2021年7月15日、ホンダは新型車「GB350 S」を発売した。

ホンダ「GB350S」の特徴

画像: Honda GB350 S 排気量:348cc エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒 シート高:800mm 車両重量:178kg 発売日:2021年7月15日(木) 税込価格:59万4000円

Honda GB350 S

排気量:348cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒
シート高:800mm
車両重量:178kg

発売日:2021年7月15日(木)
税込価格:59万4000円

精悍なスタイリングで、軽快な走りを想像させる

GB350と同時に発表されたGB350Sは、スポーティなスタイリングが特徴。インドで発売されたハイネスCB350のスポーティバージョン・CB350RSの国内仕様となる。

スタンダードのGB350とこの「S」の大きな違いは、リアホイールが18インチから17インチに小径化されていること。タイヤサイズも130から150にワイド化され、グリップの高いラジアルタイヤを装着。ポジション設定もやや前傾を強め、マフラーもスタンダードよりバンク角を深くした形状とされるなど、軽快なライディングを楽しめる造りになっている。

燃料タンクやヘッドライトなど、基本的なスタイリングもGB350ベースだが、シートやフェンダーを専用デザインのものに変更してスポーティさを強調。サイドカバーの変更、フロントフォークブーツの装着などでレトロなイメージも演出している。ボディカラーは落ち着いた色調の専用カラー2色で、GB350シリーズ同様モノトーンだ。

発売日は2021年7月15日、税込価格は59万4000円。スタンダードのGB350との価格差は+4万4000円となる。

画像: こちらはスタンダードの「GB350」 排気量:348cc エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒 シート高:800mm 車両重量:180kg 発売日:2021年4月22日 メーカー希望小売価格:税込55万円

こちらはスタンダードの「GB350」

排気量:348cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC単気筒
シート高:800mm
車両重量:180kg

発売日:2021年4月22日
メーカー希望小売価格:税込55万円

ホンダ「GB350S」の注目ポイント

画像: クラシカルなデザインの丸形LEDヘッドライトにリング状の装飾を追加。フォークブーツはこのGB350Sのみの装備となる。

クラシカルなデザインの丸形LEDヘッドライトにリング状の装飾を追加。フォークブーツはこのGB350Sのみの装備となる。

画像: GB350の曲面で構成されたプレーンなサイドカバーに対し、GB350Sのサイドカバーは側面をフラットにしたデザインに変更。

GB350の曲面で構成されたプレーンなサイドカバーに対し、GB350Sのサイドカバーは側面をフラットにしたデザインに変更。

画像: レッドのステッチやタックロールの入ったスポーティなデザインのシートを採用。タンデムグリップも「S」専用のモダンなデザイン。

レッドのステッチやタックロールの入ったスポーティなデザインのシートを採用。タンデムグリップも「S」専用のモダンなデザイン。

画像: 写真はインド仕様車。短いリアフェンダーは樹脂製となり、フェンダーにマウントされたテールランプもシート後端に埋め込まれた。

写真はインド仕様車。短いリアフェンダーは樹脂製となり、フェンダーにマウントされたテールランプもシート後端に埋め込まれた。

画像: メガホン形状のマフラーはメッキ仕上げのGB350に対してGB350Sは精悍なブラック仕上げ。サイレンサーの角度も異なる。

メガホン形状のマフラーはメッキ仕上げのGB350に対してGB350Sは精悍なブラック仕上げ。サイレンサーの角度も異なる。

ホンダ「GB350S」のカラーバリエーション

画像: パールディープマッドグレー

パールディープマッドグレー

画像: ガンメタルブラックメタリック

ガンメタルブラックメタリック

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「GB350S」の特徴を解説! スタンダードモデル「GB350」とのちがいをチェック
    パールディープマッドグレー
  • 画像2: ホンダ「GB350S」の特徴を解説! スタンダードモデル「GB350」とのちがいをチェック
    ガンメタルブラックメタリック
  • 画像3: ホンダ「GB350S」の特徴を解説! スタンダードモデル「GB350」とのちがいをチェック
    パールディープマッドグレー
    59
    2589
  • 画像4: ホンダ「GB350S」の特徴を解説! スタンダードモデル「GB350」とのちがいをチェック
    ガンメタルブラックメタリック
    41
    1776

投票ありがとうございました!

ホンダ「GB350」「GB350 S」の主なスペック

※《 》内はGB350 S

全長×全幅×全高2180×800×1105mm《2175×800×1100mm》
ホイールベース1440mm
最低地上高166mm《168mm》
シート高800mm
車両重量180kg《178kg》
エンジン形式空冷4ストOHC単気筒
総排気量348cc
ボア×ストローク70×90.5mm
圧縮比9.5
最高出力15kW(20PS)/5500rpm
最大トルク29N・m(3.0kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式5速リターン
タイヤサイズ(前・後)100/90-19・130/70-18《150/70R17》
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・シングルディスク

まとめ:オートバイ編集部/写真:南 孝幸、ホンダ

伊藤真一さんの比較チェック動画はコチラ(※画像をクリック!)

画像: youtu.be
youtu.be

This article is a sponsored article by
''.