新色は「YZF-R1」と同じヤマハレーシングブルーを採用

画像: 新色は「YZF-R1」と同じヤマハレーシングブルーを採用

2020年3月5日(木)、ヤマハが、水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒・4バルブ・688cc・270度クランクエンジンを搭載するロードスポーツ「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表しました。

従来モデルとの主な変更点は、カラーリング展開となります。

新色の「ブルー」は、ヤマハが誇るスーパースポーツのフラッグシップモデル「YZF-R1」の2020年モデルとリレーションを高めるため、ヤマハレーシングブルーをベースにマットグレーを組み合わせています。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

なお、「マットライトグレー」と「マットダークグレー」は継続して販売されます。

マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)

マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

メーカー希望小売価格はいずれも税込79万2000円、新色のブルーは2020年3月28日(土)発売予定です。

YAMAHA「MT-07 ABS」主なスペックと価格

全長×全幅×全高2085×745×1090mm
ホイールベース1400mm
最低地上高140mm
シート高805mm
車両重量183kg
エンジン形式水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量688cc
ボア×ストローク80.0×68.5mm
圧縮比11.5
最高出力54kW(73PS)/9000rpm
最大トルク68N・m(6.9kgf・m)/6500rpm
燃料タンク容量13L
変速機形式6速リターン
キャスター角24°50′
トレール量90mm
タイヤサイズ(前・後)120/70ZR17M/C (58W)・ 180/55ZR17M/C (73W)
ブレーキ形式(前・後)ダブルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格(消費税10%込)79万2000円

【アンケート】あなたはどちらのMT-07 ABSがお好き?

画像13: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ

自分が乗るならこの色! と思ったカラーをひとつお選びください。
投票後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトで参加できます。

  • 画像14: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
  • 画像15: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
  • 画像16: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
  • 画像17: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
    49
    166
  • 画像18: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー)
    33
    113
  • 画像19: ヤマハが「MT-07 ABS」の2020年モデルを発表! 新色のブルーを新たにラインナップ
    マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
    18
    61

投票、どうもありがとうございました!

まとめ:西野鉄兵

ヤマハ「MT-07 ABS」2019年モデルのカラーはこちら!

ヤマハ「MT-09 ABS」の2020年モデルは2月25日に発売された!

ヤマハ「XSR700 ABS」の2020年モデルも3月5日に発表された!

ヤマハ「MT-07 ABS」試乗インプレ

This article is a sponsored article by
''.