ホンダ「VFR800F」ツーリング性能解説

画像: 総排気量:781cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒 シート高:789⇔809mm 車両重量:243kg メーカー希望小売価格:税込144万5400円、写真のパールグレアホワイトは税込152万2400円

総排気量:781cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒
シート高:789⇔809mm
車両重量:243kg

メーカー希望小売価格:税込144万5400円、写真のパールグレアホワイトは税込152万2400円

スーパースポーツV4のツアラー適正の高さ

1980〜90年代に一大勢力を誇った、最強スーパースポーツ・ホンダV4エンジンモデル群も、今ではこのVFR800FとVFR800Xのみ。この800こそ、まさにスポーツツーリングを目指した伝統のモデルと言えるだろう。

エンジンはV型4気筒DOHCユニットで、回転数に応じて2/4バルブを切り替えるハイパーVテックを採用。2バルブ域では厚いトルクと好燃費、4バルブ域ではスーパースポーツ並みのシャープなパワーを発揮。

ハンドリングはかなりのスポーツバイク寄りで、ボリュームあるボディからは想像できないようなシャープな運動性。V4エンジンならではのスリムで剛性の高い車体が、ただのツアラーでないことをうかがわせるのだ。

画像: ホンダ「VFR800F」ツーリング性能解説

もちろん、トラクションコントロールやABSを装備し、シート高は2段階調整、ハンドル位置もオプションのプレートを使用して変更可能とするなど、スーパースポーツをツーリング向けにモディファイしているわけではないパッケージだ。

スポーツツアラーらしく、グリップヒーターとETC車載器、電源供給のアクセサリーソケットも標準装備。ウィンカーオフにボタンプッシュすら不要なオートキャンセラー機構も採用している。

ハイパワーで並列2気筒なみのスリムさに仕上げられるV4エンジンは、戦闘力だけでなく、快適性にも効果は大。V4エンジンはツアラー用エンジンとして生き残っていくかもしれない。

画像: 長い歴史を持つV4エンジンは、ハイパーV-TECを採用、出力と燃費を両立した最新仕様。

長い歴史を持つV4エンジンは、ハイパーV-TECを採用、出力と燃費を両立した最新仕様。

ホンダ「VFR800F」のカラーバリエーション・価格

パールグレアホワイト
税込価格:152万2400円

画像1: ホンダ「VFR800F」のカラーバリエーション・価格

ヴィクトリーレッド
税込価格:144万5400円

画像2: ホンダ「VFR800F」のカラーバリエーション・価格

【アンケート】 あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ホンダ「VFR800F」のツーリング性能を解説! 伝統のV型4気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー
    パールグレアホワイト
  • 画像2: ホンダ「VFR800F」のツーリング性能を解説! 伝統のV型4気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー
    ヴィクトリーレッド
  • 画像3: ホンダ「VFR800F」のツーリング性能を解説! 伝統のV型4気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー
    パールグレアホワイト
    62
    894
  • 画像4: ホンダ「VFR800F」のツーリング性能を解説! 伝統のV型4気筒エンジンを搭載したスポーツツアラー
    ヴィクトリーレッド
    38
    546

投票ありがとうございました!

ホンダ「VFR800F」の主なスペック

全長×全幅×全高2140×750×1210mm
ホイールベース1460mm
最低地上高135mm
シート高789⇔809mm
車両重量243kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブV型4気筒
総排気量781cc
ボア×ストローク72.0×48.0mm
圧縮比11.8
最高出力79kW(107PS)/10250rpm
最大トルク77N・m(7.9kgf・m)/8500rpm
燃料タンク容量21L
変速機形式6速リターン
キャスター角25゜30′
トレール量95mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C(58W)・180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格144万5400円/152万2400円(消費税10%込)

文:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.