車体まで一新して2019年に登場した新生Wシリーズ。「ストリート」「カフェ」というラインアップに、今回王道モデルたるスタンダードが追加になった。
フロント19インチ採用の、ゆったりしたハンドリングが魅力のクラシックロードスターの乗り味はいかに?

フロント19インチ採用でゆとりある走りを楽しめる!

2019年春に発売された「ストリート」「カフェ」に続いて、ベーシックモデルの「W800」が2019年12月1日に追加ラインアップされた。

画像: W800 STREET/税込101万2,000円

W800 STREET/税込101万2,000円

画像: W800 CAFE/税込113万3,000円

W800 CAFE/税込113万3,000円

画像: W800/税込110万円

W800/税込110万円

大きな違いはフロントホイール径で、18インチのW800ストリート・W800カフェに対し、W800は19インチ。原点であるいにしえの名車・W1シリーズやW650、2016年まで売られていた先代のW800と同じだ。

狙いは、郷愁溢れるW1シリーズの魅力でもあった、あの均整の取れた姿への復古。近年のWも、高いステアリングヘッド位置など、かつてのW1にインスピレーションを得たビンテージなバイクデザインを意識して造られている。つまり「原点回帰」バージョン。

価格設定はストリートとカフェの中間となっている。この姿が心に響けば、ベーシックモデルを選べ! というカワサキの主張である。

画像1: フロント19インチ採用でゆとりある走りを楽しめる!

実際のところ、たった1インチの違いだが、タイヤとエンジンやステアリングとの空間にムダがなくなり、随分紳士的になっている。

加えて、ただホイールを大きくしたわけではなく、キャスター、トレールなども変えており、18インチのストリートなどに比べると低速域でフロントの入りが強めになっているが、切れ込むような感じではない。

一方で、70〜80㎞/h以上から100㎞/hあたりで巡航するクルマを追い越すような場合のステアリングの節度と粘りはずっとしっかりしていて、気分的には大らか。感触的には落ち着きが増している。

画像2: フロント19インチ採用でゆとりある走りを楽しめる!

フロントの接地面が小さくなったデメリットはほぼ感じないだろう。

ハードなコーナリングやブレーキングをコーナー進入の途中まで残す操作のときに差が出るが、このバイクの許容バンク角を考えたら、そんな状況になることはまずないからだ。

個体差かもしれないが、今回の試乗車は、これまで乗ったストリートやカフェより排気音が野太く、パルス感も切れが良く、それでいて外から聞いてもうるさく感じなかった。

画像3: フロント19インチ採用でゆとりある走りを楽しめる!

5速・1500回転で流すこともできるトルクがあり、街中だと3、4速で多用する2000〜4000回転では心地よいパルスを楽しめる。

ちなみに100km/h・5速の回転は3500回転強。5000回転以上回すと振動などはスッと消えるが、ストリートやカフェに比べ、心地よいレベルの振動は残っていた。

19インチ化と短いハンドルは、安定性とツインの味に対して共にいい働きをしている。懐かしさを感じさせるバイクだった。

カワサキW800 のライディングポジションと足つき性

ライダーの身長176cm・体重68kg

画像: カワサキW800 のライディングポジションと足つき性

ハンドル位置は「ストリート」より低いが極めて自然なポジション。椅子に座ったような気楽な感じだ。センターやサイドのスタンドフックが裾に引っ掛かりやすいので注意が必要だが、足つきは良好。

乗り心地はソフトで快適。シートの厚み・クッション性も十分で疲れずに楽だった。

Kawasaki W800 主なスペックと価格

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2190×790×1075㎜
ホイールベース 1465㎜
シート高 790㎜
最低地上高 125㎜
車両重量 226㎏
エンジン形式 空冷4ストOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 773㏄
ボア×ストローク 77×83㎜
圧縮比 8.4
最高出力 52PS/6500rpm
最大トルク 6.3㎏-m/4800rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 15L
キャスター角/トレール量 27度/108㎜
変速機形式 5速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ディスク・φ270㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 100/90-19・130/80-18
税込価格:110万円
発売日:2019年12月1日

木川田ステラのタンデムチェック!

画像: 木川田ステラのタンデムチェック!

