ホンダの新型ミドルクロスオーバーモデル「NX400」が2024年4月に発売された。前モデルの400Xの美点を引き継ぎながら、洗練された新スタイリングと装備の充実を図った、円熟の一台だ。
文:太田安治、オートバイ編集部/写真:南 孝幸、島村栄二

ホンダ「NX400」インプレ(太田安治)

画像: Honda NX400 2024年モデル 総排気量:399cc エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒 シート高:800mm 車両重量:196kg 発売日:2024年4月18日 税込価格:89万1000円

Honda NX400
2024年モデル

総排気量:399cc
エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ並列2気筒
シート高:800mm
車両重量:196kg

発売日:2024年4月18日
税込価格:89万1000円

日本の道によく合った優等生オールラウンダー

ホンダのオートバイに「誰でもどこでも乗りやすい」というイメージを持つライダーは多いだろう。特にCB400SF/SBはその優等生的キャラクターが絶賛されたが、CBの生産終了によって新世代の優等生候補に挙げられているのがCBR400Rと、その兄弟車であり、2024年型で車名も「400X」から変更された「NX400」だ。

エンジン/車体の基本コンポーネンツはCBRと共通だが、フロントホイールは大径の19インチを採用。幅広で高い位置にセットされたハンドル、風防性能の高いフロントカウルと併せ、400ccクラスには少ないアドベンチャールックに仕立てられている。

まず感心するのはクルージングでの快適さ。前後サスの動きがスムーズで、路面のギャップを見つけて身構えても、何事もないように通過する。これはサスペンション設定と標準装着タイヤ、車体剛性、座面が広くて座り心地のいいシートの総合力。ギャップの多い市街地、高速道路高架部分の継ぎ目、荒れた舗装林道でも路面状況に過敏にならず、気持ちに余裕を持って走り抜けられる。

画像: ホンダ「NX400」インプレ(太田安治)

並列2気筒エンジンは180度クランクを採用。発進直後の2000回転台からレッドゾーンの始まる1万回転までフリクションを感じさせずに回転が上昇し、どの回転域でも不快な振動は出ない。高速道路の100km/hクルージング時は約5400回転で、「タララッ…」といった軽い排気音を響かせながら穏やかに回り、120km/h区間でもエンジンの「回っている感」はない。

逆に言えば、パワーの盛り上がりと鼓動感が希薄な大人しい特性なのだが、それ故に圧倒的に扱いやすく、パワー不足を感じるシーンもなかった。このエンジン特性は、まさにホンダらしい優等生キャラと言えよう。

今回は市街地から首都高速と東名・新東名高速を経由して富士山麓の峠道……という走り慣れたルートで試乗。往復自走すると相応に疲れるのだが、今回は明らかに疲労感が少なかった。理由は前述した乗り心地の良さとエンジンフィールに加え、ゆったりしたライディングポジションと大きめのカウル/スクリーンが生む高いウインドプロテクション効果。これはNXが誇るべきトータル性能だ。

こう書いているとクルージングに特化したオートバイだと受け取られそうだが、タイトコーナーの連続する峠道での運動性能は意外なほど高い。フロントタイヤが19インチなので初期旋回の鋭さこそないものの、コーナリング中の安定性が高く、バンク角も充分。フロントブレーキを使って車体姿勢をコントロールできるライダーなら、スポーツモデルに置いて行かれることはない。

大型カラーメーターも装備し、前モデルの400Xを1ランク、いや2ランク洗練させた印象。CB400SFに代わって教習車になるのも納得だ。日本の道に合ったオールラウンダーに仕上がっている。

ホンダ「NX400」カラーバリエーション

【アンケート】あなたはどちらのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: 【レビュー】ホンダ「NX400」インプレ|高速道路と峠道でテスト、400Xから見た目だけでなく走りも明らかに変わっていた!
    パールグレアホワイト
  • 画像2: 【レビュー】ホンダ「NX400」インプレ|高速道路と峠道でテスト、400Xから見た目だけでなく走りも明らかに変わっていた!
    マットバリスティックブラックメタリック
  • 画像3: 【レビュー】ホンダ「NX400」インプレ|高速道路と峠道でテスト、400Xから見た目だけでなく走りも明らかに変わっていた!
    パールグレアホワイト
    76
    701
  • 画像4: 【レビュー】ホンダ「NX400」インプレ|高速道路と峠道でテスト、400Xから見た目だけでなく走りも明らかに変わっていた!
    マットバリスティックブラックメタリック
    24
    218

ご投票ありがとうございました。

This article is a sponsored article by
''.