ホンダ・スーパーカブC125は、2021年型で大幅なアップデートが施された。ロングストロークの新世代エンジンを採用しABSも標準装備。アクセサリーも充実して、本来の魅力である上質さに磨きをかけての登場だ。
まとめ:オートバイ編集部

ホンダ「スーパーカブ C125」解説

画像: Honda SUPER CUB C125 総排気量:123cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:780mm 車両重量:110kg 税込価格:44万円 発売日:2021年9月27日

Honda SUPER CUB C125

総排気量:123cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:780mm
車両重量:110kg

税込価格:44万円
発売日:2021年9月27日

ロングストロークの新エンジンと充実装備で上質さを磨いて登場

2018年にデビューしたスーパーカブC125。初代スーパーカブ・C100風のレトロなスタイルを上質に仕上げ、シリーズ最大排気量のエンジンで快適に走れ、単なる実用車ではない趣味性の高いパーソナルコミューターとして注目されてきた。

そんなスーパーカブC125が、デビューから3年目を迎えてモデルチェンジ。とはいえ、魅力的なスタイリングや、高い実用性を備える車体の造りと装備は基本的には変わらない。変更されたのはエンジンで、モンキーにも搭載されたロングストロークの新型エンジンを採用、最高出力や燃費を向上し、同時に最新の排出ガス規制にも対応している。

もちろんスーパーカブシリーズということもあって、ミッションはモンキーのようなマニュアル5速ではなく、自動遠心クラッチを組み合わせ、ペダルを踏み込むだけで変速操作できる伝統の4速。そして前輪に動作する1チャンネルABSも標準装備となった。

カラーバリエーション

画像: パールニルタバブルー

パールニルタバブルー

画像: パールネビュラレッド

パールネビュラレッド

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

画像1: ホンダ新型「スーパーカブ C125」を解説|新エンジンの搭載だけではない! オプションパーツを充実させた2021年型

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像2: ホンダ新型「スーパーカブ C125」を解説|新エンジンの搭載だけではない! オプションパーツを充実させた2021年型
    パールニルタバブルー
  • 画像3: ホンダ新型「スーパーカブ C125」を解説|新エンジンの搭載だけではない! オプションパーツを充実させた2021年型
    パールネビュラレッド
  • 画像4: ホンダ新型「スーパーカブ C125」を解説|新エンジンの搭載だけではない! オプションパーツを充実させた2021年型
    パールニルタバブルー
    55
    516
  • 画像5: ホンダ新型「スーパーカブ C125」を解説|新エンジンの搭載だけではない! オプションパーツを充実させた2021年型
    パールネビュラレッド
    45
    422

This article is a sponsored article by
''.