月刊誌『ミスター・バイクBG』の2021年4月号が全国の書店およびオンライン書店で2月13日に発売しました。特集では、根強い人気を持つ絶版名車ホンダ「CB1100R/F」を徹底解説!

【特集】空冷最速 CB1100R/F

“時代の終焉”に放たれたスーパースポーツ

登場から約40年。ホンダCB1100Rは、現在でも「至高のマシン」として特別な存在です。1980年代初頭、大型4気筒スポーツモデルの覇権争いは「1100cc」が舞台となっていました。後の1980年代半ばから液冷モデルが次々と誕生した事を考えると、限定車のCB1100Rは「空冷時代」のラストを彩ったといえるでしょう。

その特別さとは何なのか。同時代にCB-Fの最大排気量モデルとして登場したCB1100Fと共に比較しつつ、深淵を探ります!

市川 仁が絶版車を斬る kawasaki W650

画像: 市川 仁が絶版車を斬る kawasaki W650

貴重な空冷バーチカルツインとして、独特な鼓動感で楽しませてくれるカワサキW800。そのルーツは、2001年発売のW650でした。

同じエンジンレイアウト・メカニズムでありつつ、排気量が違うこの2台は、走りの印象も異なります。その具体的部分は何なのか、今回も国際A級ライダー市川 仁が、サーキットで検証します。

THE〝FACTORY STOCK〟1981 CB1100R

画像: THE〝FACTORY STOCK〟1981 CB1100R

今回特集にも登場のCB1100Rの詳細を見ると、なかなか興味深いです。1980年代当時、排気量の制限がなかったプロダクションレース(市販車がほぼノーマルの状態で出場するレース)での勝利を主目的に開発。出場を予定していたレースまでの期間が短く、一番最初のモデル(RB1)は予定していたカウルが間に合わず、ノンカウル状態でした。その後正式にカウルを装着したモデルとなったのが、1981年のCB1100R(RB2)。

この限定生産車にも、いかにも人の手で作ったと印象を受ける箇所が沢山。「ずっと乗っていたい」というオーナーが多いモデルの最右翼的存在ですが、まだ日本でも見つかりますよ!

マニアックバイクコレクション

バイクにも流行り廃りはあります。その一つが、フロント16インチホイール。グランプリマシンに採用され、やがて市販車へ(1980年代)。当時は「フロントが切れ込む」なんて言われもしましたが、果たして本当にそうなのか。17インチを体験してきた今だからこそ、見えることってありますよね。ちなみに現行タイヤのラインナップで16インチ用は、ゼロではありません。

「雨は これから」東本昌平 第65話「気のいい榴弾」

画像: 「雨は これから」東本昌平 第65話「気のいい榴弾」

「普通でいられる」ことのシアワセよ。

ミスター・バイクBG』2021年4月号/定価:600円(税込)

【定期購読のお申し込みはこちら】

月額払い:毎号価格
1年講読:7,200円 プラス1号贈呈

WEBミスター・バイクのおすすめ記事

This article is a sponsored article by
''.