2021年1月21日(木)11時、ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表しました。国内メーカー随一のロングセラーモデルとして有終の美を飾るかたちで、「SR400 Final Edition」とともに限定1000台の「SR400 Final Edition Limited」も発売されます。

ヤマハの象徴ともいえる「SR400」の最終モデル

デビューは1978年(昭和53年)。基本設計やスタイリングは初代からそのままに、いつの時代も愛されてきた名車SR400。これまで排ガス規制のたびにキャブレターからFI化、キャニスターの装備などで対応してきましたが、ついにこのときがきました。

ヤマハが正式にファイナルエディションとなるモデルを3機種を発表しました。

SR400 Final Edition(ダークグレー)

SR400 Final Edition(ブルー)

「SR400 Final Edition」は、歴代モデルを彷彿させるグラフィックパターンを採用したシンプルな 「ダークグレー」と、親しみやすく温もりを感じさせる「ブルー」の2色を設定となります。

ヤマハ「SR400ファイナルエディション」の価格・発売日

メーカー希望小売価格:税込60万5000円
発売予定日:2021年3月15日(月)

SR400 Final Edition Limited(ブラック)

そして「SR400 Final Edition Limited」。こちらは「“SR400”の有終の美を飾る、ヤマハのモノ創りを集結させたモデル」と発表。国内1000台限定での発売となります。

ヤマハ「SR400ファイナルエディション リミテッド」の価格・発売日

メーカー希望小売価格:税込74万8000円
発売予定日:2021年3月15日(月)
1000台限定(国内)

「SR400 Final Edition Limited」は、多くの歴代SRファンに愛されてきたブラックを基調としたカラーリング。燃料タンクには、職人の手作業によるサンバースト塗装が施されています。

画像1: ヤマハ「SR400ファイナルエディション リミテッド」の価格・発売日

さらに、シリアルナンバー入りの電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなど専用装備があしらわれました。

画像2: ヤマハ「SR400ファイナルエディション リミテッド」の価格・発売日

発売以来、400ccの空冷ビッグシングル、キックスタートのみの始動、オートバイらしいシンプルなスタイリングを貫き続けてきたSR400。「国内向けSR400は、当モデルを持って生産終了」とヤマハは明言しています。寂しさを感じる方も多いでしょうが、新車で手に入れるにはこれがラストチャンス。

昭和・平成・令和になっても人気モデルであり続けたSR400。ファイナルエディションは、これまで以上の人気モデルとなるはずです。気になった方、お早めの決断をおすすめします。

【アンケート】 あなたはどのモデルが好きですか?

画像13: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売

いいな、と思ったモデルをお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像14: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition(ダークグレー)
  • 画像15: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition(ブルー)
  • 画像16: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition Limited
  • 画像17: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition(ダークグレー)
    22
    756
  • 画像18: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition(ブルー)
    19
    649
  • 画像19: 【生産終了】ヤマハがSR400のファイナルエディションを発表! 43年の歴史に幕、特別仕様車「SR400 Final Edition Limited」を1000台限定で発売
    SR400 Final Edition Limited
    59
    2038

投票ありがとうございました!

画像: SR400 Final Edition Movie   ヤマハ発動機 www.youtube.com

SR400 Final Edition Movie   ヤマハ発動機

www.youtube.com

ヤマハ「SR400 Final Edition」「SR400 Final Edition Limited」主なスペック・価格

全長×全幅×全高2085×750×1100mm
ホイールベース1410mm
最低地上高130mm
シート高790mm
車両重量175kg
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量399cc
ボア×ストローク87.0×67.2mm
圧縮比8.5
最高出力18kW(24PS)/6500rpm
最大トルク28N・m(2.9kgf・m)/3000rpm
燃料タンク容量12L
変速機形式5速リターン
キャスター角27゜40'
トレール量111mm
タイヤサイズ(前・後)90/100-18M/C 54S・110/90-18M/C 61S(前後チューブタイプ)
ブレーキ形式(前・後)シングルディスク・ドラム
メーカー希望小売価格60万5000円《リミテッドは74万8000円》(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.