2019年モデルはブルー、ホワイト、ブラック/レッドの展開!

スズキのスーパースポーツのフラッグシップモデル「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジを遂げ、2019年4月25日(木)から発売されます。

画像1: 2019年モデルはブルー、ホワイト、ブラック/レッドの展開!

GSX-R1000R ABSはm「No.1スポーツバイク」をコンセプトに、MotoGPで培った技術を多分に採用したGSX-R史上最もパワフルなマシン。排気量999ccの水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載しています。

画像2: 2019年モデルはブルー、ホワイト、ブラック/レッドの展開!

この2019年モデルはタイヤが「ブリヂストン BATTLAX RACING STREET RS10」から「RS11」に変更され、フロントブレーキホースもステンレスメッシュが採用されました。

画像3: 2019年モデルはブルー、ホワイト、ブラック/レッドの展開!

さらにETC2.0の車載器を標準装備。車体色は青 (トリトンブルーメタリック)、黒/赤 (グラススパークルブラック/パールミラレッド)、白 (パールグレッシャーホワイト) の3色で、マフラーボディ色、マフラーカバーも変更されています。

メーカー希望小売価格は税込211万6,800円です。

アンケート! 最新「GSX-R1000R ABS」どの色が好き?

直感でOK! お好きな色をお選びください♪

※このアンケートはオリジナルサイトでのみ参加できます。

  • 画像4: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    トリトンブルーメタリック
  • 画像5: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    グラススパークルブラック/パールミラレッド
  • 画像6: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    パールグレッシャーホワイト
  • 画像7: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    トリトンブルーメタリック
    32
    299
  • 画像8: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    グラススパークルブラック/パールミラレッド
    48
    449
  • 画像9: スズキ「GSX-R1000R ABS」がマイナーチェンジ! カラバリとともに、タイヤの変更、ETC2.0車載器も標準装備!
    パールグレッシャーホワイト
    20
    185

ご回答、ありがとうございました!

主なスペック

【主要諸元:SPECIFICATIONS】
全長×全幅×全高:2,075×705×1,145mm
ホイールベース:1,420㎜
最低地上高:130㎜
シート高:825㎜
車両重量:203㎏
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量:999㏄
ボア×ストローク:76.0×55.1㎜
圧縮比:13.2
最高出力:145kW(197PS)/13,200rpm
最大トルク:117N・m(11.9kgf・m)/10,800rpm
燃料タンク容量:16L
変速機形式:6速リターン
キャスター角:23.20゜
トレール量:95㎜
タイヤサイズ(前・後):120/70 ZR17M/C(58W)・190/55 ZR17M/C(75W)
ブレーキ形式(前・後):ダブルディスク・シングルディスク

ちなみに2018年モデルはこの三色での展開でした。

スズキ 公式サイト

This article is a sponsored article by
''.