第15戦タイGPで決めた! 残り4戦残しながら、圧巻のシリーズ制覇!

2019 FIMロードレース世界選手権権シリーズ 第15戦タイGP(10月6日決勝)でレプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス選手が優勝。4年連続6回目のシリーズチャンピオンに輝きました。

画像1: 写真:ホンダ公式サイト www.honda.co.jp

写真:ホンダ公式サイト

www.honda.co.jp

マルケス選手はHondaのワークスマシン「RC213V」を駆り、今シーズンの開幕戦で2位獲得、第2戦で優勝し4連覇に向け順調なスタートを切りました。

第3戦アメリカズGPでは表彰台を逃したものの、その後は優勝8回、2位4回とすべてのレースで表彰台に登壇する安定した戦績でポイントを獲得。全19戦で争われるMotoGPクラスにおいて、残り4戦を残しシリーズチャンピオン獲得を決定しました。

画像2: 写真:ホンダ公式サイト www.honda.co.jp

写真:ホンダ公式サイト

www.honda.co.jp

マルク・マルケス選手のコメント(ホンダの公式発表)

画像3: 写真:ホンダ公式サイト www.honda.co.jp

写真:ホンダ公式サイト

www.honda.co.jp

今年もHondaとともに世界チャンピオンになることができて光栄です。2019年は自分にとって、最も一定したパフォーマンスが出せた一年です。

必要な時に踏ん張ってこのレベルで戦えたのは、Honda、そしてチームの素晴らしい仕事のおかげです。

世界選手権参戦60周年を迎えたHondaのためにMotoGPタイトルを獲得できたことを誇りに思います。

関係者の皆様、そして今シーズンもずっと支えてくれたファンに感謝しています。

ホンダ 公式サイト

This article is a sponsored article by
''.