Gold WingTourでは、前後サスペンション・セッティングの最適化や、リアグリップの形状変更も。エアバッグ装着車は、FIとDCTのセッティングも変更

ホンダが大型プレミアムツアラー「Gold Wing」(ゴールドウイング)シリーズの最新モデルを正式発表しました。

10月24日から11月4日に開催された東京モーターショー2019で日本初公開されたカラーを含む、ニューモデルとなります。

ゴールドウイング カラー:マットバリスティックブラックメタリック

今回の主な変更点は、まず、カラーバリエーションラインナップ。ゴールドウイングは、精悍な印象のマットバリスティックブラックメタリックを新たに採用。継続色のマットマジェスティックシルバーメタリックとあわせ、全2色の設定としています。

ゴールドウイング ツアー カラー:パールグレアホワイト(ストライプ)

ゴールドウイングツアーは、スポーティーな印象のストライプを施したパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。継続色のダークネスブラックメタリック、キャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトとあわせ、全4色を設定。

ゴールドウイングツアー デュアルクラッチトランスミッション<AIRBAG> カラー:ダークネスブラックメタリック(ツートーン)

また、ゴールドウイングツアー デュアルクラッチトランスミッション<AIRBAG>には、上記のパールグレアホワイト(ストライプ)と、高級感を醸し出すダークネスブラックメタリック(ツートーン)を新たに採用し、継続色のキャンディーアーダントレッド(ツートーン)、パールグレアホワイトとあわせ、全4色の設定としています。

ゴールドウイング デュアルクラッチトランスミッション カラー:マットマジェスティックシルバーメタリック

仕様面での変更は、ゴールドウイングシリーズの左側サドルバッグ内にUSBケーブルを標準装備。

ゴールドウイングツアーでは、前後サスペンションのセッティングを最適化することで、より上質な乗り心地を追求するとともに、リアグリップの形状を変更することで、パッセンジャー乗車時の安心感をより高めています。

ゴールドウイングツアー デュアルクラッチトランスミッション<AIRBAG> カラー:パールグレアホワイト(ストライプ)

また、ゴールドウイングツアー デュアルクラッチトランスミッション<AIRBAG>では、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)とデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のセッティングを変更することで、低速域での扱いやすさをより向上させています。

それぞれの価格は下記の通りで、「ゴールドウイング ツアー」は 2020年1月24日(金)発売予定。「ゴールドウイング」は2020年2 月14日(金)の発売予定です。

Gold Wingメーカー希望小売価格(税込)
マットバリスティックブラックメタリック 【新採用】2,787,400円
マットマジェスティックシルバーメタリック2,787,400円
caption
Gold Wing Dual Clutch Transmissionメーカー希望小売価格(税込)
マットバリスティックブラックメタリック 【新採用】2,930,400円
マットマジェスティックシルバーメタリック2,930,400円
caption
Gold Wing Tourメーカー希望小売価格(税込)
パールグレアホワイト(ストライプ) 【新採用】3,018,400円
ダークネスブラックメタリック3,018,400円
キャンディーアーダントレッド3,018,400円
パールグレアホワイト3,018,400円
caption
Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission <AIRBAG>メーカー希望小売価格(税込)
パールグレアホワイト(ストライプ) 【新採用】3,381,400円
ダークネスブラックメタリック(ツートーン) 【新採用】3,381,400円
キャンディーアーダントレッド(ツートーン)3,381,400円
パールグレアホワイト3,381,400円
caption

ホンダ「Gold Wing」の主なスペック

※《 》内は「Gold Wing Dual Clutch Transmission」
 
全長×全幅×全高:2,475×925《905》×1,340(スクリーン最上位置1,445)mm
ホイールベース:1,695mm
最低地上高:130mm
シート高:745mm
車両重量:365《364》kg
エンジン形式:水冷4ストOHC水平対向6気筒
総排気量:1,833cc
ボア×ストローク:73.0×73.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:93kW(126PS)/5,500rpm
最大トルク:170N・m(17.3kgf・m)/4,500rpm
燃料タンク容量:21L
変速機形式:6速リターン《電子式7段変速(DCT)》
キャスター角:30.30゜
トレール量:109mm
タイヤサイズ(前・後):130/70R18M/C 63H・200/55R16M/C 77H
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

ホンダ「Gold Wing Tour」の主なスペック

※《 》内はGold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>
 
全長×全幅×全高:2,575×925《905》×1,430(スクリーン最上位置1,555)mm
ホイールベース:1,695mm
最低地上高:130mm
シート高:745mm
車両重量:379《383》kg
エンジン形式:水冷4ストOHC水平対向6気筒
総排気量:1,833cc
ボア×ストローク:73.0×73.0mm
圧縮比:10.5
最高出力:93kW(126PS)/5,500rpm
最大トルク:170N・m(17.3kgf・m)/4,500rpm
燃料タンク容量:21L
変速機形式:6速リターン《電子式7段変速(DCT)》
キャスター角:30.30゜
トレール量:109mm
タイヤサイズ(前・後):130/70R18M/C 63H・200/55R16M/C 77H
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

【カラー・アンケート!】 
ホンダ「Gold Wing」あなたはどちらの色が好きですか?

いいな、と思ったカラーをお選びください。回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトでのみ参加できます。

  • 画像2: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    マットバリスティックブラックメタリック 【新採用】
  • 画像3: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    マットマジェスティックシルバーメタリック
  • 画像4: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    マットバリスティックブラックメタリック 【新採用】
    66
    137
  • 画像5: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    マットマジェスティックシルバーメタリック
    34
    70

ご回答ありがとうございました!

【カラー・アンケート!】  
ホンダ「Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>」あなたは何色派ですか?

いいな、と思ったカラーをお選びください。回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトでのみ参加できます。

  • 画像6: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    パールグレアホワイト(ストライプ) 【新採用】
  • 画像7: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    ダークネスブラックメタリック(ツートーン) 【新採用】
  • 画像8: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    キャンディーアーダントレッド(ツートーン)
  • 画像9: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    パールグレアホワイト
  • 画像10: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    パールグレアホワイト(ストライプ) 【新採用】
    40
    94
  • 画像11: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    ダークネスブラックメタリック(ツートーン) 【新採用】
    20
    47
  • 画像12: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    キャンディーアーダントレッド(ツートーン)
    23
    54
  • 画像13: ホンダが「ゴールドウイング」シリーズの最新モデルを発表! カラーバリエーションの変更とともに熟成を図る
    パールグレアホワイト
    16
    38

ご回答ありがとうございました!

ホンダ 公式サイト

おすすめ関連記事

This article is a sponsored article by
''.