往年の“スペンサーカラー”がファンの心をくすぐり、大ヒットとなったレガーレのコンプリートモデル「モンキーFS」の2023モデルに新色が追加された。いずれも名機・CB400SFにゆかりのあるグラフィックだ。
まとめ:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

レガーレ「Z125 MONKEY FS」特徴

画像: LEGARE Z125 MONKEY FS 総排気量:123cc エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒 シート高:776mm 車両重量:104kg 発売日:2023年4月予定 税込価格:58万6000円/上級グレードのZ125Nは68万5000円 ※上写真のスペンサーグラフィックの入ったパールフラッシュイエローのCB400SFは、2001年にオーダーで販売された特別色。今回はそれを再現。

LEGARE Z125 MONKEY FS

総排気量:123cc
エンジン形式:空冷4ストOHC2バルブ単気筒
シート高:776mm
車両重量:104kg

発売日:2023年4月予定
税込価格:58万6000円/上級グレードのZ125Nは68万5000円

※上写真のスペンサーグラフィックの入ったパールフラッシュイエローのCB400SFは、2001年にオーダーで販売された特別色。今回はそれを再現。

CB400SFルーツの特別なカラーを追加設定

いわゆる「スペンサーカラー」をまとって2019年に登場したレガーレのコンプリート車両・モンキーFS。発売と同時に大きな反響を呼んだマシンだが、そんなモンキーFSに2023年モデルが登場した。

今回もスペンサータイプのグラフィックが入っているわけだが、ボディカラーはブルー、レッド、イエローの3色が追加設定された。実はこの3色は2000年と2001年のCB400スーパーフォアに設定されたグラフィック。特にイエローは2001年のカラーオーダープランでのみ購入可能だったという「幻のカラー」なのだ。

グラフィックデザインと塗装仕上げを担当するのはあのYFデザイン。上級グレードの「N」にはナイトロンの専用リアショックが装備される。いずれも国内は限定20台という少量生産。欲しい人はオーダーを急ごう!

画像: ホンダのスポーツモデルにはおなじみのイタリアンレッドだが、こうしてモンキーに組み合わせると新鮮。CBシリーズのDNAを感じる。

ホンダのスポーツモデルにはおなじみのイタリアンレッドだが、こうしてモンキーに組み合わせると新鮮。CBシリーズのDNAを感じる。

新色は“ハイパーVTEC”のオマージュ!

画像: Honda CB400 SUPER FOUR 2000年

Honda CB400 SUPER FOUR
2000年

今回の「スペンサー」グラフィックがオマージュしているは、ハイパーVTECを採用した2000年のCB400スーパーフォアだ。

レガーレ「Z125 MONKEY FS」カラーバリエーション

画像: キャンディフェニックスブルー

キャンディフェニックスブルー

画像: イタリアンレッド

イタリアンレッド

画像: パールフラッシュイエロー

パールフラッシュイエロー

【アンケート】あなたはどのカラーが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    キャンディフェニックスブルー
  • 画像2: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    イタリアンレッド
  • 画像3: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    パールフラッシュイエロー
  • 画像4: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    キャンディフェニックスブルー
    45
    415
  • 画像5: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    イタリアンレッド
    20
    183
  • 画像6: レガーレ「Z125 モンキー FS」登場! 大ヒット作“スペンサーモンキー”に個性あふれるニューカラーが追加
    パールフラッシュイエロー
    35
    322

投票ありがとうございました。

レガーレ「Z125 MONKEY FS」注目ポイント

画像: タンク上にはコンプリート車ならではのエンブレムと、デザイン/ペイントを担当するYFデザインのロゴがあしらわれている。

タンク上にはコンプリート車ならではのエンブレムと、デザイン/ペイントを担当するYFデザインのロゴがあしらわれている。

画像: ノーマルは丸型のクラシックウイングエンブレムがタンクにつくが、FSは「HONDA」ロゴに変更。これにおなじみのストライプを組みあわせる。

ノーマルは丸型のクラシックウイングエンブレムがタンクにつくが、FSは「HONDA」ロゴに変更。これにおなじみのストライプを組みあわせる。

上級グレードの「N」にはナイトロンの専用リアショックが装備される。スプリングの色はブラックかターコイズが標準。

レガーレ「Z125 MONKEY FS」主なスペック・価格

全長×全幅×全高1710×755×1030mm
ホイールベース1145mm
最低地上高175mm
シート高776mm
車両重量104kg
エンジン形式空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量123cc
ボア×ストローク50×63.1mm
圧縮比10.0
最高出力6.9kW(9.4PS)/6750rpm
最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/5500rpm
燃料タンク容量5.6L
変速機形式5速リターン
キャスター角25°00'
トレール82mm
タイヤサイズ(前・後)120/80-12 65J・130/80-12 69J
ブレーキ形式(前・後)Φ220mmディスク・Φ190mmディスク
メーカー希望小売価格58万6000円/68万5000円(N)(消費税10%込)

まとめ:オートバイ編集部/写真:南 孝幸

This article is a sponsored article by
''.