2020年10月30日21時(日本時間)、英国のバイクメーカー・トライアンフがブランニューモデルとなる「トライデント660」を発表しました!

トライアンフ「トライデント660」の発売日と価格

トライアンフは、3気筒エンジンを搭載したミドルクラスのニューモデルに関して、2020年8月・9月と連続でプロトタイプを発表してきました。

そして10月30日、ついにその全貌が明らかに。合わせて、日本での発売日・価格も決定しております。

画像: トライアンフ「トライデント660」の発売日と価格

車名:TRIDENT 660
メーカー希望小売価格:税込97万9000円
発売日:2021年1月23日(土)

開発にあたり4年の歳月をかけてきたニューモデルは、新たな世界戦略車を目指すミドルウェイトロードスター。大型バイクの価格高騰が進む昨今で、日本での販売価格は100万円を切ったというのが第一の注目ポイントでしょう。

画像: New Triumph Trident 660 www.youtube.com

New Triumph Trident 660

www.youtube.com

それでは特徴を紹介します!

トライアンフ「トライデント660」の特徴

スタイリング、カラーバリエーション

画像1: スタイリング、カラーバリエーション

トライアンフが「ミドルウェイトロードスター」と称す、トライデント660は、一般的なカテゴリーでいうと、ネオクラシックに該当しそうです。

丸目一灯のLEDヘッドライト、ニュートラルなポジションで乗れるハンドルやシート、ステップ位置。そして、660cc3気筒エンジンを搭載していながら、装備重量189kgという軽量さも魅力でしょう。

画像2: スタイリング、カラーバリエーション

シート高は805mm。シート形状からして、脚を下ろしやすそうで、数値以上に足つきはよく感じられそう。総じて、大型バイク初心者の方でもフレンドリーに扱える仕上がりとなっていそうです。

カラーは一挙に4色発表されました。スタイリング、カラーリングともにトライアンフならではの、スポーティかつ気品を感じさせるデザインとなっています。

画像: シルバーアイス&ディアブロレッド

シルバーアイス&ディアブロレッド

画像: マットジェットブラック&マットシルバーアイス

マットジェットブラック&マットシルバーアイス

画像: クリスタルホワイト

クリスタルホワイト

画像: サファイアブラック

サファイアブラック

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

一番好きなカラーをお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像4: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    シルバーアイス&ディアブロレッド
  • 画像5: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    マットジェットブラック&マットシルバーアイス
  • 画像6: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    クリスタルホワイト
  • 画像7: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    サファイアブラック
  • 画像8: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    シルバーアイス&ディアブロレッド
    26
    235
  • 画像9: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    マットジェットブラック&マットシルバーアイス
    40
    370
  • 画像10: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    クリスタルホワイト
    19
    178
  • 画像11: 【2021速報】トライアンフが新型車「トライデント660」を正式発表! 日本では100万円をきって2021年1月に発売!
    サファイアブラック
    14
    132

投票ありがとうございました!

エンジン

エンジンは新設計の水冷4ストDOHC4バルブ並列3気筒。総排気量660cc。
最高出力は81PS/10250rpm 、最大トルクは64Nm/6,250rpmを発揮。ほぼすべての回転域で最大トルクの90%以上が得られるとのことで、力強いトルク感が堪能できそうです。

画像1: エンジン

サイレンサーもトライデント660に合わせて造られた新型。特徴である3気筒エンジンを引き立てる深いサウンドが特長とのこと。流行りのショートタイプのデザインで、後輪周りがすっきりとしています。

画像2: エンジン

ミッションは6速で、アシストスリッパークラッチを標準装備。クイックシフターはアップ&ダウンに対応するものをオプションで用意しています。

サスペンション、タイヤ、ブレーキ

サスペンションは前後ショーワ製を採用。フロントフォークは倒立式。トラベル量は120mm。リアサスペンションは、プリロード調整機能を搭載するモノショック。トラベル量は133.5mmです。

タイヤサイズは、前後17インチ。ミシュランのスポーツツーリングタイヤ「ロード5」を履いています。

ブレーキはニッシン製。フロントはΦ310mmダブルディスクで2ピストンキャリパー。リアはΦ255mmシングルディスクでシングルキャリパー。もちろん前後ともにABSを搭載。

電子制御システム

トラクションコントロールとスロットルマップの調整が可能。ライディングモードは「ロード」と「レイン」の2種類。

メーターはシンプルな丸型。ですがTFT液晶を採用した最新のもの。Bluetoothを内蔵していて、スマホやGoProとの接続が可能となっています。

メンテナンス性、カスタム

最新のトレンドである装備をしっかりと押さえながら、価格が魅力的なトライデント660。

画像: メンテナンス性、カスタム

無駄をそぎ落としたデザインは、メンテナンス性の高さにも繋がっており、トライアンフは、3年間の定期点検において、同カテゴリーで最小レベルの点検時間工数だと発表。所有後のことを考えると、大きなメリットといえそうです。

画像: 純正アクセサリーによるカスタマイズサンプル

純正アクセサリーによるカスタマイズサンプル

また、トライアンフは、すでに45種類の純正専用アクセサリーを用意。実用的なグリップヒーターやグラブバーをはじめ、バーエンドミラーやメーターバイザーなどもラインナップ。

カスタムをおもいっきり楽しむバイクとしても魅力的な一台です。

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.