2021年9月22日、スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表した。

スズキ「GSX-S1000GT」の特徴

画像: SUZUKI GSX-S1000GT 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:810mm 車両重量:226kg

SUZUKI GSX-S1000GT

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:810mm
車両重量:226kg

ジェット戦闘機からインスピレーションを得た新スタイル

9月22日、スズキから発表されたニューモデルである「GSX-S1000GT」。今年初めてのモデルチェンジを受けたネイキッドスポーツ「GSX-S1000」から派生した、スポーツツアラーバージョンという位置付けのモデルだ。

従来モデルの「GSX-S1000」にも、防風効果を高めたフルカウルを装着しツアラー的に仕上げられた「GSX-S1000F」が設定されていた。しかし新型「GSX-S1000GT」は、そこから一歩も二歩も踏み込んで、ツアラーとしての快適さ、使い勝手の良さを追求。

画像1: スズキ「GSX-S1000GT」の特徴

進化した新型「GSX-S1000」譲りの優れたパフォーマンスに、ツーリングで求められる安定性、快適性、扱いやすさをもたらす技術、装備、そして個性的なスタイリングをプラス。「GT」の名にふさわしいプレミアムな高速スポーツツアラーとして「GSX-S1000GT」は開発された。

画像2: スズキ「GSX-S1000GT」の特徴

まず目に付くのはスタイリング。ジェット戦闘機からインスピレーションを得たという新しいフルカウルは、新型「GSX-S1000」に採用されたエッジの効いたシャープな造形、そして、LEDヘッドライトやウイングレットも取り入れた先鋭的なデザインだ。優れた空力性能を備えながら強い存在感とスポーティさを漂わせ、同時に高い防風性能も備えていてライダーの疲労低減にも効果を発揮。

画像3: スズキ「GSX-S1000GT」の特徴

ツーリングなどでライディングを快適にする装備も充実。傷がつきにくく反射防止コーティングも施された6.5インチフルカラーTFT液晶パネルを用いた多機能メーターは、アプリと組み合わせてスマートフォンと接続、多彩な機能に簡単にアクセス可能。サードパーティのアプリを追加すれば、ナビゲーション、ルーティング、天気情報なども利用できる。メーター脇にはスマホなどの充電用のUSBコネクターも装備。

ライディングを安全にサポートする充実した電子制御デバイス、スズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)も搭載。ドライブモードセレクター(SDMS)、トラクションコントロール(STSC)、ライドバイワイヤー電子スロットル、双方向クイックシフトなど、基本的に「GSX-S1000」譲りの最新仕様。ツアラーである「GSX-S1000GT」には、高速で長時間巡航するのには欠かせないクルーズコントロールも追加。2速以上での走行時、時速30〜180キロの範囲で設定でき、便利なレジューム機能も備える。

防風性能を高めたツーリングスクリーン、脱着も容易でヘルメットも収まる専用サイドケース、グリップヒーターなど、ツアラーに求められる機能的アクセサリーをはじめ、豊富な純正オプションも用意されている。

画像4: スズキ「GSX-S1000GT」の特徴

スポーティな走りを支えるメカニズムも、モデルチェンジで完成度を高めた新型「GSX-S1000」に準じている。コンパクトなアルミ製ツインスパーフレーム、GSX-R1000から派生したアルミ製スイングアームと、フルアジャスタブルな倒立フロントフォーク、ブレンボ製ブレーキシステムといった足回りが、スポーティな走りから、タンデムでのツーリングまで、幅広いな用途でスムーズで快適な乗り心地、そして軽快なハンドリングをもたらす。

吸排気系やカムなどの改良で、広く滑らかなトルクカーブとパワーデリバリーを実現した998cc水冷直4エンジンも搭載。街乗りはもちろん、一般道ツーリングから高速ロングツーリングまで、幅広い速度域で、スムーズで快適なライディングを可能とする。

スズキ「GSX-S1000GT」のカラーバリエーション

ボディカラーは3色を設定。メインカラーの「メタリックトリトンブルー」に加え、「メタリックリフレクティブブルー」「グラススパークブラック」という、落ち着いたイメージのカラーが揃うラインナップだ。

2021年10月から世界各国で順次発売される予定で、国内でもそう遠くない将来、正規販売されるだろう。

画像: メタリックトリトンブルー

メタリックトリトンブルー

画像1: メタリックリフレクティブブルー

メタリックリフレクティブブルー

画像2: メタリックリフレクティブブルー

メタリックリフレクティブブルー

【アンケート】 あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックトリトンブルー
  • 画像2: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックリフレクティブブルー
  • 画像3: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックリフレクティブブルー
  • 画像4: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックトリトンブルー
    32
    864
  • 画像5: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックリフレクティブブルー
    51
    1354
  • 画像6: スズキが新型車「GSX-S1000GT」を発表! 先進的なスタイリング、ロングツーリングでの快適装備も満載したスポーツツアラー
    メタリックリフレクティブブルー
    17
    448

投票ありがとうございました。

画像: 【公式動画】GSX-S1000GT official promotional video | "GT Riding Pleasure Personified" | Suzuki www.youtube.com

【公式動画】GSX-S1000GT official promotional video | "GT Riding Pleasure Personified" | Suzuki

www.youtube.com

スズキ「GSX-S1000GT」の主なスペック

※スペックは海外仕様車

全長×全幅×全高2140×825×1215mm
ホイールベース1460mm
シート高810mm
車両重量226kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量998cc
ボア×ストローク73.4×59mm
圧縮比12.2
燃料タンク容量19L
変速機形式6速リターン
キャスター角25°
トレール100mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17・190/50ZR17
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・ディスク

This article is a sponsored article by
''.