ホンダが世界に誇るフラッグシップ・ツアラー、ゴールドウイングが2021年モデルでいっそう豪華に進化した。今回の進化は装備の変更がメインで、使い勝手の向上と快適性、上質な乗り味に主眼を置いたもの。インプレとともに各部の装備も詳しくお伝えしよう。
文:宮崎敬一郎、木川田ステラ、本誌編集部/写真:南 孝幸

ホンダ「ゴールドウイングツアー」カラーバリエーション

2021年モデルのカラーは3タイプ。日本仕様車はDCTのみの設定となった。

キャンディーアーダントレッド(ツートーン)

ガンメタルブラックメタリック(ツートーン)

パールグレアホワイト

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像9: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    キャンディーアーダントレッド
  • 画像10: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    ガンメタルブラックメタリック
  • 画像11: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    パールグレアホワイト
  • 画像12: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    キャンディーアーダントレッド
    27
    481
  • 画像13: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    ガンメタルブラックメタリック
    18
    316
  • 画像14: ホンダ「ゴールドウイングツアー」インプレ(2021年)新型は装備がいっそう豪華に! ロングツーリングでの快適性能をアップ
    パールグレアホワイト
    55
    988

投票ありがとうございました!

ホンダ「ゴールドウイングツアー」ライディングポジション・足つき性

シート高:745mm
ライダーの身長・体重:176cm・68kg

シートは柔らかいが、フワフワではなくしっかりとコシがあるので疲れにくい。スクリーンは高くしても巻き込み風がほとんどなく、後ろのライダーまで守ってくれる。足着き性はクラス最高レベル。

画像: ホンダ「ゴールドウイングツアー」ライディングポジション・足つき性

ホンダ「ゴールドウイングツアー」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

タンデムシートはまるでソファーに座っているかのような座り心地。グラブバーの上に肘掛けがあり、これでもかというほどに上半身をリラックスさせることができます。

ステップの位置も程よい高さで、踏ん張ることもリラックスすることもしやすい形状です。走行中は他車とは比べものにならない程に車体が安定していて、上質で贅沢なタンデムを楽しめました。

ホンダ「ゴールドウイングツアー」各部装備・ディテール解説

ユニカム水平対向6気筒エンジンは、力強いトルクと、マッスルカーのようなサウンドが魅力。今回フォグランプが標準化された。

フロントのダブルウイッシュボーンサスペンションはノーズダイブの少ない、安定した車体姿勢を確保でき、快適な走りに貢献。

スイングアームは車体右側にドライブシャフトを内蔵するプロアーム形式。

画像: 従来のApple Car Playのほか、Android Autoにも対応。スピーカーは今回から55W出力の高音質なものに変更されている。

従来のApple Car Playのほか、Android Autoにも対応。スピーカーは今回から55W出力の高音質なものに変更されている。

タンデムバックレストの角度を17°から24.5°に変更し、高さを30mmアップ。よりリラックスした姿勢でのタンデムを可能とした。

前モデルで50L容量だったリアトランク容量を11L拡大して61Lに変更。フルフェイスヘルメット2個が余裕で収納可能になった。

ホンダ「ゴールドウイングツアー」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2615×905×1430(スクリーン最上位置1555)mm
ホイールベース1695mm
最低地上高130mm
シート高745mm
車両重量389kg
エンジン形式水冷4ストOHC4バルブ水平対向6気筒
総排気量1833cc
ボア×ストローク73.0×73.0mm
圧縮比10.5
最高出力93kW(126PS)/5500rpm
最大トルク170N・m(17.3kgf・m)/4500rpm
燃料タンク容量21L
変速機形式電子式7段(DCT)
キャスター角30゜30’
トレール量109mm
タイヤサイズ(前・後)130/70ZR18M/C(63H)・200/55ZR16M/C(77H)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格 税込346万5000円※受注生産車

文:宮崎敬一郎、木川田ステラ、本誌編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.