ミドルクラスでインライン4の爽快なフィーリングを楽しめる貴重なスポーツモデル、CB650RとCBR650Rがモデルチェンジを果たした。新型は装備を充実させ、フロントフォークもアップデートして走りに磨きをかけての登場。2台を乗り比べて、それぞれの特徴を解説する。
文:宮崎敬一郎/木川田ステラ/写真:南 孝幸/森 浩輔

ホンダ「CB650R」「CBR650R」のカラーバリエーション

CB650Rは3色

CB650R マットバリスティックブラックメタリック

画像1: CB650Rは3色

CB650R キャンディークロモスフィアレッド

画像2: CB650Rは3色

CB650R マットジーンズブルーメタリック

画像3: CB650Rは3色

CBR650Rは2色

CBR650R グランプリレッド

画像1: CBR650Rは2色

CBR650R マットバリスティックブラックメタリック 

画像2: CBR650Rは2色

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

お好きなモデルをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像2: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R キャンディークロモスフィアレッド
  • 画像3: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R マットジーンズブルーメタリック
  • 画像4: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CBR650R グランプリレッド
  • 画像5: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CBR650R マットバリスティックブラックメタリック 
  • 画像6: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R マットバリスティックブラックメタリック
    19
    507
  • 画像7: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R キャンディークロモスフィアレッド
    16
    426
  • 画像8: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CB650R マットジーンズブルーメタリック
    21
    570
  • 画像9: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CBR650R グランプリレッド
    27
    728
  • 画像10: ホンダ「CB650R」「CBR650R」比較インプレ(2021年)モデルチェンジした新型はサスペンションの変更で乗り心地をアップ!
    CBR650R マットバリスティックブラックメタリック 
    18
    493

投票ありがとうございました!

ホンダ「CB650R」「CBR650R」ライディングポジション・足つき性

シート高:810mm
ライダーの身長・体重:176cm・68kg

このCB650Rはごく自然な前傾で、体格に対する自由度もいい。ホールドフィットがよく、街中から峠道までソツなくマッチする。CBR650Rはこれよりハンドルが少し低く、伏せた時の操作がしやすくなっている。

ホンダ「CB650R」「CBR650R」タンデム(2人乗り)チェック

パッセンジャー・木川田ステラの感想

CB650RもCBR650Rもポジションは同じで、ライダーの腰をヒザと太股の中間でがっちり固定する事が出来るニーグリップ位置だったので、体を簡単に安定させる事ができました。グラブバーをつかんでリラックスできるから、爽快な景色を存分に楽しめます。

ホンダ「CB650R」各部装備・ディテール解説

インライン4ユニットは爽快な吹け上がりとフレキシブルなパワー特性が魅力。アシストスリッパークラッチや
HSTCも標準装備する。

今回からショーワ製のSFF-BPフォークに変更、路面追従性を高めながら、サスペンションユニット自体の軽
量化も実現している。

反転表示液晶のユニークなメーターは両車共通。今回から文字のサイズを拡大し、バックライトの照射角度も変
え視認性を向上した。

コンパクトなテールは継承するが、今回からテールカウルとリアフェンダーはよりエッジの効いたものに形状変更、精悍さを増した。

ホンダ「CB650R」「CBR650R」主なスペック・価格

※ベースはCB650R、カッコ内の数値はCBR650R。それ以外は共通

全長×全幅×全高2120×780(750)×1075(1150)mm
ホイールベース1450mm
最低地上高150mm(130mm)
シート高810mm
車両重量201kg(206kg)
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量648cc
ボア×ストローク67.0×46.0mm
圧縮比11.6
最高出力70kW(95PS)/12000rpm
最大トルク64N・m(6.5kg-m)/8500rpm
燃料タンク容量15L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜30'
トレール量101mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17 M/C(58W)・180/55ZR17 M/C (73W)
ブレーキ形式(前・後)Φ310mmダブルディスク・Φ210mmディスク
メーカー希望小売価格97万9000円(105万6000円/108万9000円※レッド)(消費税10%込)

文:宮崎敬一郎、木川田ステラ、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、森 浩輔

This article is a sponsored article by
''.