同じエンジンと車体ではあるが、ライディングポジションや各部パーツが異なるGB350Sは、走りのキャラクターもGB350とは異なるものに仕上げられている。その違いとそれぞれの魅力を、両車の各部を見比べながら検証してみよう。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:柴田直行、南 孝幸

ホンダ「GB350」「GB350 S」比較|ライディングポジション・足つき性

GB350

シート高:800mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

体のどこにも負担が掛からない万人向けのリラックスポジションが特徴。シート高は「S」と同じ800mだが、スタンダードはシート前側を絞り込んである。しかし張り出したサイドカバーに太股が当たり、脚が開き気味になって足着き性をスポイルしているのが残念。


GB350S

シート高:800mm
ライダーの身長・体重:176cm・62kg

上体はほぼ直立し、膝の曲がりも緩やか。ネイキッドモデルとしては標準的なポジションで、市街地や峠道での操作性はスタンダードより優れている。シート高は800mmだが、座面幅が広めなので足着き性はあまり良くない。

ホンダ「GB350」「GB350 S」比較|各部装備・ディテール

GB350

画像: クラシックムードに似合うメッキ仕上げのメガホンマフラー。歯切れのいいサウンドも大きな魅力。

クラシックムードに似合うメッキ仕上げのメガホンマフラー。歯切れのいいサウンドも大きな魅力。

画像: フォークブーツのないプレーンな構成。タイヤはダンロップのアローマックスを履いており、リアは18インチとなる。

フォークブーツのないプレーンな構成。タイヤはダンロップのアローマックスを履いており、リアは18インチとなる。

画像: ウインカーはクラシカルな丸型に変更。ワイドなハンドルと相まってレトロ感は非常に高い。

ウインカーはクラシカルな丸型に変更。ワイドなハンドルと相まってレトロ感は非常に高い。

サイドカバーの張り出しが大きく感じられるが、シート前端部の絞り込みが大きく取られていて、足着きに関してはこちらがやや勝る。

画像: 茶色表皮のシート後端に大型のグラブバーを装備。リアショックのスプリングはシルバー仕上げ。

茶色表皮のシート後端に大型のグラブバーを装備。リアショックのスプリングはシルバー仕上げ。


GB350S

画像: 歯切れ良い排気音はSTD同様。サイレンサーをつや消しのブラック仕上げとしてスポーツムードを演出。

歯切れ良い排気音はSTD同様。サイレンサーをつや消しのブラック仕上げとしてスポーツムードを演出。

画像: ホイールやブレーキまわりは共通だが、タイヤはメッツラーのロードパターンのものに変更され、フォークブーツを装着。

ホイールやブレーキまわりは共通だが、タイヤはメッツラーのロードパターンのものに変更され、フォークブーツを装着。

画像: ダークカスタム風の演出が施されていて、LEDヘッドライトにはブラックのベゼルが組み合わされる。

ダークカスタム風の演出が施されていて、LEDヘッドライトにはブラックのベゼルが組み合わされる。

シートはスタンダードに比べると前端部の絞り込みの少ないスクエアな形状で、幅を少し取られるので足着きに若干影響がある。

画像: ワディングの入るシートはカスタムメイド風。サイドカバーはフラットな形状の新デザイン。

ワディングの入るシートはカスタムメイド風。サイドカバーはフラットな形状の新デザイン。

ホンダ「GB350」「GB350 S」人気投票

【アンケート】あなたはどちらのGBが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像5: ホンダ「GB350」「GB350 S」比較インプレ|クラシックとスポーツ、空冷単気筒で愉しむ2つの個性
    GB350
  • 画像6: ホンダ「GB350」「GB350 S」比較インプレ|クラシックとスポーツ、空冷単気筒で愉しむ2つの個性
    GB350S
  • 画像7: ホンダ「GB350」「GB350 S」比較インプレ|クラシックとスポーツ、空冷単気筒で愉しむ2つの個性
    GB350
    45
    732
  • 画像8: ホンダ「GB350」「GB350 S」比較インプレ|クラシックとスポーツ、空冷単気筒で愉しむ2つの個性
    GB350S
    55
    892

投票ありがとうございました!

ホンダ「GB350」「GB350 S」比較|スペック・価格

GB350

全長×全幅×全高2180×800×1105mm
ホイールベース1440mm
最低地上高166mm
シート高800mm
車両重量180kg
エンジン形式空冷4ストOHC単気筒
総排気量348cc
ボア×ストローク70.0×90.5mm
圧縮比9.5
最高出力15kW(20PS)/5500rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
キャスター角27゜30′
トレール量120mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19・130/70-18
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格55万円(消費税10%込)

GB350S

全長×全幅×全高2175×800×1100mm
ホイールベース1440mm
最低地上高168mm
シート高800mm
車両重量178kg
エンジン形式空冷4ストOHC単気筒
総排気量348cc
ボア×ストローク70.0×90.5mm
圧縮比9.5
最高出力15kW(20PS)/5500rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
キャスター角27゜30′
トレール量120mm
タイヤサイズ(前・後)100/90-19・150/70R17
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格59万4000円(消費税10%込)

文:太田安治、オートバイ編集部/写真:柴田直行、南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.