各クラスのウイナーの走り&表彰台を紹介!

画像: 各クラスのウイナーの走り&表彰台を紹介!

総合優勝を争う最高峰のA級のレポートに続いて、こちらのフォトレポートではオートバイ杯第3戦のNL・NO級〜B級各クラスのウイナーの走りと、全クラスの入賞者が集まる表彰台、昇格者などをまとめて紹介しましょう!

NL級(ノービス・レディス 出走8台)

画像: NL級1位 石渡愛美&CR85 1分36秒608

NL級1位 石渡愛美&CR85 1分36秒608

画像: 1位・石渡愛美、2位・岡野月子、3位・吉岡由紀子、4位・土橋朋子、5位・草野涼子、6位・朝永昭子 各クラスのウイナーには、ダンロップ賞としてタイヤ1セットが贈られる。

1位・石渡愛美、2位・岡野月子、3位・吉岡由紀子、4位・土橋朋子、5位・草野涼子、6位・朝永昭子 各クラスのウイナーには、ダンロップ賞としてタイヤ1セットが贈られる。

画像: NL級(ノービス・レディス 出走8台)

NO級(ノービス・オープン 出走33台)

画像: NO級1位 ジャオ トン&Z250SL 1分34秒463

NO級1位 ジャオ トン&Z250SL 1分34秒463

第3戦のNO級ウイナーであるジャオ トン選手は、海を越えてはるばる中国から遠征してきた選手。このところ海外での二輪ジムカーナ熱が高まりつつあるが、そんな中でA級・作田選手は、中国のクラブからジムカーナ指導に招かれた。そして今度は「中国の選手を日本で走らせよう」ということになり、ジャオ トン選手が今回オートバイ杯にデビューすることに。そして作田選手が用意したジムカーナ仕様のZ250SLで、日本でのデビュー戦とは思えない走りでクラス優勝! 同時にC2級への昇格も達成! ちなみにトップタイム比は110.79%、C2級昇格基準の115%を切るどころか、C1級昇格基準の110%に届こうかという速さだった。

画像: 1位・シャオ トン、2位・荒井康行、3位・サイ ゼンユ、4位・諸星裕樹、5位・伊藤雅敏、6位・柴原敏夫

1位・シャオ トン、2位・荒井康行、3位・サイ ゼンユ、4位・諸星裕樹、5位・伊藤雅敏、6位・柴原敏夫

画像: NO級(ノービス・オープン 出走33台)

C2級(出走41台)

画像: C2級1位 梅谷吉輝選手&MT-09	1分31秒990

C2級1位 梅谷吉輝選手&MT-09 1分31秒990

画像: 1位・梅谷吉輝、2位・黒瀬裕一郎、3位・和田一樹、4位・加賀進一、5位・山田 翼、6位・大住 佑

1位・梅谷吉輝、2位・黒瀬裕一郎、3位・和田一樹、4位・加賀進一、5位・山田 翼、6位・大住 佑

画像: C2級(出走41台)

C1級(出走37台)

画像: C1級1位 白川晋也&VTR250  1分30秒025

C1級1位 白川晋也&VTR250  1分30秒025

画像: 1位・白川晋也、2位・坂本和信、3位・山田史雄、4位・小笠原雄一、5位・福澤公之、6位・地下和宏

1位・白川晋也、2位・坂本和信、3位・山田史雄、4位・小笠原雄一、5位・福澤公之、6位・地下和宏

画像: C1級(出走37台)

B級(出走21台)

画像: B級1位 三崎雅也選手&DR-Z400SM 1分25秒652

B級1位 三崎雅也選手&DR-Z400SM 1分25秒652

画像: 1位・三崎雅也、2位・片山雄介、3位・関根 健、4位・井伊利光、5位・木村健太、6位・柳田豪悦

1位・三崎雅也、2位・片山雄介、3位・関根 健、4位・井伊利光、5位・木村健太、6位・柳田豪悦

画像: B級(出走21台)

SB級(A〜C2級700cc以上・該当31台)

画像: SB級1位 大越研二選手(A)&GSX-R750 1分27秒118

SB級1位 大越研二選手(A)&GSX-R750 1分27秒118

画像: 1位・大越研二(A)、2位・辻家治彦(A)、3位・関吉美智(A)、4位・大瀧豊明(A)、5位・小崎弘敬(A)、6位・竹村克樹(A)

1位・大越研二(A)、2位・辻家治彦(A)、3位・関吉美智(A)、4位・大瀧豊明(A)、5位・小崎弘敬(A)、6位・竹村克樹(A)

画像: SB級(A〜C2級700cc以上・該当31台)

レディス総合(全クラス女性選手対象・該当22台)

画像: レディス1位 伊藤華子選手(C1)&GSX-R1000 1分32秒732

レディス1位 伊藤華子選手(C1)&GSX-R1000 1分32秒732

画像: 1位・伊藤華子(C1)、2位・山田 翼(C2)、3位・木津屋香織(C1)、4位・本間君枝(C1)、5位・稲田裕子(C2)、6位・中嶋ちはる(C1)

1位・伊藤華子(C1)、2位・山田 翼(C2)、3位・木津屋香織(C1)、4位・本間君枝(C1)、5位・稲田裕子(C2)、6位・中嶋ちはる(C1)

今大会の昇格者(トップタイムに対するタイム比で決定)

画像: ジャオ トン(NO→C2)、荒井康行(NO→C2)、サイ ゼンユ(NO→C2)、諸星祐樹(NO→C2)、梅谷吉輝(C2→C1)、黒瀬裕一郎(C2→C1)、和田一樹(C2→C1)、加賀進一(C2→C1)、山田 翼(C2→C1)、大住 佑(C2→C1)、高橋翔吾(C2→C1)

ジャオ トン(NO→C2)、荒井康行(NO→C2)、サイ ゼンユ(NO→C2)、諸星祐樹(NO→C2)、梅谷吉輝(C2→C1)、黒瀬裕一郎(C2→C1)、和田一樹(C2→C1)、加賀進一(C2→C1)、山田 翼(C2→C1)、大住 佑(C2→C1)、高橋翔吾(C2→C1)

今回ここで紹介した入賞者以外のオートバイ杯ジムカーナ第3戦全参加者の順位や、ヒートごとのタイムなど詳細なリザルトは、JAGEのホームページで確認することが出来る。

This article is a sponsored article by
''.