
    143
  • 画像9: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|ダークナイト
    11
    154
  • 画像10: ヤマハ「YZF-R15」「YZF-R15M」を解説|インドで登場した155cc単気筒スーパースポーツ
    R15|レーシングブルー
    17
    244

投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.