新色のブルーが加わってラインナップは、色の三原色になりました!

2018年7月の発売以降、好評を得ているホンダ「モンキー125」に新色が加わります。

新色は、遊び心を刺激する爽やかな「パールグリッターリングブルー」。

画像: モンキー125/パールグリッターリングブルー

モンキー125/パールグリッターリングブルー

継続色の「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」と合わせて、全3色のカラーバリエーションとしています。

画像: モンキー125/パールネビュラレッド

モンキー125/パールネビュラレッド

モンキー125は、初代モデルの「モンキーZ50M」より連綿と引き継がれているスタイリングを踏襲しつつ、現代の使い勝手に合わせて進化を遂げた原付二種モデル。

画像: モンキー125/バナナイエロー

モンキー125/バナナイエロー

扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを搭載し、タイヤは12インチのブロックパターンタイプを採用。

さらに剛性感のあるフロントの倒立フォークや前後ディスクブレーキ、クッション性に優れたシート、スチール製のクローム仕上げのフェンダーやマフラーカバーなどクラスを越えた上質な装備をまとっています。

画像: モンキー125<ABS>/パールグリッターリングブルー

モンキー125<ABS>/パールグリッターリングブルー

新色の「パールグリッターリングブルー」は、7月26日(金)に発売開始。価格はモンキー125が税込39万9,600円。モンキー125<ABS>が、税込43万2,000円です。

ホンダ「モンキー125」スペックと価格

全長×全幅×全高:1,710×755×1,030mm
ホイールベース:1,155㎜
最低地上高:160㎜
シート高:775㎜
車両重量:105㎏〔ABS仕様は107kg〕
エンジン形式:空冷4ストOHC単気筒
総排気量:124㏄
ボア×ストローク:52.4×57.9㎜
圧縮比:9.3
最高出力:6.9kW(9.4PS)/7,000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m)/5,250rpm
燃料タンク容量:5.6L
変速機形式:4速リターン
キャスター角:25.00゜
トレール量:82㎜
タイヤサイズ(前・後):120/80-12 65J・130/80-12 69J
ブレーキ形式(前・後):シングルディスク・シングルディスク
メーカー希望小売価格:税込39万9,600円〔ABS仕様は43万2,000円〕

【アンケート!】ホンダ「モンキー125」あなたはどの色が好きですか?

お好きなカラーをポチっと選んでください。直感でもOKです。
ご回答後、集計結果をご覧いただけます。
このアンケートはオリジナルサイトでのみ参加できます。

  • 画像1: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    新色 パールグリッターリングブルー
  • 画像2: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    継続色 パールネビュラレッド
  • 画像3: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    継続色 バナナイエロー
  • 画像4: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    新色 パールグリッターリングブルー
    39
    290
  • 画像5: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    継続色 パールネビュラレッド
    24
    178
  • 画像6: ホンダの原付二種「モンキー125」の新色がいよいよ発売開始! カラバリは計3色に! あなたはどの色が好みですか?
    継続色 バナナイエロー
    37
    274

ご回答ありがとうございました! しばらくたったのち、またこのページを見ていただくと、より人気投票の結果が分かりやすくなります!

Honda Monkey125 公式サイト

This article is a sponsored article by
''.