柔らかくて心地よいシートでリラックスできたので、Wらしいエンジンのパルス感をタンデムでも楽しめ、力強いトルクを存分に味わう事ができました。

足元は一見狭そうに見えますが、実際は余裕たっぷりです。両側に備わったグラブバーもしっかりしていてつかみやすく、ライダーが飛ばしても安心して乗る事ができます。

足つきも想像以上に良く、大きく重いはずの車体が自分に馴染んでくれるかのようでした。

DETAILS 各部解説

画像: フロント19インチ採用で、クラシックロードスターらしい風貌を見せる。ボディカラーは「メタリックダークグリーン」1色のみの設定だ。

フロント19インチ採用で、クラシックロードスターらしい風貌を見せる。ボディカラーは「メタリックダークグリーン」1色のみの設定だ。

画像: スタンダードなW800は19インチホイールでゆったりとしたハンドリングに。フロントブレーキはφ320㎜ローターを採用。

スタンダードなW800は19インチホイールでゆったりとしたハンドリングに。フロントブレーキはφ320㎜ローターを採用。

画像: クラシカルな造形の空冷バーチカルツインだが、バランサーシャフト、アシストスリッパークラッチも備える現代的な造り。

クラシカルな造形の空冷バーチカルツインだが、バランサーシャフト、アシストスリッパークラッチも備える現代的な造り。

画像: 前後共にアルミリムを使用した軽量なスポークホイール、リアブレーキはφ270㎜ローターを採用。リアサスは硬めの設定。

前後共にアルミリムを使用した軽量なスポークホイール、リアブレーキはφ270㎜ローターを採用。リアサスは硬めの設定。

画像: メッキ仕上げのリアフェンダーに、クラシカルな逆三角形形状のテールランプがよく似合っている。

メッキ仕上げのリアフェンダーに、クラシカルな逆三角形形状のテールランプがよく似合っている。

画像: 座面をタックロール仕上げとしたクラシカルなスタイルのシート。前端を細く絞ることで良好な足着き性を確保する。シート高は790㎜。

座面をタックロール仕上げとしたクラシカルなスタイルのシート。前端を細く絞ることで良好な足着き性を確保する。シート高は790㎜。

画像: シートはキー操作で取り外すことができ、シート下には標準装備であるETC2.0車載器が装着されている。

シートはキー操作で取り外すことができ、シート下には標準装備であるETC2.0車載器が装着されている。

画像: スリムなチャンバーと長いテールパイプを持つメッキ仕上げのサイレンサーが、クラシカルなスタイルにマッチする。

スリムなチャンバーと長いテールパイプを持つメッキ仕上げのサイレンサーが、クラシカルなスタイルにマッチする。

画像: アナログ速度計&回転計の2連メーターそのものはシリーズ共通。盤面はストリート、カフェのいずれとも異なる専用デザイン。

アナログ速度計&回転計の2連メーターそのものはシリーズ共通。盤面はストリート、カフェのいずれとも異なる専用デザイン。

画像: レトロな大径ライトケースに現代的なLEDライトを組み合わせる。メッキ仕上げのヘッドライトリングなど仕上げも上質。

レトロな大径ライトケースに現代的なLEDライトを組み合わせる。メッキ仕上げのヘッドライトリングなど仕上げも上質。

画像: 容量15Lの美しい曲面の燃料タンクにはクラシカルなメッキエンブレムが映える。ニーパッドはカフェと共通のものを装着する。

容量15Lの美しい曲面の燃料タンクにはクラシカルなメッキエンブレムが映える。ニーパッドはカフェと共通のものを装着する。

W650から受け継がれるベベルギア駆動のSOHC4バルブヘッドを採用。ロングストローク設定で低中回転域のパワーを重視。

画像: 現行のW800シリーズで唯一、メンテナンスなどにも活用できるセンタースタンドを標準で装備しているのも特徴だ。

現行のW800シリーズで唯一、メンテナンスなどにも活用できるセンタースタンドを標準で装備しているのも特徴だ。

文:宮崎敬一郎/写真:赤松孝

おすすめ関連記事

W800ストリート・W800カフェ

月刊オートバイでは毎号、最新機種の試乗インプレを多数掲載!

This article is a sponsored article by
''.