2022年11月9日、ロイヤルエンフィールドはイタリア・ミラノで開催中のモーターサイクルショーEICMA2022で、ニューモデル「スーパーメテオ650」を発表した。

ロイヤルエンフィールド「スーパーメテオ650」の特徴

画像: Royal Enfield Super Meteor 650 海外仕様 総排気量:648cc エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒 シート高:740mm 車両重量:241kg(燃料90%時)

Royal Enfield Super Meteor 650
海外仕様

総排気量:648cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
シート高:740mm
車両重量:241kg(燃料90%時)

ロイヤルエンフィールドのラインナップでもっとも長距離・長時間走行に適したモデル

1901年に創業し、イギリスをルーツとするバイクメーカー・ロイヤルエンフィールドは近年、650cc・411cc・350ccクラスのモデルを製造工場のあるインドをはじめ、世界各国で展開。日本でもさまざまな車種が販売されている。

EICMA2022で新たに発表されたのは、クルーザーモデルのフラッグシップ車となる「スーパーメテオ650」シリーズだ。

画像1: ロイヤルエンフィールド「スーパーメテオ650」の特徴

搭載されるエンジンは、既存モデル「INT650」「コンチネンタルGT650」にも搭載されている排気量648cc・空冷4スト並列2気筒エンジンをベースとしている。

機種はスタンダードの「スーパーメテオ650」とロングスクリーンやバックレストなどを備えた「スーパーメテオ650ツアラー」の2タイプ。

画像: Royal Enfield Super Meteor 650 Tourer 海外仕様

Royal Enfield Super Meteor 650 Tourer
海外仕様

当シリーズに関し、ロイヤルエンフィールドの最高経営責任者(CEO)であるB・ゴヴィンダラヤン氏は次のように述べている。

「650パラレルツインエンジンプラットフォームの開発当初から、私たちは真のハイウェイクルーザーを設計・製造するという明確な意思を持っていました。当初の想定よりも時間がかかってしまいましたが、ようやく実現することができたことを大変うれしく思っています。このツインエンジンは、INT650やコンチネンタルGT650の世界的な大成功の核となったもので、このプラットフォームが、新しいクルーザーとして、ロイヤルエンフィールドの新しい顧客を世界中に創り出すと確信しています」

画像2: ロイヤルエンフィールド「スーパーメテオ650」の特徴

満を持してロングツーリングに適したモデルを開発したということだろう。燃料タンク容量は15.7L。ホイール径は前19・後16インチ。アップライトなハンドルによって、リラックスした乗車姿勢がとれる。長時間の走行も快適そうだ。シート高は740mmで、足つき性のよさも特長といえる。

今回は、2023年までにアジア太平洋地域で順次発売予定とだけ発表された。カラーバリエーションは2機種・計7色を用意。日本市場への導入モデル・時期・販売価格に関しては未定だ。


【アンケート】 あなたはどちらのモデルが好きですか?

お好きなカラーをポチっとお選びください。投票後、集計結果をご覧いただけます。

  • 画像1: ロイヤルエンフィールドが新型車「スーパーメテオ650」を発表! 648ccの2気筒エンジン+新設計シャシーを組み合わせたクルーザー
    スーパーメテオ650
  • 画像2: ロイヤルエンフィールドが新型車「スーパーメテオ650」を発表! 648ccの2気筒エンジン+新設計シャシーを組み合わせたクルーザー
    スーパーメテオ650ツアラー
  • 画像3: ロイヤルエンフィールドが新型車「スーパーメテオ650」を発表! 648ccの2気筒エンジン+新設計シャシーを組み合わせたクルーザー
    スーパーメテオ650
    62
    665
  • 画像4: ロイヤルエンフィールドが新型車「スーパーメテオ650」を発表! 648ccの2気筒エンジン+新設計シャシーを組み合わせたクルーザー
    スーパーメテオ650ツアラー
    38
    412

投票ありがとうございました。

ロイヤルエンフィールド「スーパーメテオ650」の公式動画・写真

画像: Royal Enfield at EICMA 2022 www.youtube.com

Royal Enfield at EICMA 2022

www.youtube.com

ロイヤルエンフィールド「スーパーメテオ650」の主なスペック

全長×全幅×全高2260×890×1155mm
ホイールベース1500mm
最低地上高135mm
シート高740mm
車両重量241kg(燃料90%時)
エンジン形式空冷4ストSOHC4バルブ並列2気筒
総排気量648cc
ボア×ストローク78.0×67.8mm
圧縮比9.5
最高出力34.6kW(47PS)/7250rpm
最大トルク52.3N・m/5650rpm
燃料タンク容量15.7L
変速機形式6速リターン
タイヤサイズ(前・後)100/90-19M/C 57H・150/80 B16M/C 71H
ブレーキ形式(前・後)Φ320mmシングルディスク・Φ300mmシングルディスク

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.