2022年9月15日、カワサキモータースジャパンは新型車「KLX230SM」を国内で販売することを発表した。

カワサキ「KLX230SM」の特徴

画像: Kawasaki KLX230SM 2023年モデル 総排気量:232cc エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒 シート高:845mm 車両重量:136kg 発売日:2022年10月15日(土) 税込価格:57万2000円 実際のモデルはウインカーがクリアレンズで形状が異なる。またシートバンド、ヘルメットロックが標準装備される。

Kawasaki KLX230SM
2023年モデル

総排気量:232cc
エンジン形式:空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
シート高:845mm
車両重量:136kg

発売日:2022年10月15日(土)
税込価格:57万2000円

実際のモデルはウインカーがクリアレンズで形状が異なる。またシートバンド、ヘルメットロックが標準装備される。

国内でモタードブームの再燃来るか!? 「KLX230SM」発売決定

海外で先行発表されていたカワサキ「KLX230SM」が国内でも正規販売されることが決定した。ベースとなるのはオフロードモデルの「KLX230S」だ。

排気量232ccの空冷単気筒エンジンは「KLX230S」のものから、このSM用にチューニングが施されたものとなる。フロントサスペンションにはΦ37mm倒立フロントフォークを採用。リアサスペンションは、プリロード調整機構を備えたニューユニトラック式サスペンションを装備。

ホイールは前後17インチのスポークホイールを採用。フロントブレーキはΦ300mmの大径セミフローティングペタルディスクとツインピストンキャリパーを組合せたもの。リアのディスクブレーキはΦ220mm。ABSももちろん搭載。

ヘッドライトはLEDで、現行の「KLX230S」のものよりコンパクトかつシャープなものが装着されている。

ボディカラーは「エボニー」1色の設定で、車両価格は税込57万2000円。発売日は2022年10月15日。

カワサキ「KLX230SM」の主なスペック・価格

全長×全幅×全高2050×835×1120mm
ホイールベース1375mm
最低地上高230mm
シート高845mm
車両重量136kg
エンジン形式空冷4ストSOHC2バルブ単気筒
総排気量232cc
ボア×ストローク67.0×66.0mm
圧縮比9.4
最高出力14kW(19PS)/7600rpm
最大トルク19N・m(1.9kgf・m)/6100rpm
燃料タンク容量7.4L
変速機形式6速リターン
キャスター角26.5°
トレール量86mm
タイヤサイズ(前・後)110/70-17M/C 54P・120/70-17M/C 58P
ブレーキ形式(前・後)Φ300mmシングルディスク・Φ220mmシングルディスク
生産国インドネシア
メーカー希望小売価格57万2000円(消費税10%込)

まとめ:西野鉄兵

This article is a sponsored article by
''.