大人気のCT125、またの名をハンターカブ125のプラモデルがフジミ模型より遂に登場するぞ。しかも既存ラインナップのスーパーカブ110と同様、NEXTシリーズ。つまり塗装しなくてカッコ良くできるのよ。ハンター好きならマストバイ! そんなハンターカブのサンプルを提供してもらったので、作例の写真もあるよ。

C125の発売告知ブロック

きっかけはこのツイート。

Twitter: @fujimi_co tweet

twitter.com

これは期待するしかないでしょ!

しかも発売元は1/12のC100や同じく1/12のスーパーカブ110(NEXTシリーズ)で好評を博するフジミ模型。実はスーパーカブシリーズのプラモって意外と少ないのよ。そんなカブシリーズに注力して下さってるフジミ模型さんは、まさにカブモデラーの救世主。CT125も期待しかない!
というわけでフジミ模型さんに問い合わせてみたよ!

で、仕様としてはこんな感じ。

・車体色はグローイングレッド。
・着色済みプラパーツ(赤、黒、シルバー、アルミ、クリア、クリアレッドの計6色)
・スナップフィット式(接着剤不要)
・1/12スケール。完成サイズは21×10×8(cm)
・パーツ数126点。

せっかくなので、こだわりポイントを聞いてみた。

・タンデムステップを装備、マフラーカバーが装着された日本仕様。
・ボディは専用成型色を用いて塗装では難しいレベルの艶を表現
・タイヤ・シート・センタースタンド・サイドスタンド可動。
・タンデムステップバーは差し替えで展開/収納姿を選択可能。

で、この2番目ですよ。塗装では難しいレベルの艶を表現ということは、塗装ができないパチ組でも、素晴らしい完成形になるということですね!

震えて待つしかない!

と思ってたんですが、なんとフジミ模型さんのご好意によりサンプルを提供していただいたので、早速組み立てて一足先にチェックだ!
もちろん塗装など一切なしの素組です。開発中につき実際に販売される商品とは異なるかもしれないので注意。
とはいえ、安定と信頼のフジミNEXTシリーズ、期待に応える仕上がりになるはず!

画像1: C125の発売告知ブロック
画像2: C125の発売告知ブロック
画像3: C125の発売告知ブロック
画像4: C125の発売告知ブロック
画像5: C125の発売告知ブロック

写真はまだまだあるぞ!

たまんないね。

さらには動画も公開しちゃう! 開発中サンプルで実際の商品とは異なる可能性があるとはいえ、NEXTシリーズ ハンターカブの動画は本邦初公開かも? やったぜ。

画像: 【速報】フジミ NEXTシリーズCT125ハンターカブ開発中モデル。(実際の商品とは異なる場合があります) www.youtube.com

【速報】フジミ NEXTシリーズCT125ハンターカブ開発中モデル。(実際の商品とは異なる場合があります)

www.youtube.com

追記:発売時期は2021年11月を予定!

2021年7月14日に、公式Twitterアカウントにて以下のようなツィートが。

Twitter: @fujimi_co tweet

twitter.com

11月に発売予定ですってよ!

フジミ模型のカブシリーズはこんなにあるぞ!

CT125の発売は待ち遠しいけど、既存のカブシリーズもチェックチェック。スーパーカブ110はNEXTシリーズで、ハンターカブ同様に無塗装・接着剤不要にもかかわらず、ハイクオリティな仕上がりを楽しむことが出来る。C100、いわずと知れた初代スーパーカブ。NEXTシリーズではないので、塗装や接着が必要になるけど、それに見合った満足感を与えてくれる名キット。
そんなスーパーカブシリーズを紹介していくよ。

フジミ模型 1/12 NEXTシリーズ スーパーカブ110

現在のスーパーカブシリーズにおける中心的存在といえばJA44。
そんなJA44を細部まで再現したプラモデルがこれ。NEXTシリーズなので、接着剤も塗装もなしでカッコ良く仕上がるぞ。

画像1: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

細部まで再現って書いたけど、ほんとこだわりすごいのよ。どれくらい細かいか見てみよう。

画像2: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

なんといってもミラー軸の細さが素晴らしい。

画像3: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

メーターにはちゃんとクリア部分がついてる。精密ゥ。

画像4: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

実車まんまの雰囲気。あとバイクの模型で大事な、スポークの細さもすっごい。
ここが太いとおもちゃっぽく見えるのよね。ハブ内側もちゃんと造形されてるぞ。

画像5: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

裏面。良く見るとステップ取り付け部分のボルトまでモールドされてる。シリンダーの立体感もまんまだぞ。

凄くない?

しかもNEXTシリーズ。これはパーツ事に成型色が色分けされてるので、塗装せずに組み立てるだけど良い感じに出来上がるのよ。さらに接着剤不要。便利な世の中になりましたね。

画像6: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

すごいでしょ。ウィンカーやテールランプまで色分けされてるのよ。しかもこれだけじゃないのよ。

画像7: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

メーターはもとより原付二種の三角表示まで用意されてるのよ。わくわくしちゃう。
このクオリティでCT125が登場するってのも、たまんないね。

でもでもこれだけじゃないのよ。見てよこれ。

画像8: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

タンデムシートやコンビニフックまで用意されてるのよ。なんていうか、ありがとうございます!
さて、気になるラインアップはこちら。このほかにもイエローとか天気の子とかもあるけど、現在売り切れ中。再生産を期待したい。

1/12 NEXTシリーズ スーパーカブ110のラインナップ



フジミ模型 1/12 スーパーカブC100(1958年)

お次は伝説の名車C100。カブシリーズの中でも特別な一台ですよね。
実車が欲しいけど、おいそれとは手が出ない。でもプラモなら二千円ちょっとだよ!

画像9: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com
画像10: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

これ、登場したときは衝撃だったよ。確か完成品も発売されてた気がする。
こちらはNEXTシリーズではないので、接着剤が必要。成形色はグレー系の単色なので、塗装の敷居は低いはず。上記写真は塗装済み。

画像11: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

ランナー状態はこんな感じ。これはこれでサフ状態っぽくてシブイ。

スポークも細いし造形もめちゃ細かいので、できればこだわって仕上げたいところ。

画像12: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

ちなみにシートは跳ね上げ可能。

画像13: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

別体フレームのナロー感、ほんとかっこいい。

スーパーカブ110にはタンデムシートとコンビニフックがおまけについてたじゃん?
C100にもおまけがあるのよ。

画像14: www.fujimimokei.com
www.fujimimokei.com

ヘルメットでした。
というわけでC100の商品はコチラ。

まとめ

というわけで、発売が待ち遠しいCT125。発売されたらさらに詳しく紹介するよ!
個人的にはスーパーカブ90も出て欲しいなァ。無理ですか無理だよね。

レポート:若林浩志

スーパー・カブカブ・ダイアリーズの記事・動画

若林浩志/プロフィール

This article is a sponsored article by
''.