秋冬アイテムが販売し始めるのは夏の終り頃から。飛ぶ鳥を落とす勢いのワークマンの場合、すでに手に入らなくなっているものもあるかもしれませんが、再入荷も製品によってはありえます。
 
お店で見つけられたら、買っておきたい2019年秋冬アイテムを10製品ご紹介します!

イ-ジス360゜(サンロクマル)リフレクトDENIM(デニム)ジャケット
WM3639/税込6,800円

画像: ① イ-ジス360゜(サンロクマル)リフレクトDENIM(デニム)ジャケット WM3639/税込6,800円

ワークマン製品をライダーへと一気に広めた立役者「イージス」ブランドの最新ジャケットです。

今年は、デニム調のモデルが加わりました。一見シックなルックスですが、360度リフレクト機能を搭載。夜間の運転も安心ですね。

イ-ジス360゜(サンロクマル)リフレクトDENIM(デニム)パンツ
WM3640/税込4,800円

画像: ② イ-ジス360゜(サンロクマル)リフレクトDENIM(デニム)パンツ WM3640/税込4,800円

上のジャケットとぴったり合うパンツも発売されています。

冬物イージスシリーズの特徴は、軽量さと保温性。そして防水性です。

ジャケット・パンツともに耐水圧は10,000mmだというから驚き。軽い雨ならレインスーツを着ることなく、そのまま走れちゃいます!

イージス透湿防水防寒スーツ リフレクト
H300A/税込6,800円

上のデニム仕様のモデルを見て、「あれ、上下で1万円超えちゃうじゃん」なんて思った方、ご安心ください。

ちゃんと、よりお買い求めやすいイージスもございます。

こちらは上下セットで6,800円! 耐水圧は同じく10,000mm。カラーは、ブラック、レッド、ブルーをラインナップ。

デニムモデルと同じく、再帰性反射プリントが施されているので、夜間の被視認性も高くなっています。

フィールドコア CORDURA EURO(コーデュラユーロ)ウォームジャケット
HJ005A/税込2,900円

9月に開催された発表会で、個人的に「見つけることができたら絶対買おっ」とひそかに思っていたジャケット。

アウタージャケットの下に着る保温ミドラーとしてぴったりな製品です。

実物も見ましたが、アウトドアブランドと遜色ないデザインです。動きやすくて温かい。さらに肘には高強度ナイロンの代名詞ともいえるコーデュラ社のナイロンをあて布しています。

ちなみに袖のないベストタイプも同時に登場。そちらは税込1,900円です。

ウィンドコア ヒーターベスト(バッテリーセット)
WZ4000/税込9,800円

バイクウエア業界ですっかり定着した電熱ウエアにも、ワークマンは着手しています。

魅力は何と言ってもやはり、お値段でしょう。バッテリーもセットで税込9,800円は安すぎ(汗)。

温度調節は高温・中温・低温の3段階ででき、それぞれ、約50℃・45℃・40℃の設定。付属のバッテリーでは、温度に合わせ約5時間(高温)・7時間(中温)・17時間(低温)の連続使用が可能です。

中綿入りなので、電池が切れても、そこそこ温かい。

デザインもシンプルで、インナーとして無難ですね。ポケットも備わっているので、使いやすくなっています。

This article is a sponsored article by
''.