カッコよくて、乗って楽しくて、価格が手頃なスポーツバイクが欲しい。そんな声に真摯に向き合ったコンセプトのフルカウルスポーツがGSX250R。流麗なフォルムに爽快な2気筒エンジン、安定感抜群のハンドリングを組み合わせた、魅力いっぱいの1台だ。
文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔

スズキ「GSX250R/ABS」カラーバリエーション

2021年モデルは4色のボディカラー。レーシングイメージのトリトンブルーメタリックNo.2、パールネブラーブラック、クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック、パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラックをラインアップ。

トリトンブルーメタリックNo.2

パールネブラーブラック(YAY)

クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック(BY7)

パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック(BHM)

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像11: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    トリトンブルーメタリックNo.2
  • 画像12: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    パールネブラーブラック
  • 画像13: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック
  • 画像14: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック
  • 画像15: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    トリトンブルーメタリックNo.2
    30
    497
  • 画像16: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    パールネブラーブラック
    12
    204
  • 画像17: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック
    24
    401
  • 画像18: スズキ「GSX250R ABS」インプレ(2021年)扱いやすさ抜群! 街乗りもツーリングも楽しめるフルカウル250ccスポーツ
    パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック
    34
    566

投票ありがとうございました!

スズキ「GSX250R/ABS」ライディングポジション・足つき性

シート高:790mm
ライダーの身長・体重:163cm・43kg

スタイリングはスポーツテイストあふれるものだが、ハンドルが高いので前傾姿勢は弱め。普段使いの街乗りはもちろん、長距離移動も楽で快適。足着きは標準的だが、もう少し良くなれば小柄な人でも安心できるはず。

画像: スズキ「GSX250R/ABS」ライディングポジション・足つき性

スズキ「GSX250R/ABS」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー 木川田ステラの感想

タンデムステップの位置がほど良い高さで、乗車時に足を乗せるのは楽でしたが、タンデムシートの位置はやや高く、ライダーとの距離が離れているように感じます。ただ、その分タンデムライダーの目線は高くなるので、視界が開けて景色を楽しめます。

スズキ「GSX250R/ABS」各部装備・ディテール解説

画像: GSX-Rシリーズを彷彿させるスポーティなデザインのフロントマスク。ヘッドライト左右にはダクトが配置される。

GSX-Rシリーズを彷彿させるスポーティなデザインのフロントマスク。ヘッドライト左右にはダクトが配置される。

画像: 反転表示の液晶メーターは、ギアポジションインジケーターのほか時計やオド/ツイントリップメーターなど、表示機能も多彩。

反転表示の液晶メーターは、ギアポジションインジケーターのほか時計やオド/ツイントリップメーターなど、表示機能も多彩。

画像: こだわりのSOHCツインエンジンは、低・中速域を多用する街乗りの扱いやすさを重視した出力特性を実現。スムーズな吹けも魅力だ。

こだわりのSOHCツインエンジンは、低・中速域を多用する街乗りの扱いやすさを重視した出力特性を実現。スムーズな吹けも魅力だ。

安定性にこだわり、このクラスで唯一80サイズのフロントタイヤを装着。ブレーキは290mm径のペータルディスクを装備。2021年モデルでABS仕様車を追加した。

リアのブレーキもフロントと同様にペータルディスクを採用しており、ディスク径は240mm。装着タイヤはIRCのロードウィナーだ。

前端を絞り込んだライダーズシートと、1段高く設定されたタンデムシートの組み合わせ。タンデムシートの座面は広めだ。

シート下の収納スペースはまずまずのサイズ。ヘルメットホルダーはシート下に装備したフックを使うタイプだ。

V字型のテールランプは面発光LEDを採用。

スズキ「GSX250R/ABS」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2085×740×1110mm
ホイールベース1430mm
最低地上高160mm
シート高790mm
車両重量178kg(ABS仕様は181g)
エンジン形式水冷4ストSOHC2バルブ並列2気筒
総排気量248cc
ボア×ストローク53.5×55.2mm
圧縮比11.5
最高出力18kW(24PS)/8000rpm
最大トルク22N・m(2.2kgf・m)/6700rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜35'
トレール量104mm
タイヤサイズ(前・後)110/80-17M/C (57H)・140/70-17M/C (66H)
ブレーキ形式(前・後)Φ290mmディスク・Φ240mmディスク
メーカー希望小売価格53万6800円~58万1900円(消費税10%込)

文:太田安治、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:森 浩輔

This article is a sponsored article by
''.