2021年9月1日、ロイヤルエンフィールドがグローバルサイトで、ニューモデルとなる「クラシック350」を発表した。

ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴

1901年に最初のオートバイを製造した老舗メーカー、ロイヤルエンフィールド。イギリスがルーツだが長い歴史を経てインドが拠点となり、伝統の中で培われた、美しくもレトロなスタイルのスポーツモデルを手がけるメーカーとして良く知られている。

画像1: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴

そのロイヤルエンフィールド、ここ数日SNSなどで「#BeReborn」というオンラインイベントを9月1日に開催することを予告し、ニューモデルの存在を匂わせる動画を公開して注目を集めていた。そしてつい先ごろ「#BeReborn」が開催され、新たに開発された「クラシック350」がその姿を現した。

画像: Royal-Enfield CLASSIC350 総排気量:349cc エンジン形式:空油冷4ストOHC単気筒 シート高:805mm 車両重量:195kg

Royal-Enfield CLASSIC350

総排気量:349cc
エンジン形式:空油冷4ストOHC単気筒
シート高:805mm
車両重量:195kg

画像2: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴
画像3: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴
画像4: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴
画像5: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴
画像6: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴

「クラシック350」という名のモデルは、1950年代の英国車そのままのスタイルとメカニズムで現代まで生産され、ロイヤルエンフィールドを象徴する存在として根強い人気を集めていたモデル。

今回「#BeReborn」で復活した新型「クラシック350」は、ティアドロップ形状の燃料タンクや金属製フェンダーはじめとする全体的なフォルムはもちろん、細部のディテールや上質な仕上げなど、クラシカルなスタイルは古典的な機能美を感じさせるが、全て一から再構成されたものだ。

画像7: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴

深く刻まれた冷却フィンと直立したシリンダーが目立つロングストロークな空冷単気筒エンジンや、スチール製のツインダウンチューブフレームなど、その中核である350Jプラットフォームと呼ばれるメカニズムは見た目はクラシカル。

しかし、現代の技術によって開発されたエンジンは、最新の排ガス規制をクリアすると同時に単気筒らしい歯切れの良い鼓動感と力強さを感じさせ、バランサーシャフトによってスムーズなフィーリングも実現する。

画像8: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の特徴

車体もスムーズで快適、現代的な操縦性を実現するとともに、信頼性の高いデュアルチャンネルABSも備えて(「レディッチエディション」のみシングルチャンネルABS)高い安全性も確保。

アナログ速度計の優雅さと液晶メーターの機能を兼ね備えたメーターは全車共通で、ユニークなターンバイターン式のナビゲーション「Tripper」も一部モデルに装備。ハンドルバーの下には目立たないようにUSBポートまで装着されていて、レトロなスタイルとは裏腹に使い勝手の良さは最新モデルのそれだ。

ロイヤルエンフィールド「クラシック350」のカラーバリエーション

さらに注目すべき点はバリエーションの豊富さ。デュアルチャンネルABS仕様と、シングルチャンネルABS仕様があり、ボディカラーがデュアルチャンネルABS仕様は9色。シングルチャンネルABS仕様は、リアブレーキがドラムになっている廉価版「レディッチエディション」の2色。

基本的にホイールはワイヤースポークだが、デュアルチャンネルABS仕様の中の「ダークエディション」2色のみキャストホイールモデルを設定。これとは別に「クロームエディション」の2色にのみ、ナビゲーション「Tripper」が装備される。

画像: クロームレッド

クロームレッド

画像: クロームブロンズ

クロームブロンズ

画像: ダークステルスブラック

ダークステルスブラック

画像: ダークガンメタルグレー

ダークガンメタルグレー

画像: シグナルズマーシュグレー

シグナルズマーシュグレー

画像: シグナルズデザートサンド

シグナルズデザートサンド

画像: ハルシオングリーン

ハルシオングリーン

画像: ハルシオンブラック

ハルシオンブラック

画像: ハルシオンブルー

ハルシオンブルー

画像: レディッチセージグリーン(シングルチャンネルABS)

レディッチセージグリーン(シングルチャンネルABS)

画像: レディッチグレー(シングルチャンネルABS)

レディッチグレー(シングルチャンネルABS)

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    クロームレッド
  • 画像2: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    クロームブロンズ
  • 画像3: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ダークステルスブラック
  • 画像4: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ダークガンメタルグレー
  • 画像5: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    シグナルズマーシュグレー
  • 画像6: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    シグナルズデザートサンド
  • 画像7: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオングリーン
  • 画像8: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオンブラック
  • 画像9: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオンブルー
  • 画像10: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    レディッチセージグリーン(シングルチャンネルABS)
  • 画像11: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    レディッチグレー(シングルチャンネルABS)
  • 画像12: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    クロームレッド
    11
    118
  • 画像13: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    クロームブロンズ
    10
    111
  • 画像14: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ダークステルスブラック
    12
    130
  • 画像15: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ダークガンメタルグレー
    7
    72
  • 画像16: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    シグナルズマーシュグレー
    8
    88
  • 画像17: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    シグナルズデザートサンド
    7
    76
  • 画像18: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオングリーン
    11
    119
  • 画像19: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオンブラック
    5
    53
  • 画像20: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    ハルシオンブルー
    17
    185
  • 画像21: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    レディッチセージグリーン(シングルチャンネルABS)
    7
    78
  • 画像22: ロイヤルエンフィールドが新型「クラシック350」を発表! 伝統のクラシカルスタイルに現代的メカニズムを合体【2022速報】
    レディッチグレー(シングルチャンネルABS)
    4
    47

投票ありがとうございました!

ロイヤルエンフィールド「クラシック350」日本での発売は?

画像: ロイヤルエンフィールド「クラシック350」日本での発売は?

この新型「クラシック350」、現時点では日本での発売に関するアナウンスはなく、発売時期や価格などの具体的な情報も不明。しかし日本でもホンダGB350/Sの登場でレトロなミドルスポーツの人気が高まっているだけに、この新型「クラシック350」が注目されるのは必至。近い将来に日本にも上陸する可能性は高そうだ。

画像: 【公式動画】The All-New Royal Enfield Classic 350 is Here | #BeReborn www.youtube.com

【公式動画】The All-New Royal Enfield Classic 350 is Here | #BeReborn

www.youtube.com

ロイヤルエンフィールド「クラシック350」の主なスペック

全長×全幅×全高2145×785×1090mm
ホイールベース1390mm
シート高805mm
車両重量195kg
エンジン形式空油冷4ストOHC単気筒
総排気量349cc
ボア×ストローク72×85.8mm
圧縮比9.5
最高出力20.2BHP/6100rpm
最大トルク27Nm/6100rpm
燃料タンク容量13L
変速機形式5速
タイヤサイズ(前・後)100/90-19・120/80-18
ブレーキ形式(前・後)φ300mmディスク・φ270mmディスク

まとめ:小松信夫

This article is a sponsored article by
''.