空気を切り裂くような、シャープで斬新なスタイリングをまとい、鮮烈デビューを果たしたGSX-S1000。その特徴を解説する。
文:小松信夫

スズキ「GSX-S1000」の特徴

画像: SUZUKI GSX-S1000 総排気量:998cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒 シート高:810mm 車両重量:214kg 発売日:2021年8月4日 税込価格:143万3000円

SUZUKI GSX-S1000

総排気量:998cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
シート高:810mm
車両重量:214kg

発売日:2021年8月4日
税込価格:143万3000円

実績のあるメカニズムにシャープなスタイルを合体

GSX-S1000は、2015年にデビューしたスズキのネイキッドスポーツ。GSX-R1000ベースの強力なエンジンによる豪快な加速、専用アルミフレームなどで実現された軽快なハンドリングに加え、強烈な存在感を放つ個性的スタイルなどの魅力で根強く人気を集めてきた。

そして2021年モデルで初のモデルチェンジ。先ごろついに国内仕様も正式発表された。

従来モデルの魅力でもあったマッシブな雰囲気に、縦3眼LEDヘッドライトなど、シャープなイメージを加えられたスタイリングは、ネイキッドながら空力特性を改善するウイングレットまで装備。

エンジンも各部の改良やスロットルバイワイヤ採用などで完成度をアップ。バランスの良い車体の基本構成はそのまま受け継がれた。

画像: 【公式動画】GSX-S1000 official promotional video | "THE BEAUTY OF NAKED AGGRESSION" | Suzuki www.youtube.com

【公式動画】GSX-S1000 official promotional video | "THE BEAUTY OF NAKED AGGRESSION" | Suzuki

www.youtube.com

スズキ「GSX-S1000」カラーバリエーション

トリトンブルーメタリック

画像1: スズキ「GSX-S1000」カラーバリエーション

グラスマットメカニカルグレー

画像2: スズキ「GSX-S1000」カラーバリエーション

グラススパークルブラック

画像3: スズキ「GSX-S1000」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    トリトンブルーメタリック
  • 画像2: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    グラスマットメカニカルグレー
  • 画像3: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    グラススパークルブラック
  • 画像4: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    トリトンブルーメタリック
    43
    172
  • 画像5: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    グラスマットメカニカルグレー
    37
    146
  • 画像6: スズキ新型「GSX-S1000」の注目ポイントはここ! あらためて最新スポーツネイキッドの特徴を解説
    グラススパークルブラック
    20
    81

投票ありがとうございました!

This article is a sponsored article by
''.