フルモデルチェンジを果たし、2019年2月に発売されたカワサキ「Z250」。先にフルモデルチェンジしたニンジャ250をベースに、各部をリファインしての登場だ。一体、新型Z250はどのような進化を遂げたのか?

クイックで俊敏な走り、それが“Zの真骨頂”!!

フルカウルでスーパースポーツ的イメージを漂わすニンジャ250に対し、ネイキッドスタイルのストリートモデルと位置付けられるのがZ250。

2019年2月15日に発売された2代目Z250は、2018年2月にフルモデルチェンジされたニンジャ250がベースで、6年前に登場した前モデルとは別物の仕上がりとなった。

画像: Z250/税込59万7,240円

Z250/税込59万7,240円

画像: Ninja 250/税込62万9,640円~

Ninja 250/税込62万9,640円~

前モデルユーザーが最も悔しがるのは、全ての回転域で強化されたエンジン特性だろう。

前モデルは4000回転以下だと少々頼りなく、ゼロ発進時は回転数とクラッチ操作に気を使ったが、新型はアイドリング回転のまま発進できる粘り強さを身に付け、普段使いで常用する中回転域ではスロットル操作に対して即座に反応して力強く加速する。

画像1: クイックで俊敏な走り、それが“Zの真骨頂”!!

これによって発進加速頻度の多い市街地はもちろん、急な上り坂や向かい風の高速道路走行といった、ツーリング中にたびたび遭遇する状況での扱いやすさが格段に向上した。

8000回転あたりからグッとパワーが盛り上がり、13000回転までフリクションを感じさせずに軽く吹け上がる高回転特性はニンジャ譲り。

各ギアの守備範囲が広く、回り込んだコーナーや峠道の連続ターン、サーキット走行でもコーナリング中にシフト操作を強いられる頻度を減らせるのでリズムを崩さずに駆け回れる。

画像2: クイックで俊敏な走り、それが“Zの真骨頂”!!

動力性能のフィーリングはニンジャと同じだが、決定的に違うのがハンドリング。

カウルを取り去ったことでニンジャよりもフロント回りが2㎏軽く、グリップ位置が高く幅広のハンドルには腕の力と上体の重さを伝えやすい。ライダーの操作に対して軽快に鋭く反応するから、ジムカーナ的な走りも得意だ。

普段使いでは上体の前傾度が弱くなり、アイポイントが高くなるので見通しが効くし、ギャップ通過時にフロントから突き上げられても手首や肩、首に掛かる負担も少ない。

画像3: クイックで俊敏な走り、それが“Zの真骨頂”!!

ニンジャと比べると上体に受ける風圧が大きくて直進安定性もやや弱まっているが、エンジン振動の少なさ、吸排気音の静かさと併せ、高速道路での110km/h以下のクルージングも実に快適だった。

ニンジャと乗り換えながら試乗したが、公道での走りは甲乙付けがたい。より高い速度域での快適さを重視するならニンジャ、普段使いなら軽快なフットワークで適度な風を感じるZが魅力的だ。

文:太田安治、編集部/写真:南 孝幸、森 浩輔

KAWASAKI「Z250」主なスペックと価格

全長x全幅×全高:1990x800x1060㎜
ホイールベース:1370㎜
シート高:795㎜
車両重量:164㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量:248㏄
ボア×ストローク:62x41.2㎜
圧縮比:11.6:1
最高出力:37PS/12500rpm
最大トルク:2.3kg-m/10500rpm
燃料供給方式:FI
燃料タンク容量:14L
キャスター角/トレール:24.5度/92㎜
変速機形式:6速リターン
ブレーキ形式 前・後:φ310㎜ディスク・φ220㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後:110/70-17・140/70-17
メーカー希望小売価格:税込59万7,240円

カワサキ「Z250」の各部をチェック!

画像1: カワサキ「Z250」の各部をチェック!

Z1000を頂点とする、ストリートファイター系のフォルムは踏襲。ボディカラーはホワイトとレッドの2色をラインアップしている。逆スラント形状のシュラウドはZシリーズに共通する「Sugomiデザイン」。テールランプはニンジャ同様、ZX-10RタイプのLED。

画像2: カワサキ「Z250」の各部をチェック!
画像: 精悍な顔つきを演出するヘッドライトは上下2眼式のLED。メーターバイザーの形状にZシリーズのDNAが色濃く反映されている。

精悍な顔つきを演出するヘッドライトは上下2眼式のLED。メーターバイザーの形状にZシリーズのDNAが色濃く反映されている。

画像: メーター中央にギアポジションを表示し、オド、ツイントリップ、瞬間&平均燃費などを表示。タコメーターは3種類の表示モード。

メーター中央にギアポジションを表示し、オド、ツイントリップ、瞬間&平均燃費などを表示。タコメーターは3種類の表示モード。

画像: エンジンは新設計の並列ツイン。サブスロットルを廃して高回転域の出力特性を向上。アシスト&スリッパークラッチを採用した。

エンジンは新設計の並列ツイン。サブスロットルを廃して高回転域の出力特性を向上。アシスト&スリッパークラッチを採用した。

画像: シート高795㎜という数字以上に足つきのいいシート。旧型よりもシート幅が約30㎜せばめられていて、足が降ろしやすいのが特徴。

シート高795㎜という数字以上に足つきのいいシート。旧型よりもシート幅が約30㎜せばめられていて、足が降ろしやすいのが特徴。

足つき性&ポジションチェック!(身長:176㎝/体重:62㎏)

画像: 足つき性&ポジションチェック!(身長:176㎝/体重:62㎏)

ごく軽い前傾姿勢はストリートライディングに最適。着座位置の自由度が少ないように見えるが、伏せ姿勢を取っても窮屈さはない。メインフレームとエンジンの幅が狭いので足着き性はカタログ値以上に良好だ。

カワサキ「Z250」公式サイト

2019年モデルの250ccをお探しなら、この一冊におまかせあれ!

オートバイ 250cc&400cc購入ガイド 2019 (Motor Magazine Mook BUYERS GUIDE SE)

モーターマガジン社 (2019-04-22)
売り上げランキング: 42,335

This article is a sponsored article by
''.